PS: お蔭さまでPCなおりました。  HD新しくするついでに回転数の大きなものに交換しましたので
前に比してさらに早くなったようです。
ソフトはもちろんデータも一部なくなっているので前の状態に持っていくのにしばらくかかります

2006/04/08  今日の雪でまた開花が遅くなったようです

2006/04/08(SAT)    弥生4月というのに

april

2006

08 弥生4月というのに
10 小岩井付近の春
11 ホームページを作って一年
14 指定管理者
17 小岩井の湿原に春
20 石川啄木と金田一京助
22 今年初めてのゴルフ
23 春開く
27 ウメ・サクラが同時に咲きました
28 切り株・イス?
30 春・はるで〜す

sat

fri

thu

wed

tue

mon

sun

1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

SHOさんのPhoto・Photo

Photo Diary

     2006/3/8(WED)
4

過去の日記

2005/04/02

2004/04/02

今日は朝から雪降りです、晴れは二日と続かない
毎年こんなものかもしれませんが、
今年は外に出たくなるような暖かい日が少ない
ような気がします

例年ですと庭のしだれウメがほころびだす頃ですが、
まだその気配はありません
入学式が昨日多かったようですが、本当に昨日で
よかったと思っています
孫も一年生、お兄ちゃんと通学します
 

2006 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12

2005 04 05 06 07 08 09 10 11 12


2006/04/10(MON) 小岩井付近の春

ホームページをアップして今日でちょうど一年経ちました
型どおりに作ったホームページをサーバーに恐る恐る転送した瞬間、モニターに表示されたときは大感激でした
その後度々書き換えては、更新していましたが、不要のファイルを削除しないものですから、20kbの容量はすぐ
満杯になり、そのうち転送できなくなり、それでも原因がしばらく理解できませんでした

今一年たって30kb位ですので、不要なデータがいかに詰まっていたかということです
この間容量を300kbに増やしていますので、単純に10年分の容量が確保されていることになります
二度のPCの故障などでデータが壊れてしまい,その都度修復に相当労力を払いました
バックアップはこまめにすることを痛感させられました
一年経っていろいろのスキルを習得したとはいえ、まだまだ勉強が必要です
今後ともがんばりたいと思います

天気が好いので朝早くから、小岩井方面
に行きました
雪はまだまだ残っていますが一時間ほど
ゆっくり歩き,小鳥のさえずり、ネコヤナギの芽、
小川の流れに、春の訪れを満喫してきました
雫石スキー場は冬と同じにまだ真っ白です


昼過ぎに帰ってきてタイヤ交換、ひと冬の汚れを
洗車し4時過ぎまでかかりました

 

2006/04/11(THU)    ホームページを作って一年

2006/04/17(MON)    小岩井の湿原に春

”いらっしゃいませ” ”ありがとうございました”フロントから声がしました
いままでは声どころかフロントにいたためしがありません
運営管理を民間委託「指定管理者」になって大きく変わったところです
客商売では当たり前のことですが

水処理の大手会社栗田工業の子会社クリタスが指定管理者になり管理委託費の削減で1,200万の利益を目論んでいるとのことです
市民の税金で建設した施設を県外の業者に運営管理を委託し,利益を持っていかれ理屈に合わない感じです
最後にはこの施設を二束三文で売り飛ばさないように願っています
いい過ぎかな・・・「ゆぴあす」のことです

2006/04/14(FRI)    指定管理者

小雪舞う寒い日でしたが、時折日差しもありマアマアの天気です
小岩井農場の湿原にミズバショウとザゼンソウを見にいきました
残雪の中にザゼンソウが咲いていました
禅宗のお坊さんの衣に似ていることが名の由来で、
花が咲くときに30℃も発熱し、雪を溶かすそうです
ミズバショウも美しく可憐に咲いています
こんなきれいな花を英語では"skunk cabbage"という
そうです、なんともセンスがないですね
小岩井には他に見られない八重のミズバショウも見られます
湿原に一面に咲いた2万株の花は春の到来を告げています
でもサクラのつぼみはかたく咲き出すのはまだまだ先のようです

2006/04/20(THU)    石川啄木と金田一京助

花芽を出させる春の雨の暖かい朝、今日は二十四節気の穀雨です

石川啄木は北海道の放浪から創作生活に入るため
明治41年4月24日函館から海路を選んで上京します
石をもて追われるごとく去らなければならなかったふるさと渋民を通りたくなっかったための選択だったようです
26日朝に寄港地石巻でサクラを見物し、27日横浜港着、
金田一京助の本郷赤心館に同宿し、以後も京助の友情にささえられ創作活動を続けたようです

昼近くにはみぞれまじりの横なぐりの激しい雨になりました
この分では一週間でサクラが咲くか心配です

2006/04/22(SAT)    

今年初めてのゴルフ
2006/04/23(SUN)    春 開 く

春が遅くなかなかみこしがあがらなかったが、今年初めてのゴルフに出かけました
雪が多く、寒さも厳しかったわりには、芝のコンデションは近年になく大変よい状態でした
18名の参加者でしたが、すでに10回もプレーをしているという猛者もいました

最初の2,3ホールは思うようにいかなかったが、その後は持ち直し、初戦としてはまあまあのスコアでした
最高気温が10度ぐらいで、風は冷たかったが、久しぶりの晴れ渡った空の下で初ラウンドを楽しみました

ぽかぽか陽気に岩手公園は散策する人で賑わっています
芝生広場では白百合学園の吹奏楽部が
テンポのよい曲で、
園内に春の訪れを演奏しています
子供たちは楽しそうに春の風にシャボン玉を飛ばしています
しだれウメはまだつぼみですが、土手にはツクシと水仙が
サンシュ、アセビなどが咲いています

啄木・賢治青春館の「銀座の柳」も芽吹き、レンガの建物が
二人の時代を彷彿させます

緑の広場の紅梅は満開、白梅はチラホラ、子供たちが芝生
で花摘みをしていました

盛岡で開花の一番早いサクラは栃内病院です
いま五分咲きというところ、花見客が訪れていました


盛岡はようやく春到来、最高気温も17度、まもなくサクラも
咲き出します

フォトギャラリーに2点掲載しています

2006/04/27(THU)    ウメ・サクラが同時に咲きました

待ちに待ったウメとサクラが同時に咲きました。 ウメの開花がこんなに遅いのは非常に珍しいのではないでしょうか?
でも幸いにも連休はまさに百花繚乱のお花見が期待できます。 お天気も1,2日を除けばよいようです。

2006/04/28(FRI)    切り株・イス?

県立博物館裏の遊歩道にクリの木の切り株が
あった、
よく見るとイスのような形をしている
背もたれが湾曲し、腰の部分がくびれ、
角が面取りされているように見える

間違いなくイスです、切っているうちに遊び心で
イスにしてしまったのではないでしょうか

散歩の途中にひと休み、疲れがすぐ取れる
うれしいイスです

ただ切りっぱなしにしないでイスとして利用出来る
いいアイデアと思います


6時ごろ南の空と、北の空に面白い雲を見ました
明日からゴールデンウイークよい天気になる
兆候か?ちょっと気になります

南の空

北の空

2006/04/30(SUN)    春・はるで〜す

  

昨日も今日も20℃になり、吹く風も温かく汗ばむくらいです、待ちに待った春がやってきてとってもうれしいです
29日は今年一番の暖かさで21℃、風もなく、八幡平アスピーテラインは雪の回廊をぬうように多くの車が走っています
秋田側,岩手側からそれぞれ頂上を目指し山開きを祝う登山客で一杯でした
空は抜けるように晴れ、見渡す限りの雪山の中に岩手山の稜線が青くクッキリと望むことができました
秋田側におりて後生掛温泉
(ごしょうがけ)で「泥湯」、「箱蒸し風呂」など七つの温泉浴を楽しんできました
全身が軽くなったような気がして、つい顔がほころんできます
スノーボード楽しむ人々が遠くに見えました、春の暖かい日差しの中でTシャツで滑っているのかもしれません

30日もよい天気でした、いままでは好天が二日も続くのは珍しいことです、公園は春を満喫する人々でいっぱいでした
寺町にあるお寺さんのサクラは競うように美しく咲いています、龍谷寺の「モリオカシダレ」が白く気品をたたえ
ことのほか美しく見えました・・・・・フォトギャラリーに掲載しています