01 衣がえと高校総体開会式
04 盛岡大神輿祭とチャグチャグ馬コまつり
05 誕生祝コンペ
07 早春の八幡平
10 チャグチャグ馬コ
13 盛岡市の花カキツバタ
14 今年の最高気温
15 梅雨入り
20 梅雨
25 梅雨晴れ
28 秋田森吉「太平湖・小又峡」
2006/06/01(THU)    衣がえと高校総体開会式

SHOさんのPhoto・Photo

Photo Diary

     2006/3/8(WED)

  

晴れ上がり、風がさわやかな心地よい「衣がえ」の日です
運動公園は夏の制服に着替えた高校生でまばゆいばかりの白、白でスタンドが埋めつくされています
高校総体の開会式でさんさ踊り、獅子舞などの郷土芸能で、よさこいで勇壮に、昔ながらのバンカラな男子応援団、
女子学生も負けじとはかま姿で、また華麗にスマートなチアリーダーなど多彩な応援で母校の活躍を祈っていました
競技は2日から5日まで熱戦が繰り広げられるそうです


2006/06/04(SUN)    盛岡大神輿祭とチャグチャグ馬コまつり
6

2006 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12

2005 04 05 06 07 08 09 10 11 12

過去の日記

june

2006

sat

fri

thu

wed

tue

mon

sun

1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

6月に入るとイベントやお祭がめじろおしにあります
暑くもなく、寒くもない,梅雨入り前のもっとも好い季節です
今日も盛岡大神輿祭がありました
中津川から中心部の通りを”わっしょい、わっしよい”の掛け声で勇壮に練り歩いていました
心なしか例年より見物客が少ないような気もしましたし,またかつぎ手の若い女性の姿も少ないような気もしました


滝沢村では来週のチャグチャグ馬コのプレイベントのお祭がありました
町のメインストリートを会場にチャグチャグ馬コのパレード、伝統の田植え踊り、お神楽また
小、中、高、一般による一輪車による妙技など多彩なストリートパフォーマンスは飽きさせない楽しいものでした
特に一輪車の演技はフィギィアスケートを連想させる華麗でスピード感のあるものです
ゆかたをきた小学4年生のグループの演技はとてもかわいく上手でした

来年は早めにいって見物したいと思いました          関連写真をGalleryにアップしています


2006/06/05(MON)    誕生祝コンペ

友人の誕生日のお祝いのコンペをしました
少しばかりの賭けで、誕生者が賞金(?)を獲得できて
楽しいプレーになりました

久しぶりに街に繰り出し,おいしい鮮魚とお酒で祝杯を
あげました

酔ってホテッタ身体にふく風がでとても爽やかでした


2006/06/07(WED)    早春の八幡平

秋田側の八幡平の大沼、大場谷地へいきました

濃霧で1m先も見えないアスピーテラインを走っていると、遂に雨が激しく降り出し、大沼に着いてもやみそうもなく、傘をさして出かけました

沼の周辺の木道沿いにミズバショウ、リュウキンカが群生して今を盛りに咲いていました
ミズナラ,ブナなどの広葉樹の芽だしの薄緑が目に鮮やかに映りました

大場谷地は木道の両側に白と黄色の湿原のお花畑が続きます
残雪の冷気が幻想的にやわらかに覆っています

いつの間にか青空でよい天気になりました



2006/06/10 (SAT)   チャグチャグ馬コ

前日の写真撮影会は激しい雨で
昼過ぎ中止になり、装束で着飾った
馬コも早々と引き上げ一寸残念でした




9時半出発し2時頃市中心部の
中津川畔に到着しました

もともとは旧暦5月5日の行事で
川原に鯉のぼりが元気に泳いで
いました
馬コにはかいばを与え、馬主さんは
ビ−ルで一息ついていました

その後八幡さままでの、
15キロ4時間半の大行進です
ほんとうにご苦労様でした

馬コの日は晴れるの言い伝えどおり、当日は晴れ上がりさわやかな初夏の風の中  ”チャグチャグ”の鈴の音も軽やかに沿道の見物客に声援を送られ練り歩きました

2006/06/13 (TUE)   盛岡市の花カキツバタ

盛岡市のシンボル『市の花』のカキツバタは6月の初旬ころから青紫色に鮮やかに一斉に咲き出します
とくに上の橋付近のカキツバタは景観とともに初夏の盛岡らしいもっとも大好きな場所です

しかし近年花がまばらになってきて「市の花」と言うにはあまりにもさびしい状態です
しかも背丈ほどもある雑草がのび放題で「詩歌の散歩道」が泣いてしまいます

盛岡市は『花と緑のガーデン都市づくり』を推進しハンギングバスケットを推奨しているようですが
ビクトリア市にならうこともいいと思いますが、もっと大切なことは気候風土に合った「盛岡らしさ」を
維持管理することが大切ではないでしょうか

擬宝珠のある上の橋付近など盛岡の景観を代表する中津川畔一帯の環境整備を一刻も早く取り組んでほしいと思いました


2006/06/14 (WED)   今年の最高気温

今年の最高気温26.0℃を記録したようです
昨年が16日ですから季節は大体同じような歩みです
ところで梅雨には入ったんでしょうか

バラがきれいに咲きだしました
睡蓮も咲き出しました


2006/06/15 (THU)   梅雨入り

昨年より10日早く梅雨入りしました
とたんにいつ空けるのか気がかりです
ちなみに昨年は8月4日だったようです
作物などにはなくてはならないでしょうが
ほどほどに降ってほしいと思っています

ツユクサは雨が似合います
天気がよいとクッタリしていて、絵になりません
ひそやかな青色の小花は,しとしと静かに降る
梅雨にふさわしい花です

いわてシニアネットの文化サロン一周年記念の講演があった
年末恒例の文士劇、ミステリー映画祭を例に長年続いているのは
盛岡市民の『文化力が高い』表れで、また市内にホール,劇場が
5つもあるのも他都市に比べ稀なことで文化力の高さの証である
斉藤 五郎氏のお話の要約です
心して進んで参加しなくてはと思いました


2006/06/20 (TUE)   梅雨

その後英会話レッスンです。

岩手公園の名称変更の是非についてフリーデスカッションをしました。
賛否両論ですが、外部の人には”morioka-jo-park”の名称のほうが場所が特定できてよいのではないかと言うのがトロイ先生の意見でした。

英会話のレッスンを始めて一年たちました。
なかなか思うように話せませんがあきらめずにがんばりたいと思います。

今にも降り出しそうな空模様の中、岩手公園を散歩しました。

色とりどりのバラが美しさを競って咲いました。

お堀には噴水が勢いよく水を噴き上げていますが
曇天と柳と鯉が梅雨の風情でいまひとつ相応しくありません。

またファッションビルには今夏の水着が飾られていますが
もうひとつさえません。

2006/06/25 (SUN)   梅雨晴れ

梅雨に入ったばかりなのに、ここ2、3日は夏のようなよい天気です。

暑さにめげず子供たちは元気です

キササゲの葉が日に輝いています

孫は早々に花火を楽しんでいます

入道雲が夏を感じさせます

睡蓮の池の鯉が涼しげに泳いでいます


2006/06/28 (WED)   秋田森吉「太平湖・小又峡」

盛岡から150km,3時間
秘境の太平湖についた。
その昔はブナなどの広葉樹を切り出して搬送していたのか、森林軌道敷が朽ち果てて見られる。
約30分ほど湖上の遊覧を楽しみ小又峡桟橋に到着。

そこから2q、遊歩道沿いに展開する大小の滝,渕などの渓谷美に感激しながらゆっくり歩いて1時間たらず三階の滝にたどり着いた。3段階になっているための名前の様です

朝から心配していた天気も現地に着いたら嘘のように晴れ上がり、前回の秋田八幡平と同じです。
参加者の日ごろの行いが良い為と感謝しました