2006/07/31 (MON)   一足早く梅雨明け宣言

july

2006

sat

fri

thu

wed

tue

mon

sun

1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
03 加賀百万石・金沢を訪ねて
12 CRP値
14 梅もぎ
20 大雨と低温注意報
26 曇天と久しぶりの青空
27 早起き
30 晴れて良かった
31 一足早く梅雨明け宣言
2006/07/03 (MON)    

SHOさんのPhoto・Photo

Photo Diary

     2006/3/8(WED)
6月30日(金)始発の6:07「はやて」で大宮、新潟新幹線で越後湯沢、北陸線「雷鳥」に乗り換え13:27金沢到着。

『金沢城公園』を見学し、朝も早かったので少し早めに片山津温泉へ。16:02の特急が加賀温泉駅に止まらないことが分かり発車間際に飛び降り、次の電車に乗る。それにしても加賀温泉駅に出迎えのお願いをしたときホテルの人が分からなかったのかな? 温泉に入って一杯飲んでおいしい食事に満足し、8時過ぎには寝てしまいまた。

7月1日、心配した天気もまづまづ、8時30分ホテルを出発。金沢は人口44万、加賀百万石の城下町です。見学場所がほとんど市中心部にあり、周遊バスが15分間隔で運行され1日乗り放題で500円、とっても便利です。7月1日は 麦饅頭を食べてこの夏の無病息災をお祈りする「氷室の日」の風習があるようです。氷室饅頭を食べて健康をお祈りしました。

7月2日、夜暑くて眠れません。フエーン現象のせいでしょうか毎晩エアコンを強くして休んでいます。お陰で風邪を引いたようです。天気予報どおり出かけるころ雨が降り出しました。城下町の家並みの黒い瓦が雨にぬれているのも情緒があります。『妙立寺(忍者寺)』を見学し、『にし茶屋街』に着くころは晴れ上がりました。加賀前田家約300年の治世によって育くまれた武家文化、伝統工芸は金沢なくしては語れません。

大雨注意報に一喜一憂の毎日でしたが、心配するほどもなく楽しい旅をすることができました。かえり北陸線が強風のため電車が遅れ、その日のうちに盛岡に帰れませんでした。仙台1泊を余儀なくされました。こんなときJRは宿の手配すらしてくれないのですね?

加賀百万石・金沢を訪ねて

過去の日記

2006 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2005 04 05 06 07 08 09 10 11 12

7

クリックしてください



兼六園の灯籠

2006/07/12 (WED)    

CRP値

先々週は庭の木の剪定,300キロ走って秋田の太平湖へと、休むまもなく金沢へ出かけました。
その時で一寸風邪気味で喉が痛かったのですが、旅先でエアコンをつけっぱなしにして寝たのが風邪をこじらせた原因だったようです。体温計がなかったので測りもしませんでしたが熱があったのかもしれません。帰ってきて38.4℃の熱でダウンしました。タン、せきがひどく胸が痛くなりました。
血液検査をし、その結果CRP値(通常0.45mgが6.34mg)が異常に高いとのことです。体内で何らかの原因で炎症が起きているとき、血液中で増加するタンパク質の値で、肺炎の兆候だったようです。
昨日で1週間ほど寝込んだことになります。こんなことは今まで経験したことがありません。年齢相応に無理しないようにしようと思います。

2006/07/14 (FRI)   梅もぎ 

一寸早いようですが雨の晴れ間にと思い梅もぎをしました。冬が寒く、春先の天候不順で収穫量は豊後梅8s、紅梅は5sで例年に比べ少なめでしたが、実も大きく、ホシも少なくまづまづです。兼六園の豊後梅は黄色く熟していましたが、我が家のそれは青くカリカリです。きっと例年とは違いカリカリの梅干ができるのではないでしょうか?今日の最高気温29.9℃だったようです。久しぶりに動いたせいか、暑さのためか、ふらふらでした。でも確実に体力は回復したようです。感謝。

6月1日写す  

収穫した梅の実

2006/07/20 (THU)   大雨と低温注意報 

湖畔の周囲に立ち並ぶホテル

赤く色づいたサクラの木

各地で梅雨前線の豪雨で被害が出ています。先日行った片山津温泉も柴山潟(しばやまがた)の水位が上がり浸水したニュースを見ました。大きな被害にならないことを祈っています。
盛岡は梅雨に入っても幸い大雨が降っていませんが、低温、日照不足の注意報が出ています。
週間予報でも26日まで曇り空です。
運動公園のサクラの木が赤く色づいていました。ギラギラ照りつける夏の太陽が待ち遠しい気持ちです。
 2006/07/26 (WED)   曇天と久しぶりの青空

土曜日はゴルフ、日曜日は隣家の境にあるヒバの剪定をしました。曇天で暑くなく、ゴルフや庭仕事にはちょうどよい天候でした。それを好いことにチョッと無理をしたのか、月曜日右手が痛く動かすこともままならない状態でした。
整骨院で腱鞘炎との診断、しばらく静かにしているようにといわれました。それにしても今月は風邪で寝込んだり、腱鞘炎になったり、氷室饅頭のご利益がなかったようです。今日は久しぶりに青空、よい天気になりました。痛みも取れたので「古代ハス」の撮影に出かけました。泰衡の首桶に供えられた蓮の種子が800年後の今に開花した美しい蓮の花に、永久の極楽浄土を感じさせます。

 2006/07/27 (THU)   早起き

早起きして岩山に行きました。
日の出は午前4時43分でした。ビルが朝日で赤く輝いています。

神子田の朝市に行きました。
日照不足でスイカなど入荷が少ないのか、値段が高いのか、品薄のようでした。地元滝沢のスイカは小さなものがおしるし程度にありました。梅とシシを買う人が目に付きました。梅漬けをする家が多いのを感じました。

八幡平市誕生記念の全国放送で、ラジオ体操をしています。前列の1年生はリズムに合わないようです。

朝顔が一輪咲いていました。さっぱり咲きそろいません。

 2006/07/30 (SUN)   晴れて良かった

四十四田ダムから開運橋までの8キロの北上川をゴムボートで下り、タイムと仮装で競う大会がありました。急流にボートが傾きながらもオールでバランスをとって約40分から1時間かけてゴールに到着するそうです。思い思いの趣向を凝らした仮装部門は見学者の笑いを誘い、岸辺や橋の上からたくさんの声援を受けていました。今年で30回を迎え、盛岡の夏のイベントとして約 1100艇の参加があり全国から参加者があるそうです。

昨日が雨で今日になった町内の夏祭りに子供たちが楽しそうに「さんさ踊り」の太鼓に,踊りに参加していました。
いつの間にかこんなに上手になったのかびっくりしました。バチさばき、手のシナどれも堂に入ったものでした。

夏休みの思い出にいつまでも記憶に残ることと思います。

T−シャツだけだと寒くなりました。
梅雨明けはいつになるのか、暑い夏が待ち遠しい気持ちです。


でも晴れて何よりです。

ジリジリ照りつける日差しのなか、盛岡駅西口のアイーナを見学しました。あいにく県立図書館は月末で休館、しかも月曜日のせいか、入館者は非常に少なくかえってゆっくり奥のおくまで見学でき幸いでした。パブリックスペースに余裕があり、オープンなつくりはすばらしいと思いました。しかし財政逼迫しているのに主に図書館のためにこんな出費をしていいものか、チョット疑問も残りました。通りすがりの観光客が「盛岡は何もないところと聞いたが、大都会並みだね」の会話が聞こえました、喜んでいいのか複雑な気持ちでした。駅前「滝の広場」ではさんさ踊りの前夜祭がにぎやかにおこなわれていました。子供たち、高校生、一般の人々が太鼓や笛の勇壮なリズムで、大きな身振りと動きで踊り、熱気で一杯でした。梅雨明けを思わせる暑い一日でした。