spt.

2006

sat

fri

thu

wed

tue

mon

sun

1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
2006/09/02 (SAT)      

SHOさんのPhoto・Photo

Photo Diary

     2006/3/8(WED)

過去の日記

2006 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2005 04 05 06 07 08 09 10 11 12

9

秋の気配

8月8日の35.2度を最高に真夏日は平年の2倍の19日の暑い夏でした。
その後も暑い日は続いていますが、真夏とは違い日差しは柔らかくなっています。お山の湯付近を散策しました。木々の間からもれる日の光で苔が緑色に輝き秋はまだ先という感じでしたが、よく観察すると、キノコがあちこちに出ています。温泉館の周りにはコスモス、おみなえし,キキョウが咲きアゲハが飛び回っています。夏の疲れを癒すためひと風呂浴びました。小岩井農場では牧草の収穫作業をしていました。冬の飼料の準備なのでしょうね。こんなところに秋を感じました

2006/09/05 (TUE)      

岩手公園

岩手公園開園100周年記念を15日に控え、石垣の雑草取りや、中津川の河川敷の草刈をしていました。
岩手公園の新名称は二案でアンケートをとっているようですが改称に反対の意見が多いようです。
個人的にはその費用で散策路の整備をしてほしいと思います。雪解けのころ公園を散歩するとぬかるみで靴が汚れ車に乗ることも、街を歩くのもはばかれます。
観光客はどう思っているでしょうか。市街地への誘客を図るのでしたらこんなことも考えてほしいものです。
公園内に彫刻のシンポジウムの作品が展示されていました。古い石垣と前衛的な彫刻が妙にバランスがとれ新しい空間が作られていました。
お役人的な発想でなく広く意見を求め将来ともに愛される岩手公園になってほしいものです。
啄木も賢治もそんなことを願っていると思います。

02 秋の気配
05 岩手公園
07 誕生日コンペ
08 網張温泉と犬倉山
09 よ市の賑わい
10 芸術の秋
11 誕生日
18 忙しかった
22 岩洞湖の切り株
24 浄土が浜
26 栃乃花
30 秋桜
2006/09/07 (THU)    誕生日コンペ  

前夜からの雨が降り続いていました。こんな雨でもスルのかなと思いつつまづは出かけました。
実は11日が誕生日でちょっと早めですが誕生日コンペを友人がしてくれました。
あんなに降っていた雨もスタート時間には小降りになり、普段の心がけを言われずにすみました。
優勝こそ逃しましたが、ストロークプレー、オリンピック、ニアピンなどで賞品をいただきました。
終了後は行きつけのお店で祝杯をあげ楽しい一日を過ごしました。皆さん有難う。

2006/09/08 (FRI)    網張温泉と犬倉山  

リフトを3基乗り継ぎ約30分で第3リフト終点に到着。
しばらくゆるい登山道を登ると
展望台があり雫石が一望に見渡せる。
山頂は見上げるほど高い。
意を決して登りだす。
一部きついところもあったが、
登山初心者にも比較的楽に
30分くらいで登頂。
岩手山はガスで一部隠れていたが鬼ヶ城はよく見えました。
初秋の風の中にススキがそよぎリンドウなど山野草がきれいに咲いていました。

網張温泉の乳白色の湯につかり疲れを癒して帰りました。

画像をクリックしてください

2006/09/09 (SAT)    よ市の賑わい
  

親王殿下誕生のお祝いの振舞い酒、三陸の秋刀魚のつかみ取り、秋の味覚の野菜、果物が沢山あり、売り手のおばちゃんと買い物客の会話が弾んでいます。パン屋さん、古着屋さんもあります。
400メートルほどにあるお店を見て歩くと喉が渇いてビールが飲みたくなりました。
骨董店で小菊を描いた油彩画を見つけました。構図、色づかいがすばらしく店主は盛岡出身の小笠原寛三の作品といっていました。
ちょっと見るつもりが思わぬ買い物をしました。賢治さんも「よ市」の賑わいを目を細めて見ているようでした。
フォトギャラリーをご覧ください。

第29回 2006 東北地方道路写真コンテスト

9月15日〜17日まで
アイーナ 5Fギャラリー

芸術の秋 2006・9・10

  私も出品しています
  お近くにお越しの折は
  是非ご覧ください
  ご感想お待ちいたしております



誕生日 9月11日(月)

生まれて3ヵ月後日本は太平洋戦争に突入した。
焼夷弾が投下された戦争の恐ろしさと、山菜で量を増やした
ご飯のまずいことが幼いころの記憶として残っています。

日本が本当に貧しい時代を、そして復興して豊かな生活を享受し、
いつの時代も精一杯生きてきました。

ところで高齢者とは何才からなのか? 60才,65才,70才
 
アンケートの年代にもよるが、全体の7割前後の人々が
"70才以上"を『高齢者』と自他ともに認める年齢なそうです。

その年まではまだまだ間があります。
社会の一員として働き、スポーツをし、趣味を楽しむアクティブな
シニアとして健康な生活を送りたいと願っています。

65才になった今日の心境です。


忙しかった 9月18日(月)

”アイーナ ギャラリー”で入賞作品が展示されました。

最優秀作品の向かい側の、入口から2番目の目立つところに展示されていました。

こうして飾られるともう一段よく見えました。

東北地方道路写真コンテスト 15日〜17日


フォトD作品展  15日〜17日
 

第5回を迎え、
私は昨年から出品しています。

芸術協会会長、写真連盟会長
より貴重なアドバイスを頂戴しました。
これからも研鑽を積んでいきたいと思います。

多くの皆様のご来場いただき誠に有難うございいました。


盛岡八幡宮例大祭 14日〜16日

お通りにつづいて8台の山車が”ドンコ ドンコ ヤーレ ヤーレ”の掛け声で八幡町通りを賑やかに練り歩き盛岡の秋祭りの始まりです。

15日夕方からは、灯りをともした山車がいっせいに繁華街の大通りを練り歩きました。
昼とはまた違う美しさと迫力の大絵巻パレードは見る人を魅了しました。

最終日は流鏑馬で古来からの武者の装束で馬上から矢を射るさまはまさに勇壮です。

心配された天気にも恵まれました。秋祭りが終わると日一日と秋が深まります。




岩手公園100年まつり  9月15日〜17日


「盛岡城址(じょうあと)公園」の正式名称が論議のすえ(?)決まり、
岩手公園開園100周年記念を祝いました。
お祝いのイベントもありましたがあまり観衆はいなかったような気がします。
最終日17日はどんよりとした天気で時折小雨も降りました。
新名称がいまいち納得できない市民感情で天気も悪いのでしょうか?

さらに秋祭りの様子ですクリックしてください

朝8時に出かけ夜8時に帰宅した日もあり、この4,5日は忙しい充実した楽しい日々でした。

岩洞湖の切り株  2006/09/22(FRI)

天気がよいので久しぶりに岩洞湖にいきました。まだ紅葉には早いと思いましたが蔦や、白樺などは赤や黄色に色づき始めていました。

切り株が無数にあるところがあってそれぞれが面白い格好をしています。
犬のような切り株の首の部分を紐で結んでいるものもありました。同じように見た人がいたんですね。
子犬がじゃれているようなもの、髭の老人のようなもの、見ようによってはまだまだいろんなものがあると思います。

帰り道は外山森林公園や四十四田湖畔を散策し秋の一日を楽しんできました。充分歩いて明日のゴルフに備えました。


浄土が浜  2006/09/24(SUN) 

国道106号線を約100キロ、2時間で浄土が浜に着きました。

昔に比べトンネルが増え直線化され運転が楽になりました。平成20年には簗川ダム建設ための道路付け替え工事が完成し、2車線になりさらに宮古までの時間が短縮されることが期待されます。

区界峠を境に北上川に合流する簗川と、太平洋に流れる閉伊川が106号線沿いを流れ、その渓流は自然で美しい眺めです。

浄土が浜はシーズンオフで人の賑わいはありませんでしたが、子供たちは石投げをしたり、カップルは海を静かに眺めています。空が澄み、波静に水平線までつづく海は秋の風情です。

画像をクリックしてください。 フォトギャラリーもご覧ください。


穏やかな海原

栃乃花  2006/09/26(THU)

岩手県出身の幕内力士”栃乃花”と小学生の交流会があった。
腰の痛みで小結から幕下まで転落し、再起不能と思われたが努力のすえ再び返り咲き敢闘賞を受賞し、若い力士の手本と賞賛されています。

『私の歩んだ道」という話のあと、小学生がお相撲さんの日々の生活を興味深げにインタビューしていました。
体験コーナーでは思いっきり何度もぶつかって息を弾ませ、普段見ることがない力士の褐色の張りのある大きな体に感激していました。


秋 桜  2006/09/30(SAT)


今年は天気もよく暑い日が続いていますが明日から10月,もう秋です。

秋を感じる花は”コスモス”で”秋桜”というと山口 百恵の歌を思わず口ずさんでしまうほど大変親しまれています。
花言葉は”乙女のまごころ”まさしくピッタリですが、しかし原産地はなんとメキシコの高原地帯で、
日本には明治20年ころ渡来したようです。
現在では日本古来の花のとして愛され,あちこちで栽培されています。

”教浄寺のコスモス”の画像からその花々をご紹介しますのでクリックしてください。

教浄寺のお堂に咲くコスモス

センセーション・・・奥中山高原に咲いているコスモスで、最もポプラーな品種です。濃紅色、桃色、白色の花径10センチ
            程度の大輪で夏から花を咲かせます。

サンセット
・・・・・・ キバナコスモスの一種で赤色のサンセットは1969年、盛岡市の橋本昌幸氏によって作られました。
            サンセットは御所湖コスモスロードに咲いています。

その他に、ピンクで中心部に紫紅色の蛇の目模様があるラジアンス、白色に桃赤色の縁取りや紅色に白の絞りのピコティ、なぜかチョコレートの香りがするチョコレート色のコスモスなど沢山の種類があります。