OCT.

2006

sat

fri

thu

wed

tue

mon

sun

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

SHOさんのPhoto・Photo

Photo Diary

     2006/3/8(WED)

過去の日記

2006 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2005 04 05 06 07 08 09 10 11 12

10

1 岩手山麓工房まつり
9 初冠雪
11 ギンドロの木の下で
14 四十四田、博物館,遠野
15 八幡平
16 ゴルフ
17 秋の気配
19 小さい秋みつけた
21 近代化遺産の公開
24 新盛岡五十景展
30 風邪ひき
31 秋日和

岩手山麓工房まつり  2006/10/01(SUN)

2度ほど来たことがありましたが、駐車場にたどり着くまで1時間もかかるとは想像もしない混みようでした。
岩手山登山口のキャンプ場には陶器、ガラス,木工などの工芸品が自然を背景に楽しく,センスよく陳列され、工房の主人と会話を楽しみながら買い物をしました。
10周年を記念して岩泉、平泉、花巻などからも10店参加し40店のお店が出展し、さらに新鮮な野菜、りんごのお店もありどこも大変な盛況です。
ちょうど昼時で、トン汁とおいなりさん、コーヒーとガンジキを澄みきった秋空のもと、格別おいしく食べました。そのほか岩魚の塩焼き、手打ちソバがおいしそうでした。
演劇の始まる案内の行進の後、お母さんの合唱、心和む子供と大人の寸劇などで芝生の会場が沢山の拍手で賑やかでした。
ナラで作った素朴で頑丈な額縁と薄手で手作りの味わいの絵付けのマグカップを買いました。
いつの間にか2時半ごろになっていましたが楽しい時を過ごしました。ぜひ来年も来ようと思いました。

フォトギャラリーもご覧ください

長蛇の列、歩いたほうが早そう

会場の案内図

陶器工房のお店

国定忠治

おいしい岩魚どうぞ

キレイな秋の実


初 冠 雪  2006/10/09(MON)
週末は台風並みの低気圧で荒れ、雪や吹雪で 山の遭難が相次ぎ、岩手山も今朝は昨年より15日早い初冠雪です。
体育の日の今日は朝からすがすがしい天気です。
運動公園は少年サッカーチームの試合、ゲートボールの体験や体力測定などの催しがありました。また今年初めてのフリーマーケットなどもありたいへん賑わっていました。
小岩井農場では”いわてめぐみフェア”に2万人が来場し秋の味覚の販売、羊のショー、乗馬体験など親子で楽しんでいました。

さらにもう少し

ギンドロの木の下で  2006/10/11(WED)

喫茶「ふかくさ」の切り株のイスで話をしているお二人にお願いして写真を撮らせて頂きました。
秋の風にキラキラと光る木は”ギンドロ”といい、盛岡でも数少なく、40年前に植えたものと話してくれました。
”ふかくさ”は旅館の名から由来している・・・ソウ、そういえば、ず〜と昔,たしか今のサンビルの近くに塀をまわした大きな二階建があった、それがその旅館だったのかもしれない。記憶のかなたに消え去った古い盛岡を思い出しました。

江戸末期から明治の初めに創業したという「ござ九」のお店に久しぶりに入ってみました。今は懐かしい竹細工のかご、たわし、ホウキなどの数々の商品にタイムスリップした思いです。○に九の字の暖簾、中庭への引き戸には今なお表面が波を打ったような古い硝子が使われていました。間口20間、8っの土蔵を持つ豪商は別としても、800もの旧家が盛岡には現存するそうです。ござ九さんはネット販売もしています是非クリックしてご覧ください。


秋・・・紅葉  2006/10/18(WED)

毎日秋晴れのよい天気が続いて、外に出かけてHPが休みがちです。ここ数日をいっきょにUPします。

四十四田水辺公園・県立博物館・遠野

この秋一番の寒い朝でした。
盛岡は2.8度、玉山区・区界は氷点下2.8度でした。
彼岸花が霜で白くなり、冷たい空気が冬の到来を感じさせます。

民話のふるさと遠野に出かけました。
福泉寺の蓮の蕾と、カエデの紅葉、
伝承園はホウズキと秋桜が今盛です。
花も季節の区切りがはっきりしていない感じです。
オカイコさんの紡ぎ、わら細工やオシラサマに家内の健康を祈り、帰りカッパ渕に寄ってきました。

14 oct.(SAT)


oct.(SUN)
15

  八幡平



義父の49日も無事済み、天気もよいので母を連れ、紅葉見物がてら、長年勤務していた松尾鉱山跡地の森林の再生活動の様子を見せに出かけました。
150名の参加者がダケカンバ、ナナカマドなどの苗を植え跡地の緑化に取り組んでいました。
かっては東洋一の硫黄鉱山で、雲上の楽園といわれたアパート群も今では朽ち果て見る影もありません。山を長年守り続けている山神さんの大鳥居が当時の栄華を感じさせました。
藤七温泉のお湯につかり帰りました。

oct.(MON)
16

ゴルフ



ゴルフだけは天気のよい日にやりたいものです。
今日はよい天気にも恵まれました。
木々もキレイに紅葉して、景色もよく、何にも文句のつけようがありません。
しかしスコアはなんとも情けない状態です。
3拍子そろう事はなかなかないんですね。
残念です。


oct.(TUE)
17

秋の気配

中津川では鮭の遡上を橋の上から眺めています。
高松の池には16日、昨年より10日早く
白鳥が飛来したそうです。
秋の知らせは季節どおりですが、運動公園の日本庭園の紅葉は一部を除いてはまだ早いようです。
高松の池の周囲のサクラの木の紅葉もまだ始まっていません。
秋の気配が見受けられる一方、バラ園には色とりどりのバラが美しく咲いています。暖かい陽気の中、カモにパンくずを与える子供の姿が見られました。

画像をクリックしてください

画像をクリックしてください
画像をクリックしてください

父佐藤紅緑の出身地弘前、母の仙台その中間の
北上がひょんなことから文京区弥生町からの移転先に決まった。

サトウ・ハチロー記念館の館長である息子四郎の妻の出身地でもあるが、故人が生前”みちのくで雪見酒を飲みたい”とよく言っていた地に北上川畔の展勝地がふさわしかったのかもしれない。

昭和15年盛岡で撮影された高峰秀子主演の映画
”馬”の主題歌”めんこい仔馬”は多くの人に愛唱され
”めんこい”という方言が全国に知るところとなったのもサトウ・ハチローとのかかわりがあったと思われる。

この季節口ずさむ”小さい秋見つけた”という童謡をはじめ、4,000もの童謡を子供が歌いやすいように自分で朗読しては作詞をした。
その録音を耳にし、風貌に似合わない繊細なやさしい故人が偲ばれました。

シニアネットの文化サロンのゲストスピーカー佐藤四郎氏のお話の一部です。どことなく父に似たしゃべり口の2時間、すっかり魅了されました。



小さい秋みつけた
oct.(THU)

19


近代化遺産の公開
oct.(SAT)

21

旧覆錬兵場

県公会堂

原敬生家

レンガの倉と書斎

10月20日は『近代化遺産の日』で日本の近代化に貢献した建造物等の保存や活用への理解を深める日なそうです。
盛岡でも20日〜22日に7つの近代化遺産の公開がありました。

旧覆錬兵場(きゅうおおいれんぺいじょう)

青山2丁目にあり、1909年建設の赤レンガの建物です。
悪天候の場合に、屋内における兵馬の訓練場として使用されたそうです。100年近くも経過していますので相当痛んでいますので保存するにも造るくらいかかるのではないかと思わせます。

岩手県公会堂

1927年建築され、子供のころは公会堂で行われる演劇などを見にいくことが楽しみでした。
永らく内丸の官庁街のシンボルとしてひときわ大きく、堂々とした立派な建造物でしたが、今では見落とすほどビルの谷間に埋もれている感じですが、歴史的建造物としてぜひ保存してほしいと思います。

原敬の生家と別邸介寿荘の赤レンガの倉、鎌倉の別荘の書斎

1850年代、約200坪あった屋敷の約40坪ほどが現存しています。
写真左端の井戸の水を産湯に使い、15歳まで過ごしていたそうです。
お庭は四季を通じて大変趣があります。

別邸「介寿荘」は現在の大通り3丁目にありました。1909年に造られたようですが,カワトクデパートの別館が出来るまで現存し、高い木の扉から赤いレンガの倉(当時は灰色のような気がしたが?)が覗き見られた記憶です。

鎌倉の別荘、腰越荘の書斎は8畳の和室ですが、一国の宰相の書斎としては非常に質素な感じがしますが私だけでしょうか?


新盛岡五十景展
oct.(TUE)

24

昭和30年代の映画館通り、大通りの街並みの写真と駄菓子屋などのお店が展示されていました。そのころ熱中していた模型飛行機もありました。竹ひごをロウソクの火であぶって、型紙にあわせ翼を作ったことが思い出されました。

新作50点が発表されました。忙しい執筆活動のなか、いつそんな時間があるのかと感心されます。こんなスバラシイ風景がどこにあるのか考えてもわからないのも多数あります。題材を探し撮影することも大変な上に、作品1点1点を浮世絵風に加工するなどは超人的に思います。一芸に秀でる人は何にも優れているのだなと月並みですがそう思いました。

先週月曜日のどが痛いと思っていたら、風邪でした。2度ほどお医者さんに通いましたが、治るまで1週間かかりました。
秋日和に家でじっとしているのがもったいなかったのですが、予定のゴルフもキャンセルして静養しました。
今日からボチボチ活動し始めたいと思います。


秋日和
oct.(tue)



風邪ひき
oct.(mon)

天高く晴れ上がったよい天気です。

職場、学校へむかう人々の足どりが、生き生き見えます。

今月も終わり、西洋ではハロウインの日で目、鼻をくりぬいたカボチャを見ました。

「ござ九」の裏通りではなにやらロケの最中のようです。来年盛岡を舞台にするドラマに関係あるのかな?

力尽きた鮭が川底に横たわっているなか、9月ごろから始まった鮭の遡上が今なを見られます。

岩手公園は紅葉が今盛りです。お弁当を食べる遠足の子供たちの姿が見られます。

ユリの木の下のベンチで秋の日を楽しむ人もいます。

秋日和のとてもよい一日でした。