20日 運動公園は犬の散歩やジョギングで春が来たようです

19日 朝うっすら雪化粧

18日 小雪が終日降っていました

暖かい三が日

2(火)




SHOさんのHot・Photo

Photo Diary

     2006/3/8(WED)

過去の日記

2006 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2005 04 05 06 07 08 09 10 11 12
新年おめでとうございます
暖かい三が日
3 初詣
藤原の郷
9 盛商おめでとう!
13 久しぶりの銀世界
15 小正月
17 まもなく大寒
20 大寒
24 上盛岡駅付近
26 真冬日なし
28 武田家
30 もりおか雪あかり

1

2007

jan.
.

1

2007

jan.
.

sun mon tue wed thu fri sat
* 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 * * *

何となく 今年は良い事あるごとし 元旦の朝 晴れて風なし  啄木

本当に穏やかなとっても良い新年です。
皆様にも良い新年をお迎えのこととお喜びいたします。
今年もよろしくお願いいたします。

昨年末応募した「岩手公園の四季」フォトコンテスト
夏の部で入選し、幸先の良い知らせにたいへん喜んでいます。

健康に注意し頑張りたいと思っています。

2007年元旦の岩手山  2007/01/01 8:24am  岩手牧場で撮影


新年おめでとうございます

1(月)


3月中旬から下旬の暖かさです。

庭の青々とした雑草が気になりました。
凍み上がって、とけた土の雑草を引き抜くことは容易でした。

お正月に草取りをするなんて今まで経験したことがありません。

昨年の大雪といい、今年の暖かさといいどちらも異常なんでしょうが、
雪がないのはほんとうにラクです。


3(水) 初詣


初詣は毎年2日でしたが八幡様を取り囲む車の渋滞にあきらめました。今日もお天気に恵まれたいへん混んでいました。

おみくじをひく人、運勢をみて一喜一憂する人、いつもの年と同じです。

亥年は変革の年とか、家族みんな健康で平穏な一年でありますよう
お祈りしました。


4(木)

 藤原の郷

お正月で混んでいるのかと思っていましたが貸切状態でした。
思っていたより見ごたえがあり、2時間かけゆっくり見学しました。

朱塗りの政庁は良くテレビなどで見ていますが、

秀衡の伽羅御所は当時の生活がうかがい知れ、
庭園と宇治の平等院鳳凰堂を模したという無量光院は往時が偲ばれました。

経清舘、清衡館も当時のものを想定して再現したとはいえ豪壮な館は陸奥を支配していた豪族の生活が感じられました。

ひときわ小高い木立の中に見える金色堂は覆堂の無い姿が見られました。

イベントがある時期に蔵の町を見学しながらまた来たいと思います。


フォト・ギャラリー フォトスケッチをご覧ください

9(火)

盛商おめでとう!

三連休は冬の嵐が各地で猛威をふるったようですが、盛岡は雨や小雪程度でした。
しかしスキー場は雪不足、岩手雪祭りの小岩井農場は型枠などが準備され一日も早い降雪を待っています。
昨年は雪が多すぎてスキー客の出足が鈍ったり、なかなか世の中うまくいかないものです。
そんな時赤い旋風の盛岡商業がみごと全国優勝を果たし、昨日は応援に力が入りました。雪国で鍛えられた足腰がみごと日本一に結びついたようです。盛商サッカー部おめでとう!


13(土)

久しぶりの銀世界

年始気分もそろそろ抜け通常の生活に戻ってきました。

年末から良い天気が続いていましたが、今朝はうっすらと雪化粧。

12月24日以来の3センチの積雪ですから本当に久しぶりの雪です。
でも気温は相変わらず高くお昼ごろにはスッカリ消えてしまいました。

スキー場に雪は降ったのかな、小岩井の雪祭りの会場は大丈夫なのか、暖冬を歓迎する一方気がかりな面もあります。



15(月)

小正月


新しい年を迎えて、もう1月も半ばになりました。、

八幡様では小正月の伝統行事の「どんと祭」「裸参り」がありました。

午前10時に神主さんの 神事のあと、うずたかく積み上げられた
お札やお正月のお飾りに火がつけられました。
勢い良く燃え上がる炎でそばに立っていられないほどです。

去年一年間の感謝の気持ちと、また今年一年の無病息災と
家内安全を祈って手を合わせました。

肴町から八幡様まで1時間かけて晒しにしめ縄、わらじ姿の男たちが
無病息災、五穀豊穣と防火を祈願して練り歩きます。

藩政時代からの小正月の伝統行事に消防団員、盛岡山車の会、
企業などから130名の参加がありました。

暖冬と言っても寒さになれない体にはかえって身にしむ寒さです。
ご苦労を感謝しつつ早々と引き上げましたが、行列の最後はまだ
八幡町通りの入口を練り歩いていました。

フォトギャラリーをご覧ください

岩手大学キャンパスの雪のない道路

フォトギャラリー
もご覧ください

17(水)

-2.9/5℃ 3月上旬の暖かさです。
一週間の予報でも暖れの日が続き
大寒もまもないと言うのに寒くなる気配がありません。
チョット薄気味悪い感じがします。

まもなく大寒


20(土)

相変わらず暖かい日が続いています。
一年中で一番寒いはずの大寒の今日も
最低気温−0.6度、最高気温4.8度、3月中旬から下旬の陽気です。.
運動公園では高校の陸上部がトレーニングをしていました。
真冬日は今冬は一日もありません。
庭のフキノトウや福寿草が日ごとに大きくなっているような
気がします。
昨年の厳冬がうそのようです。

1月10日に見つけて以来少しずつ大きくなっているようです


大 寒

24(水)

上盛岡駅付近も最近は大きなマンションがニョキニョキと立ち並んでいます。

”四谷の地蔵さん”と親しまれているお地蔵さんは23日が縁日でした。

その横道に入るとトタンぶきの壁の家や土蔵のある旧家がありました。

再び通りに出ると大きな蔵や、瓦屋根の格子のある古い商家があり、
更に行くと今でも石臼で粉をひいているような製粉屋さんがありました。

都市化が進み昔の面影が年々少なくなってさびしい感じがします。

上盛岡駅は無人化され今では小さな駅舎になってしまいましたが、
県立病院,盛岡一高や岩手大学などが近くにあるので、JR北海道で開発した鉄道バスで市内循環線が出来たら利用客が多くなるような気もします?

上盛岡駅付近


26(金)

真冬日なし

昨日で「真冬日なし」の記録を更新したそうです。
1961年以降最も長く真冬日の無い状態が続いているそうです。これから1週間の予報でも冷えそうもありません。暖冬傾向はまだまだ続くようです。

もっとも旧暦ではまだ12月7日で、元日は2月18日ですからそれまでは寒くならないのではないでしょうか。


28(日)

盛岡から25qほど南の紫波町、志和稲荷神社近くの旧家が一般公開しているとのことで、天気もよいので出かけました。

240年前に建てられ主屋だけで108坪もある豪壮な南部の曲り屋です。ここ何年間に分けて屋根の葺き替えをしている大きな茅葺屋根です。座敷から見える庭園は石灯籠と引き込んだ水路には太鼓橋が架けられ、その景観は家の格式の高さを感じさせました。
振る舞いの甘酒をご馳走になって、しばし懐旧にひたりました。

山沿いにある志和稲荷神社の参道もうっすらと白くなっているだけです。

武田家

ラ・フランス温泉館の冬まつりも雪がなく、今ひとつ盛り上がらないようです。

盛岡の雪灯りも30日から規模を縮小して始まり、小岩井のいわて雪祭りも半分以下の規模になるそうです。
暖冬を喜ぶ反面恨めしい気もします。

30(火)

もりおか雪あかり

いわてシニアネットの新年交流会がありました。
昨年の新入会員17名の紹介とスピーチなど、多くの参加者が懇親を深め、
本年もITを通じて一層の活躍を願って散会しました。

岩手公園近辺で開催されている「もりおか雪あかり」を見ました。

縮小されたと言っても沢山のスノーキャンドルに灯された淡い光は幻想的で
心癒されます。
氷の彫刻の盛岡城もライトに輝いて大変綺麗です。

6時すぎても気温が高くスタッフが大変苦労されていることが察せられました。

新年交流会の理事長の挨拶

ライトアップされた石垣を背景のスノーキャンド

スノーキャンドルの模様

ライトで輝く氷の盛岡城

フォトギャラリーもご覧ください