01日 (日)  水無月

運動公園の睡蓮 雨に濡れるバラ 雨降りの寒い6月の入りでしたが、一雨ごとに梅の実も青々と色濃く大きくなっています。庭のバラも次々と咲きだし一年で一番華やかに彩られます。
運動公園の日本庭園には睡蓮が咲き、街路樹の大木のトチの木は白いロウソクのような花を沢山付け雨空を明るく彩っています。間もなく来る盛夏に水も不足する水無月の初日でした。


 04日 (水)  変革

甲羅干しのカメハンギングバスケット岩手大学の工学部のある学科にあったはずの事務所が学生にたずねても首をかしげてわからない様子。
大学が独立法人となったころに組織の簡素化であるいはすでに無くなったのかもしれないと思った。
本部前の街灯には盛岡が推奨しているハンギングバスケットが飾られている。地域に開かれた大学、地域連携など独立採算の求められる大学の「変革」の表れのような気がする。
以前大学正門に"CHANGING"の看板の文字を見たような気がします。
アメリカでは「変革」をスローガンにしたオバマが大統領予備選挙で勝利したという。
世の中すべて良い方向に変わっていてほしいと思いますが?
植物園は睡蓮が咲いていました。カエルの大合唱が聞かれました。カメが甲羅干しをしていました。自然はいつまでも変わらないでほしいものです。


 09日 (月)  夏の休日

バーベキュー岩魚のつかみ取り久しぶりの真夏日です。
子供たちが中津川のイベントで服を水に濡らしながら岩魚のつかみ取りをしています。串焼きの岩魚と交換しておいしそうに食べていました。
幣(ぬさ)かけの滝には子供たちは見られませんでしたが近くの“つどいの森”の釣堀では岩魚釣りをしていました。竿を入れるとすぐ食いついて、バーべキューで焼いて食べている家族も沢山いました。戸外で遊び楽しむ梅雨前のいい時期です。昨日はゴルフ場も沢山のコンペがあって混雑していました。


 10日 (火)  大空滝

大空滝「大空滝」オオソラタキの名にひかれて6月のウオトレ・クラブの例会に参加しました。
盛岡から沢内村へ45キロほど、中山2号トンネルを抜けてすぐ大空滝登り口がありました。
木陰の山道を蝉の鳴き声を聞き、山野草を楽しみながら、ブナやヒバの自然林でヒノキチオールのシャワーを思いっきり浴び気分爽快な気分で進むと舗装道路になり、急なカーブを曲がりきった左手に大空滝が見えました。
 賢治の「なめとこ山の熊」に出てくるこの滝は滝つぼ付近から上を見上げるとまるで空から降って見えるところから名がついているそうです。
ユックリ2時間ほど歩いてたどり着いて食べたおにぎりは格別でした。 フキ、ミズやミツバを採りながら帰りました。
盛岡は28.7度で今年一番の暑さだったようですが爽やかな風の中ウオーキング・トレッキングを楽しみました。


 12日 (木)  中央公民館

盛岡中央公民館の庭園昨日、今日は真夏のような暑さも一段落ししのぎ良い天気です。
盛岡中央公民館のお庭はツツジや睡蓮が咲き池をわたる風が爽やかでした。
この2日間は中央公民館主催の「初級ワードの講習会」でサポーターをしました。19名の参加者は毎日10時から16時まで長時間の勉強ですが、お昼は庭園のベンチでゆっくり食事をとり休息がとれ大変恵まれた環境です。しかし残念ながら西部公民館のような新しい施設でないためパソコンを操作する環境は整っていません。
インターネットなども出来るような施設になることを是非お願いしたいと思いました。


 14日 (土)  チャグチャグ馬コ

チャグチャグ馬コ出かけようとしたらグラグラときました。震度5〜6位か?強いです。
蒼前神社の方向の空を見ると真っ黒で、今にも雨が降り出しそうです。パレードの出発に間に合うように出かけました。蒼前神社に着いた頃にはどしゃ降りで、車の中でパレードの始まるのを待っていました。なかなかやみそうもありません。9時30分パレードの開始と同時に雨がやみました。「チャグチャグ馬コの日は雨が降らない」ほんとでした。日もチョット出ました。ここ雨らしい雨がなかったので馬コの通る沿道を雨で清めてくれたのかもしれません。ほっとしてパレードの写真を撮りました。今日はあまり暑くない予報ですので馬コにも丁度いいかもしれません。


 15日 (日)  父の日

庭のバラの花母の日にはカーネーションを贈りますが、父の日はバラなそうです。
雑草だらけでは折角のバラも台無しと思い、草取りを午後から始めました。
 昨年10月に生まれた孫娘も約8ヶ月でつかまり立ちが出来るようになり間もなく歩き出すのではないかといっています。2人の男の孫も少年野球の練習に元気に出かけました。孫たちが元気にスクスク成長している様子と、妻が丹精して育てているバラの花を眺め、馥郁とした香りを楽しみながら動ける私たち夫婦の健康と、子供たち家族が健康で仲良く暮らすことが最高のプレゼントと感じた今日でした。


 19日 (木)  Vista

VistaのノートパソコンIBMのディスクトップは快調でなんら不満はありませんが、自宅以外でPCを使う機会が多くなり6年前のノートPCをリカバリーしても早くならないのでOS:Vista Home Premium CPU:Core 2Duo メモリ:2GBのノートPCを今月始めに買いました。
データの移動やインターネットの接続はマニュアルに添ってXPとほとんど変わりなく短時間で終わりました。
 難題は無線LANの設定でしばらく手をかけていませんでしたが、始めてみると意外と簡単に繋がり家の中は勿論、庭でも繋がってうれしい反面、セキュリティーが心配になりました。
 また同時に数本のソフトを立ち上げて画像処理をしましたが快適に動きます。Word 2007も大分変わってしまい操作に戸惑いましたが、使い勝手はよいようです。
 しばらく慣れるのに時間がかかりそうですがじっくり勉強したいと思います。


 20日 (金)  森林公園

赤い実もみじヤマボウシきのう昨年より10日早く梅雨入りしたそうですが、今朝は梅雨と思われないほどの良い天気です。
森林公園のヤマボウシが枝いっぱいに白い花をつけ、手裏剣のような4弁の白い花びらは、苞でその中心部が花なそうですが、初夏の太陽にまぶしいほどに輝いていました。モミジは緑の木々の中の木漏れ日に紅葉しているように真っ赤です。赤い木の実を見つけました。梅雨に入ったばかりなのに早くも秋の気配?樹木図鑑で調べると「サンゴジュ」に似ていますが?
本格的な梅雨前に森の木々を観察し散策しました。


 21日 (土)  真夏日

真夏日の練習夕焼けの夏雲夏至の日は今年の最高気温でしかも真夏日の31.3度でした。
夏雲が夕焼けに赤く染まって7時を過ぎてもまだ明るく、日中より涼しくなった運動公園ではトレーニングをする人がいました。


 22日 (日)  もりおかの歌

ストリートライブもりおかの歌発表会「いしがきミュージックフェスティバル」の岩手公園広場のステージでは「もりおかの歌」の発表がありました。
475点の応募を元に作られた作品を、小学校生をふくむオーデションで選ばれた6名の美しい爽やかな歌声で披露されました。四季折々の盛岡の情景が“夏の空 さんさ太鼓が こだまする”などの歌詞が織り込まれた素晴らしい歌でした。
 このフェスティバルはロックを通じたミュージックで盛岡の活性化のために若い人々が企画・運営しているイベントなようですが私たち年代は馴染みなく尻込みをします。今後あらゆる世代が気軽に参加できるイベントになってますます盛岡が賑やかになること願っています。


 25日 (水)  紫陽花

明月院のあじさいと人東京駅からの横須賀線は平日の10時とは思われない混みようで、そのほとんどが北鎌倉駅で下車し押し出されるように明月院めざして歩き出しました。
 参道の両側は2,500株程の日本古来の姫あじさいで埋め尽くされ淡い空色の花が夏の陽にまばゆいほどです。
人ごみを掻き分けるようにして枯山水庭園、鎌倉は水が貴重で名水の湧く10の井戸「鎌倉十井(じゅっせい)」の一つ「瓶(かめ)の井」や鎌倉最大の「やぐら(洞窟墳墓)」を見ることが出来ました。
ここをクリックしてください

浄智寺明月院から横須賀線を挟んでほんの数分、杉木立の中の山寺の風情の門前に、鎌倉十井の「甘露の井」があり、ガクアジサイが咲く浄智寺です。
深閑としたアジサイの石段を上りきると唐風の鐘楼門があり鎌倉五山四位の風格を漂わせていました。
茅葺の庫裏の入口の棟門の扉には葵の御紋があり、その裏庭の太陽に向かって真っ赤に勢いよく咲く立葵と対照的に静かに薄むらさきいろに咲くアジサイを見ながらゆっくり休憩しました。
ここをクリックしてください

岩煙草花の寺東慶寺お隣の東慶寺はいつも手入れが行き届き四季を通して美しい花の寺です。
参道のそこかしこに咲くアジサイの一株一株が周囲の背景にとけこんで美しい調和が保たれています。
この時期奥の切通の岩壁にはイワタバコが木漏れ日に照らされ美しい可憐な赤紫色の花をつけて群生していました。アジサイの他にハナショウブ、ハンゲショウ、ホタルブクロなども咲いていました。
ここをクリックしてください

成就院のアジサイ山の斜面沿いにピンク、紫、水色や白の色とりどりのアジサイが頂上まで続きます。 成就院の山門に続く階段脇に植えられたアジサイのなかを山門を目指す人、降りる人で身動きが取れないほどです。時折「ワー きれい!」の声で振り向くとアジサイ越しに由比ヶ浜がのぞむことが出来ました。海のブルーとアジサイの華やかな色取りが心浮き立たせます。恋の成就にご利益があるとのこと・・・そういえばカップルが多かったような気がしました。
虚空蔵堂や鎌倉十井の星月夜の井に咲くアジサイを眺めながら右の小路へ曲がって由比ガ浜に出ました。ヨットやサーファーが波乗りをしている様子が見られました。
ここをクリックしてください

山アジサイの原種赤いクレナイ光則寺の境内にはアジアサイの原種の山アジサイが日本各地や韓国、中国から集められ約200種類の鉢が置かれていました。
花の時期は過ぎたものの真っ赤な「クレナイ」というアジサイは始めてみる種類です。山アジサイは西洋アジサイのような派手さはありませんが一つ一つ形が違いそそとした美しさがありました。
長谷寺はすぐ隣ですが疲れたし先月も見ているので混んでいたらやめようかと思いながら行きました。

湘南海岸とアジサイ結構参拝客はいましたが、待ち時間がないし折角ここまで来たので入山しました。
うら山の傾斜の散策路沿いには2,300株もの山アジサイや西洋アジサイなど植えられ上を眺めても、下を見てもアジサイの花でイッパイです。湘南の汐風と光でことのほかアジサイが生き生きとして陽気に華やいで見えました。
其処ここで美しいアジサイを見ましたが華やかさでは一番のような気がしました。
見てよかったと満足して疲れた足を引きずるようにして岐路に着きました。
ここをクリックしてください

 26日 (木)  6月の田園

向井潤吉アトリエ館雨降りで、田園都市線が信号故障で朝から動いていないようです。孫とゆっくり遊んでいましたが、お昼過ぎに小降りになったので駒澤大学まで出かけました。世田谷弦巻の住宅街の一角に大きな木立に囲まれた「向井潤吉アトリエ館」があり、武蔵野の面影を残すアトリエ兼住宅が美術館になっています。今までも画集などで何度となく民家と自然を描いた作品を見る機会がありましたさほどの感情はありませんでした。初めて目の当たりにして胸から沸々とわきあがる熱い感動と懐かしさを感じました。今回は残念ながら滝沢や雫石の農村風景は展示されていませんでしたが滝沢の田園風景を描いた「6月の田園」を記念に買ってきました。是非岩手の作品を見たいと思いました。

駒沢オリンピック公園「駒沢オリンピック公園」に立ち寄りました。入口の塀に落書きにも見える壁画?があり第一印象がコンナところかという感じでした。運動施設が沢山あってダダピロイいだけで、美しい運動公園をイメージしたのと大分違いました。オリンピック誘致をしているようですがもっと環境整備をしたらいいと思われました。

 27日 (金)  おのぼりさん

ワコー有楽町界隈ルイビトン
鳩居堂イトーヤミキモトのアジサイ
銀座のワコーがシートに覆われて時計が見えるだけです。耐震工事、リニューアルで11月オープンなようです。
有楽町駅界隈もスッカリ変貌して昔の面影がありません。駅の側のマルイマルイの店内はヤングのテナントばかりでこちらも面影がまったくありません。
銀座の通りの外国のブランドショップの多いこと、そのうちに銀座の老舗は無くなるのか心配ですが「鳩居堂」には外人さんや沢山のお客さんで混んでいてホットしました。 「イトーヤ」でパステル鉛筆などを買って帰りました。
銀座もたまにはいものです。久しぶりの銀座でおのぼりさんの気分を楽しんできました。
ソウ!ミキモトの入口に青々とした元気なアジサイを見ました。今回のアジサイの見納めです。

 28日 (金)  反省会

ゴルフ日和風もなくさして暑くもなく絶好のゴルフ日和でした。旅の疲れはまったくありません。
最近は昼のビールは気がひけますが、終わった後仲間と口角泡を飛ばし一日のプレーの反省を肴に飲む酒は格別で、ついつい度が過ぎることがあります。これがあるから続けているようなところもありますが、元気でプレーが出来ることを感謝し楽しみたいと思っています。
今月の予定もこれで無事終了。感謝。