11月の日記

 01日 (土)  誕生日

バースディケーキお祝いの一升餅昨日満1歳になった孫の誕生日をお父さんのお休みの今日にしました。
誕生日を祝って、健やかな成長を願って一升餅を背負わせましたが2、3歩で泣いて座り込んでしまいました。
すぐ泣き止んでバースディケーキに眼を輝かせていました。
おじいちゃん、おばあちゃんからのプレゼントの“積み木”や“おままごと”に歓声を上げました。
感情も豊かになり、言葉もだいぶ理解できるようになりました。
これからも元気で健やかに成長するようにお餅を食べてお祝いをしました。



 02日 (日)  湯河原

6時頃起きると真っ赤な朝焼けで、良い天気になりそうです。
11時ごろ出発しました。
横浜青葉ICから東名に入ると渋滞です。連休で仕方がないと覚悟をきめましたが、厚木から小田原厚木道路に入り最後の料金所を出るのに小1時間もかかりウンザリです。
昼ごはんを3時にとって宿に着いたときには4時を過ぎていました。
孫は温泉に入って元気に布団でジャンプしてハシャイデいます。食事もいっぱい食べ、誕生祝の温泉旅行は楽しそうでした?



 03日 (月)  真鶴半島と海老名SA

海老名SA中川一政の再現したアトリエ真鶴・展望公園 真鶴半島を回って椰子や真紅のアメリカディゴの咲くトロピカルな雰囲気の公園に立ち寄りました。
孫は芝生をコロコロ転がりながら楽しそうに走り回っています。休憩所に再現された中川一政のアトリエを見て隣の美術館には残念ながら立ち寄りませんでした。
渋滞もなくスムーズに海老名SAまで来て昼食をとりました。国際空港のターミナルを思わせるビルには「うまいもの横丁」や「フードコート」があり美味しそうな食べ物が沢山ありました。メロンパン、肉まん、山菜おこわ、カツカレー などを皆で食べました。早く出たお陰で渋滞にあわずに昨日よりも1時間以上も早く帰宅出来ました。





 05日 (水)  大統領

2004年11月3日の16:07はロックフェラーセンターのNBC選挙速報センターの前で大統領選の成り行きを見ていました。
スケートリンクになる部分にアメリカの地図があり夫々の候補の勝利した州をアカとアオで色分けをしていました。
星条旗が掲げられ、青い垂れ幕が飾られビジュアル的にも洗練された印象が焼き付いています。
アメリカ国民はオバマを大統領と選択したようです。47歳の初の黒人大統領で“変革”され洗練されたアメリカを期待します。



 08日 (土)  紅葉見ごろ

ライトアップした中央公園のモミジ岩手公園の紅葉一ノ倉邸の野外展 未明に初雪があり、日中も冷たい風が吹き冬到来の気配でした。
一ノ倉邸のお庭で絵の展覧会があることを知り出かけました。岩手山、さんさ踊りなどの祭りや国内外などで描かれた多数の絵が展示されていました。お庭の紅葉したモミジが絵をいっそう引き立てていました。
作者自ら木枯らしの中説明いただき、風邪を引かないようにとお礼を言いました。
デジカメ写真やパステル画の展示会も見ました。
立ち寄った岩手公園の紅葉も今が丁度見ごろでした。今年は氷点下はまだで、6日に見た中央公民館のライトアップしたお庭のモミジもとてもきれいでした。





 09日 (日)  秋晴れの納会

秋晴れの納会 この時期は雪で延期になることも度々ですが、今日は風も無く最高のゴルフ日和でした。
友人とのゴルフコンペも今年8回目で納会です。
一度ぐらい小雨に会った程度で天気には大変恵まれました。
毎回プレーの後は杯をかたむけ珍プレーを酒の肴に賑やかに飲むのも楽しみで、13年くらいも続いています。
これからも益々元気にプレーできることを祈って一本締めで一応納会としました。



 11日 (火)  氷点下2℃

運動公園の落ち葉高松の池の白鳥光に輝く 昨日は氷点下0.5℃で初氷がはったそうですが、今朝は更に寒く氷点下2℃でした。
木の葉についた氷が日に照らされてキラキラ輝いています。
冬の使者、白鳥も長旅を癒すように湖面をゆったりと漂っています。
高松の池の紅葉は見ごろは過ぎたとはいえまだまだキレイです。
運動公園の歩道は赤、白、黄の色とりどりの落ち葉でおおわれ歩くのがはばかれるような感じです。
高気圧に覆われ青空で天気の良い初冬の一日でした。





 15日 (土)  弘前

青森銀行記念館翠明館中華料理店の館内
シンメトリックな外観の青森銀行記念館割烹料理店と右が中華料理店洋館の中華料理店(シノワ)の内部
禅林街加藤坂街の風景
禅寺が林の様に並んでいる禅林街古い町の情緒が残る加藤坂石坂洋次郎出身の町

紅葉の時期は終わったと思っていましたが、弘前城の紅葉は大変きれいでした。
青森銀行記念館を見学しました。明治37年の建物で、弘前出身の棟梁、堀江佐吉の設計・施工なそうです。
若い頃函館・札幌で洋風建築に従事し、独学で建築学を学んだようです。
紹介されたところで昼食をとることにしました。
和風建築を中央に、両側に明るいタイルの洋館を配し、同色のタイル塀で囲んだ由緒ある大邸宅の様相です。
恐る恐る門から入ると着物姿の女性が大きな玄関から現れました。
昼食ランチは会席料理で3,000円から中華料理は1,000円からなそうで、リズナブルの料金です。
葡萄のステンドグラス・シーリングライトや石膏の塑像のある洋館で、スーラータン麺とサラダ・ご飯・漬物・杏仁豆腐・コーヒーの1,000円のランチを注文しました。
建物の雰囲気だけでも十分満足なのに、とても美味しく、格安なランチに大変感激しました。
後で分かったことですが青森銀行頭取の旧別邸で昭和8年の建築で、「翠明荘」と呼ばれています。
近くには「カトリック弘前教会」や、黒い梁と漆喰塗りの「石場旅館」などがありました。
そのほか弘前には由緒ある、情緒ある建造物があちこちに点在しています。
旧弘前無尽社屋・津軽塗りの田中屋・第四分団消防屯所・田澤刃物製作所・加藤味噌醤油店や五重塔の最勝院・大きな山門の長勝寺さらに伊東家・梅田家の武家屋敷もあり楽しく見学しました。
弘前は「さくら祭り」「ねぶた祭り」「紅葉祭り」「雪灯篭祭り」などがあり、四季を通じ国内有数の観光地で、市民も観光客に対して親切です。
街のど真ん中の天然の温泉のあるホテルは今年出来たばかりで、清潔で、安く、ここも気に入りました。
夜は近くの和食レストランで孫たちと夕食をしましたが美味しくて大満足でした。





 16日 (日)  孫の応援

鉄棒競技会場風景 第22回東北ジュニア体操競技会が弘前市民体育館でありました。
下の孫がAクラスの小学3年の部に出場しました。
鉄棒・床など4種目の総合点で競技しましたが初参加で大きなミスもなく健闘しました。
総合優勝した一関の同じ3年の男子の演技は、素人目にも大変素晴らしい演技でした。
試合終了後、弘前城の天守閣や最勝院五重塔を見学し、初出場の健闘と2歳上のお兄ちゃんの応援に感謝をして、昼食をしました。一日中小雨が降ったりやんだりの弘前を3時過ぎに帰りました。



 21日 (金)  本格的な雪降り

サワラヒワバラの花 19日昼過ぎから雪が降り出しました。
20日朝はうっすらと初積雪です。
妻のタイヤ交換をし、自分の車は時間がなくて前輪のみ交換して出かけました。
庭のバラは暖かい日が続き何時にもましてきれいに咲き、沢山のツボミをつけていました。
雪が降る前に切ったバラが部屋イッパイに飾られ外の寒さを忘れるほどです。
季節は正直で暦どおり、昨年と同じ日に雪が降りました。
今日も朝から本格的雪降りです。
毎年今頃はウメモドキの実を食べ尽くしてしまうツガイのヒヨドリは今年は来なく、代わりにカワラヒワ3羽が実をついばんでいます。
特に出かける用もないので、バラの花でも描こうと思います。





 23日 (日)  りんご

柿の実馬頭観音の野菊たわわになった「りんご」 毎年今頃りんごを買いに出かけるのが恒例になっています。
盛岡から30キロと離れていませんが,石鳥谷は「フルーツの里」と言うだけあって温暖です。
先日の雪もさらっと降っただけのようで、まだ晩秋のよそおいです。
真っ赤にたわわになった「りんご」をながめながら、その近所の里山を散策することが大好きです。
馬頭観音の前に野菊が咲いています。農家の庭先に柿の実が日に輝いています。
すべてが昔はどこにもあった風景ですが、最近はなかなか出会うことがありません。



 24日 (月)  ヨーロッパ絵画展

ヨーロッパ絵画展 東京では駅のホームの売店にも絵画展のポスターが貼られチケットが販売されています。
世界中の絵画が気軽に鑑賞でき、最近特に若いカップルが美術館に多くなったように思います。
 県立美術館でも「ヨーロッパ絵画展」が開催されています。
宗教画から肖像画、風景画、時代の庶民の生活を伝える親しみやすい絵など展示されていました。
休日で沢山の人が鑑賞していて、レストランも満席でした。



 30日 (日)  年賀状

大根葉南天ゼラニュウム 出窓のゼラニュウムが冬の日を浴び真っ赤に咲いています。
庭の南天も枝イッパイにつけた赤い実が美しい。
軒先の大根葉が干しあがって色合いがいい感じです。
年賀状の題材をあれやこれやと探していますがなかなか良いものが見つかりません。
毎年、凝ったわりには出来栄えがあまり良くないと反省していますが、またあれこれ考えています。
 今週末は「西部公民館まつり」でパステル画と写真を出品する予定です。
まだまだ未熟で恥ずかしいのですが、絵の手直をしたり、写真のプリントをして出品の準備をしました。
夕方、買い物に出かけましたが、道が込んで気ぜわしい感じです。もう明日から師走ですね。