03日 (水)  誕生日

庭のバラ庭のバラ庭のバラ 妻は友人と今朝早く、仙台のオープンガーデンのバラを見学に行きました。
誕生日に美しいバラの花を見てきっと楽しんでいると思います。

日本は新型インフルエンザに必要以上に神経質と、海外旅行から帰った人の話しを聞きました。
キャンセルしていなければ、今頃は英国でローズガーデンでも見学していたと思うと残念な気もします。

横浜の孫から、色鉛筆で描いた?バースディカードが届きました。
スカイプからバースディの歌に合わせて踊って、「バーァバー おめでとう!」
妻には一番うれしい誕生祝だったと思います。

庭のバラも誕生日に合わせ咲きだしました。


 06日 (土)  雨の晴れ間

梅雨に入ったのかと思うほどの降ったりやんだりのぐずついた天気です。

伐採か保存かでもめている旧県立図書館前のヒマラヤシーダが15本のみ伐採で一応決着して、 昨夜から枝払い作業をしたようです。

竹温室スイレン雨の晴れ間の岩手大学の植物園のウッソウとした竹林の竹は空までとどく勢いで伸び、 鉛色の空を映した北水の池には睡蓮がきれいに咲いていました。

創立60周年の記念展示会 「アザリアの咲くとき」・・・宮澤賢治と学友たち・・・が開催され、 温室の周囲はウッドデッキが整備されていました。


 07日 (日)  神輿

盛岡大神輿祭 ようやく日の光がふりそそぐ日曜日です。
恒例の大盛岡神輿祭で、街は賑わっていました。
景気のせいなのか例年より神輿が少ないような感じですが、「セイヤー」の威勢の良い掛け声は、不景気を吹き飛ばす元気を与えてくれます。
盛岡の初夏の祭りとして定着してきました。
これからも盛岡の街に活気を与えてほしいものです。


 09日 (火)  端午の節句

 鯉のぼり
旧暦の端午の節句に、蒼然神社にお参りして、田植えの骨休みの祝宴をしたのが、起源なそうです。
「チャグチャグ馬コ」は今では6月の第2土曜日に行われます。
中津川畔には鯉のぼりが青空に泳ぎ、13日の祭りを待っています。
カキツバタも咲き揃い、柳も青々と繁り、川風にゆれています。
盛岡は一年中で一番良い季節を迎えました。


 11日 (木)  梅雨入り

梅雨入り夕焼け 朝から激しい雨降りで、盛岡は昨年より12日早い梅雨入りです。
昼過ぎには小ぶりになって夕焼けが見られました。
明日は晴れの予報で、13日土曜日の「チャグチャグ馬コ」も天気の心配はなようです。

 とうとう盛岡にも、新型インフルエンザの感染者が出ました。
この時期は修学旅行など県外からたくさんの観光客が来盛しています。
飲食店の女性、観光バスのガイドさんが感染したそうです。
下火になってきたのかと思っていましたが、レベルをフェーズ6にするニュースもあり、警戒しなければならないようです。
街でマスクをしている人はあまり見受けられませんが、梅雨に入って蔓延しやすいということはあるのでしょうか?


 13日 (土)  チャグチャグ馬コ

チャグチャグ馬コ 清々しい梅雨晴れの天気に恵まれました。

滝沢の蒼然神社から、90頭ほどの綺麗な装束の馬コと、飼い主の家族が手綱をしっかり握って、盛岡八幡宮までの15キロの道のりを出発しました。

4時間後に盛岡の官庁街に到着しました。
緑濃いトチの木の街路樹を背景に赤、黄や緑の装束がいっそう美しさを際立たせ、
木を渡る爽やかな風は、乗り手の子供を居眠りをさせ、冷や冷やさせる場面もありました。


 15日 (月)  キズマ

キズマ 奥州水沢区に広がる“胆沢平野”は、散居集落として知られる豊かな穀倉地帯です。
水田の中に点在する農家の屋敷の周囲の大きな木の防風林“エグネ”、その下に薪を積んだ塀“キズマ”を撮影に出かけました。
 通りかかった農家の人に尋ねても、今では見ることもないという返事です。
探しまわって、ようやく部分的に残った“キズマ”を見つけることが出来ました。
キズマはエグネの下枝が欠けた部分を補い防風や防雪に、囲炉裏やカマドの薪に、重要なもので、キズマが崩壊すると、家運が衰退すると信じられ、キズマは大切に保護されていたそうです。

ドウタンの生垣武家屋敷のサワラヒバの生垣金ヶ崎町は伊達藩と南部藩の藩境の地で、伊達藩が220年もの長い間治めていました。
武家屋敷の名残が今でも見ることが出来、杉のエグネ、サワラヒバの生垣、寄棟造りの茅葺き屋根など,小路を歩くとさながら江戸時代にいるようです。
 西洋庭園と思うような、細目氏のお屋敷のドウタンの生垣は非常にみごとです。丁度庭師が刈り込をしていました。
門柱のドウタンは100年以上で、生垣が現在の形状になって60年ぐらいなそうです。
刈り込みはもとより、長い年月枯らさないように管理しているのには驚きです。


 18日 (木)  速度変更

モデム 2002年2月にADSL 5Mで契約し月額3,045円の料金で何の不足も無く現在まで使用していました。
 回線速度39Mで月額2,625円,1年毎に1ヶ月分割引、キャンペン中で工事費など6,352円が
0円、モデムレンタル料0円などの好条件に、恐る恐る、面倒くさい速度変更の手続きをしました。
 約2週間後に速度変更の工事が終わり、送られてきたモデムに電話、PCをつなぎ、電源を入れると数分間で自動設定され、インターネットに接続されました。
早くなったかどうかは実感出来ませんが、料金が安くなることが何よりうれしいことです。
 国は景気浮揚策としてインターネットの普及推進をしているようですが、光ファイバーの料金が安くなってほしいと願っています。


 19日 (金)  忘れえぬ女

忘れえぬ女 午後からギャラリートークがあるということで出かけました。
岩手県立美術館の「忘れえぬロシア」美術展にロシア人の作家による約75点の作品が公開されています。

「忘れえぬ女」は一見高慢そうな女の瞳に潤いを感じ、素性の知られないモナリザに通じた魅惑的な作品でした。

ロシアの大地の自然を描いた「三月の太陽」は、明るい、美しいブルーの空に、雪晴れの軟らかな日差しが雪野原に青い影を作る、光と色彩の美しい作品です。

作者の家族の日々の生活を描いた「あぜ道にて」は母と子供たちの楽しげに戯れている様子が伺えました。

ロシア絵画といえば抑圧され、陰鬱な暗い作品をイメージしていただけに、楽しく鑑賞が出来ました。


 24日 (水)  温泉

民謡ホテル 久しぶりに鶯宿温泉へ出かけました。
このところ肩や腰が痛く、マッサージにかかっています。
温泉も効くのではないかと早めに出かけ、夕食前までユックリ浸かりました。
食後はお祭広場で民謡ショー、社員による太鼓や餅つきなどを楽しみました。

藤沢から来たという年配の女性は秋田民謡を良く通る、きれいな声でみごとに歌い、大きな拍手でした。
三味線の若い女性はこの社中の秘蔵っ子なそうで、見事なバチさばきでした。

温泉の効用で、体がポカポカして、いい気持ちで、何時もより早く眠りました。

今朝は5時ごろに眼を覚まし、朝風呂を楽しみました。
緑がまぶしい、梅雨とは思われないような天気で、28度位になるようです。


 25日 (木)  あさがお

あさがお 午前中から25度を越える真夏のような暑さです。
この暑さで「あさがお」の苗もぐんぐん伸び、ツルやツボミも出てきました。
「あさがお」が良く見えるように、お座敷の窓から二階のベランダまでネットを張りました。
西洋種の「ブルーヘブン」や昔からの日本種、知り合いから貰った新種などの苗を植えたポットを4個置きました。
この天気はしばらく続きそうですから、例年より咲き出すのは早いかもしれません。


 27日 (土)  盛岡冷麺

睡蓮

昨日は県内各地で6月としては最高気温を記録したようです。
盛岡も真夏日の31度でした。

この暑さに盛岡公民館のアジサイは下向にグッタリとして、
池の睡蓮は輝く日の中に生き生きと涼しげで、対照的です。

盛岡冷麺

今日も暑い予報でしたが、おもったほどでもなく、
久しぶりのプレーを楽しみました。
ハンディに恵まれ準優勝、賞品の「盛岡冷麺」は暑気払いに最適です。

野球の練習から帰ったきた孫たちはおすそ分けをした冷麺に大喜びでした。


 28日 (日)  盛夏?

ハナショウブ 水遊び 6月というのに朝からジリジリ暑く、何もしたくなく、家の中でグダグダしていました。
夕方滝沢中央公園に出かけました。
水の広場では子どもたちが元気よく水遊びをしていまいました。
水のカーテンが4時で止まってしまい、これから涼しくなるのにわいそうです。
ハナショウブは白、薄紫の大きな花弁が風にゆれ、すでに咲きそろい、例年より大分早いようです。

近くの麦畑は実がいっぱいに入った茶褐色の穂をスクッツト立て、刈入れの時期を待っているようです。
みどりの水田のコントラストがきれいです。

八幡さまにお参りして、茅の輪くぐりで今夏の無病息災を祈りました。

夕方からあちこち歩きましたが、なかなか涼しくならない、暑い1日でした。


 30日 (火)  温暖化

アサガオ

5日連続の真夏日も一段落して、今日は朝から雨が降ったり,やんだりのグズツイタ梅雨空の一日でした。

新種のアサガオが昨日から咲きだし、今朝も一輪咲きました。
早咲きの種類のようです。雨にぬれるアサガオはチョット似合いませんが、それはそれで風情があります。

6月も今日で終わりで、今年も半年たちました。
特に感慨はありませんが、気候の異常を感じます。
6月がこんなに暑かったり、冬は暖冬です。
グリーンランドの氷河が年々消失している様子がTVで報じられていました。

温暖化防止のために、私たちも出来ることを真剣に考えなければならないようです。