01日 (水)  今月は?

兼六園

'06/7/3
加賀100万石の金沢は情緒
ある素晴らし街です。

ハナショウブ

'07/7/4
滝沢中央公園のハナショウブは
丁度見頃でした。

梅の実

'08/7/6
梅雨の晴れ間に梅の実を収穫
しました。

古代ハスラ

'07/7/15
五郎沼の古代ハスが咲きました。

梅雨明け

'08/7/19
例年より早い梅雨明け宣言
でした。

ゆかたのまち

'08/7/20
「ゆかたのまち盛岡」のパレードで
街は華やかでした。

花火

'07/7/26
子どもたちは夏休みに入り花火
をしました。

川下り

'08/7/27
北上川ゴムボート川下りが好天に
恵まれました。

朝顔

'08/7/30
朝顔が咲きそろい庭がにぎやか
です。

さんさ踊り

'08/7/31
さんさ踊りの前夜祭で盛岡駅滝の
広場はにぎやかでした。


 02日 (木)  美術展

東京都美術館の美術展 全国の公立美術館100館の選りすぐりの名品が一堂に鑑賞できるまたとない美術展が東京都美術館でありました。
「日本の美術館名品展」で西洋絵画50点と日本作家の洋画、日本画、版画、彫刻の220点のコレクションです。
岩手県立美術館からは萬鐵五郎「女の顔」と他一点、船越保武「萩原朔太郎像」出展されていました。
松本俊介の「橋(東京駅裏)」は神奈川県立近代美術館のコレクションでした。

猫や猿などに囲まれ横たわっている裸婦の輪郭を細線で縁取りをしている藤田嗣冶の「私の夢」や、アントワープの街の風景を細線で細部まで丁寧に描きこまれている手法にとても興味を持ちました。

不忍池のハスハヤシライスさんさ踊りの宣伝アメ横 オノヨーコとジョンレノンも食べたという、上野広小路のレストランのハヤシライスを食べました。
甘く少しスパイスが効いた辛みが自然で、いままで食べた味と違う美味しさでした。

不忍池は水も見えないほどに大きなハスの葉でおおわれていました。
雨に濡れますます緑あざやかで、花も是非一度見てみたいと思いました。

アメ横は雨にも関わらず,混んでいました。
妻は鮭の切り身を、1切れおまけの他に、1,500円を1,000円にまけられ、大喜びでした。
大きな切り身が90円は値段にうとい私でも安いと思いました。

山手線の電車には「盛岡のさんさ踊り」の宣伝が車体一杯に貼られていて、夕方のラッシュの人ごみの中を写真を撮ってしまいました。


 03日 (金)  四谷・神楽坂

四ツ谷

亀岡八幡宮上智大学正門四ツ谷駅 都心で緑が多く、春は桜が美しい眺めを電車からいつも見ていました。
JR四ツ谷駅から出て外堀沿いは松並木や、桜の並木があり、自然豊かな静かな遊歩道でした。

上智大学や雙葉学園の幼・小・中・高がある文教地区のようです。
また太田道灌が江戸城築城の際、西の守護神として500年以上前に創建した「市谷亀岡八幡宮」のある歴史ある街でもありました。

文化住宅 江戸の商家 「新宿歴史博物館」には縄文時代から昭和初期の暮らしの変遷が展示されていました。
江戸の商家の蔵造りの建物や、昭和初期の文化住宅の庶民の暮らしぶりの展示に、興味と懐かしさを感じました。

須賀神社 坂道の多い路地 この一帯の総鎮守「須賀神社」は石段の登ったところにありました。
寺院が密集する起伏の激しい坂道の多い迷路のような道に迷い、途中で散策をあきらめました。

神楽坂

善国寺 黒塀の料亭 和可菜

神楽坂を舞台にした二宮君、黒木メイサさんの「拝啓、父上様」のドラマを見て、一度ゆっくり来たいと思っていました。

神楽坂通りの中ほどに赤と白の提灯で花街を華やかに彩る「善国寺」がありました。

ここから小路に入ると、石畳や黒塀のある神楽坂の花街の情緒を残す路地でした。

迷路のような石畳の道をぶらぶら散策すると、さっき見たような路地にまた出ます。

石畳と黒塀の路地 石段のある路地 最も細い路地

路地の奥の奥にひっそり佇む旅館「和可菜」界隈はもっとも古い神楽坂の雰囲気を残しています。
裏の黒塀の木戸にある「小暮」の表札は、この旅館の所有者でもあった往年の大女優「小暮実千代」のことです。
多くの著述家が執筆の場として、山田洋次監督も此処で寅さんの脚本を書き、今も仕事場にしているようです。

ドラマの撮影にも使われた、奥の細い路地の石の階段を下り、ようやく人一人通れるくらいな狭い路地を抜けると、
再び善国寺に出ました。


 04日 (土)  多摩川(玉川)

多摩川の河川敷 河川敷の屋台

真っ赤な夕日が沈む多摩川で釣り人が黒いシルエットになっている風景を、東急田園都市線の二子玉川駅のホームから見たことがあります。

駅前の高島屋デパートのそばやさんの更科そばは1,070円で、値段にちょっとびっくりしました。

多摩川までは歩いて5分ぐらいです。

土曜日で家族連れやカップルまたサッカー、野球、テニスなどをする人でいっぱいでした。

対岸河原にはイベントがあるようで音楽が流れ、たくさんの人がいます。水浴びをしている若者も見られます。

この付近は世田谷区と渋谷区の管理で、野球場、サッカー場、テニスコートが何面もある広い河川敷です。
子供たちは人工の小川の流れで水遊びをしています。

外に椅子を並べた屋台(オープンカフェと呼び、本格的なレストランのようです。)もあり、ラーメン、唐揚げ、かき氷、ビールも飲めるようです。
川原では何も食べれないと思って腹ごしらえをして来ましたが、涼しい川風に吹かれビールで昼食が取れたのに残念でした。

近くには二棟のマンションが新築中で、今朝のチラシでは39坪で2億円でした。
どんな人が住むのかびっくりする値段です。

対岸の群衆 バ−ベキュー

二子橋を渡って対岸に行くことにしました。下流側に歩道があって車道はビュンビュンと車が走って、左頭上は東急田園都市線の電車が走る鉄橋です。

対岸から見えた橋の下を覗くと若者がバーベキューをしています。
仮設トイレなどもあって、公設のバーベキュー場なようです。

橋を渡った二子新地駅で電車に乗るつもりが通り過ぎ、旧大山街道をテクテク歩きもう一駅先の高津駅から乗りました。

何もかもが都会ならではと思う光景でした。


 08日 (水)  写真展

小学生も 写真展会場 七夕の昨晩からの雨は今朝も降りつづいています。

「西部写真クラブ写真展」の会場係が初日の午前中が担当でした。

20人の会員、80点ほどの作品が出品されて、いずれもなかなかの力作ぞろいです。
入会一年にも満たない私の作品は先輩の作品と見比べると、明らかに力不足を感じます。
雨にもかかわらず、多くの方にご覧いただき感謝しています。
西部公民館で12日までの会期ですので、お近くの方はぜひご覧いただければ幸いです。

昼近くに雨は窓ガラスをたたきつけるほど激しく降りだしました。


 09日 (木)  梅の収穫

梅の実 朝から今にも降り出しそうな空模様でしたが、10時ごろ薄日が差したので梅の実をとることにしました。
今年は一度も消毒をしないわりには、豊後梅は思ったほど傷もなく粒も大きく、いい実です。
収穫も14キロで最近にない豊作です。
しかし小梅は、病気か?ホシだらけ、実のつきすぎか?小粒です。
しかし収穫は10キロでこちらも最近にない豊作です。
降り出した雨の中どうやら終わりましたが、剪定は天気が回復してからしようと思います。


 14日 (火)  システム障害

システム障害の告知 突然ホームページがアップされなくなりました。
あれやこれやいじってみましたが、原因が分からないが、どうやら、当方の原因によるものではないようです。
プロバイダーのY社のホームページを調べると、「システム障害でただいま不通です」の告知がありました。
しかし今日になっても障害は解決されませんので、今年6月分迄のファイルをすべてニフティのサーバーに移し替えました。
今年いっぱいは、ニフティ100mbの無料の容量でまかなえるようですが、その後はどうするかこれから考えなければなりません。
ここ数日振り回されていましたが、こんなこともあることを初めて知りました。


 17日 (金)  ホームセンター

万能工作台 ホームセンター 盛岡北高校の真向かいのNT内に16日ホームセンターがオープンしました。
前からほしいと思っていた「万能作業台」を、開店の目玉商品で1,780円で買いました。
以前買った木地のパン皿のよじれを削って平らにしたいと思っていました。
4つのバイスがうまく円形の皿を固定して、カンナをかけて底を平らにすることが出来ました。なかなか具合が良い物を買うことが出来て喜んでいます。

24日には、生協のスーパーも開店の予定です。
県営運動公園から滝沢村に通ずるこの道は、以前にもまして車の交通量が増えました。
'70年の国体をした頃の運動公園周辺は何もない地域で、住宅も少なく、お店もほとんどなく、まして車の渋滞など全くありませんでした。
今では様相が一変し、住宅地となり、多くのスーパー、量販店が集中して、二巡目の国体の主会場地としては不適切な環境になってしまいました。
幸い?主会場は諸事情から北上に決定したようですが,ほっとした気もします。


 20日 (月)  梅雨明けは?

松の木の剪定 雨雲が残る盛岡市内 土曜日は午後から、雨の中ゴルフでした。
日曜日の朝もまだ激しく降り、一日中降っていました。
「海の日」の今朝ようやく雨があがり、東の空は朝焼けでした。
久しぶりに写真を撮りに出かけましたが、 雨雲がまだ残っているようです。

雨の晴れ間に少しずつしていた松の剪定を、今日で終わらせようと、朝食後すぐ始めました。
1日1〜4時間で7日かかってようやく終わり、スッキリした松を見て、満足です。

昨年は19日が「梅雨明け宣言」でしたが、今年は梅雨らしい日が少なかったので、ゆっくりでもいいような気もします。


 25日 (土)  ゆかた

ゆかた姿 昨日の高校野球の決勝戦は手に汗握るいい試合でした。
なかでも両校の菊池投手は素晴らしいピッチングでした。
花巻東高校にはまた岩手旋風を起こすよう頑張ってほしいと思います。

町々で、夏祭りが行われています。
材木町では酒買地蔵尊とゆかた祭り、桜山界隈ではゆかたと夢灯り、と「ゆかたのまち盛岡」のイべントが目白押しです。
夏のゆかた姿は、日本の素晴らしい着物文化です。
みんなで"ゆかた姿"で、さんさ踊りを見に行きたいと思います。


 26日 (日)  はす

茅葺屋根の大農家 古代ハス 北上川ゴムボートレースに出場するベッキー(英語の先生のニックネーム)を応援に行く約束をしていましたが、 うっかりして忘れていました。 1000艇以上もの参加ですから見つけることもできないと思いますが、
近くの北上川に着いた時にはほとんど通過した後でした。
ゴールの南大橋の河川敷まで行きましたが、競技が終了して昼食の焼き肉などをしている参加者でごった返していました。

五郎沼の古代ハスが見ごろというので、行ってみることにしました。
4号線沿いで、足の便が良いこともあって、たくさんの人が見に来ていました。
暑さで花もぐったりしていて、午前中に来ないと美しい花は見られないようです。

志和稲荷神社の近くの大農家の屋敷のハス田を思い出して、行ってみました。
残念ながらまだ早かったようです。お盆のころ咲くのかと思いました。 大きな茅葺屋根の農家とハスの花はきっと素晴らしい風景になると思いました。


 29日 (水)  アマルフィ

映画「アマルフィイ」 よく見聞きする、スペイン広場やコロッセオのローマ、はじめて知ったイタリア南部の美しい海岸線のリゾート都市「アマルフィ」を舞台にしたサスペンス映画 「アマルフィ」を見ました。
水曜日は「レディース・ディ」でシネコンは女性客で混雑して、前から2列目の席から、天井を見上げるるようにして観ました。
次々に映し出される、ローマの遺跡、広場、教会、美術館、そしてアマルフィ海岸の断崖に建つ白い美しい家並みを楽しみました。
サラ・ブライトマンが歌う主題歌はよく耳にする曲でした。
迫力のある美しい声がいまも脳裏に残っています。

ローマはじめとするイタリアの旅をしたい気持ちが一層 つよくなりました。

朝からの雨は、さらに激しく降っていました。
今年の梅雨はなかなか明けそうもなく、冷夏の心配もあるようです。


 30日 (木)  みょうが

みょうが 久しぶりに晴れました。
日照不足で稲の生育が心配される中、我が家の雑草は、いつの間にか伸び放題です。
垣根も兼ねているユキヤナギなども剪定しながら、我が物顔で辺り一面に生えているドクダミを退治しました。
休みもなく、昼は庭でラーメンを食べてすぐ取りかかっても、朝から3時までかかりました。
切った枝や、雑草でゴミ袋が7袋にもなりました。
ミョウガがたくさん出ていて、思わぬ収穫でした。
小さなバケツに一つも取れました。
晩酌はミョウガを薬味にして冷奴でビールを飲みました。
大変でしたが疲れが吹っ飛んだ気分です。


 31日 (金)  前夜祭

さんさ踊りの前夜祭 朝から晴れあがり、梅雨明けかなと思うよい天気でした。

さんさ踊りの前夜祭が盛岡駅前滝の広場でありました。
子供さんさや、ミスさんさの踊りで明日からの祭りを盛り上げています。
さんさ踊りを見に来た観光客や、子供たちもミスさんさと輪踊りを楽しんでいました。

明日行われる、大学の学科の創立50周年記念式典に前日に来盛した、 旧友と久しぶりに再会し、前夜祭ということで、いつもよりたくさん飲んで、すっかり酔ってしました。

明日から、地元在住のホスト役として、記念式と祝賀会、そして同期会、翌日はゴルフと忙しい日になります。