1日 (月)  日本橋界隈

ランチ

3週間ぶりに家に帰った孫は、私たちに“お家はいいね”と心から嬉しそうに話しました。


寒い日が続いていましたが、今日は晴れて暖かです。

京橋のフルーツパーラーでお食事をしました。

孫は、大きな新鮮なイチゴのパフェに、私たちは、アボガドとエビのサンドイッチ、サラダとコーヒーをお代わりして満足しました。

高島屋のロビーに飾られたバラの植栽を見て、平日のせいか人通りが少ない日本橋を、孫は欄干から川を見たり、彫刻を不思議そうに眺めながらユックリ渡りました。

三越本店の外観の金色の豪華な装飾、吹き抜けのロビーの吉祥天女の像、三井本館のギリシャ神殿のような重厚な建物など、久しぶりに日本橋界隈の景色を楽しみました。


画像をクリックすると大きくなります


 2日 (火)  世田谷美術館

都会は思い立ってすぐ出かけられる、アクセスの良さが魅力です。
昼近くに、田園都市線沿いの世田谷美術館に行くことにしました。

用賀駅前は、大きながオフィスビルがあり、ビジネス街になっているようです。

砧公園と世田谷美術館へは、水が引きこまれ、百人一首や、水の流れの模様が刻み込まれた石畳の美しい用賀プロムナードを歩いて15分くらいのところにありました。

砧公園はゴルフ場跡の広い公園で、紅白のウメが丁度見頃でしたが、寒くて鼻水を拭きながらの花見で今一つ気分が乗りません。

いろいろの樹種や、大きな木の中で、特にサクラの木が目立って多いようです。
太い枝が地上に垂れ下がるように伸び、目の高さで見られるサクラを想像し、花が咲くころにまた来たいと思いました。

世田谷美術館は公園の一画にあり、大きな、枝ぶりのいい木々(クヌギの木)に囲まれた地上2階の閑静な美術館でした。

岩手出身の松本竣介や、船越保武らと友人の麻生三郎の企画展が開催され、船越保武の作品も展示されていました。

繊細のなかにも、おおらかに幾重にも重なる線に、部分的に水彩やパステルで彩色されたデッサンは、到底真似できない素晴らしいタッチでした。


画像をクリックすると大きくなります


「五島美術館」に行こうと思いましたが、閉館の時間になってあきらめました。
途中、お寺の塀と、「瀬田夕日坂」の塀を見ました。


 5日 (金)  春は名のみ

日に咲く福寿草 雪にしぼむ福寿草

昨日福寿草が綺麗に咲きだしました。


しかし今朝の26センチの大雪でせっかく咲いた福寿草は雪に埋もれてしまいました。

こんなことを繰り返しながら、春になることは分かりますが、「春は名のみと」恨めしく、空を眺めています。


最近は写真をコンパクトデジカメでほとんど撮っています。

コンパクトデジカメの軽く、小さく、ポケットに持ち歩ける便利さから、先日も東京では一眼の出る幕はありませんでした。

しかし、液晶を見ながら押すとシャッターチャンスを逃しますし、起動が遅いし、絞りもF8迄で、すべて満足できるものではありませんが、コンパクトさに軍配が上がります。ケースバイケースで使って行こうと思っています。


 8日 (月)  初打ち

ゴルフの練習 北上川の流れ

思ったより暖かいので、用事を済ませて、ゴルフ練習場に立ち寄りました。

ゴルフの練習は殆んどしませんが、年々スコアが落ち、面白くありあませんので、練習することにしました。


シニア料金がボール100ケで500円なそうです。すぐ無くなってしまうと思いましたが、とりあえず始めました。

#7、#9アイアンで打ちましたが、昨年11月以来にしては、飛距離も、方向も思ったより良くホッとしました。

しかし、1ホール5、6打で、1ラウンドした程度でヘトヘトですから、いかに体力がないかガッカリします。

27日に今シーズン初めてのプレーを予定していますので、それまで練習して体力をつけたいと考えています。


北上川の河畔を散歩する人の姿も見え、流れも、雲も春の装いでした。


 10日 (水)  春の大雪

昨晩からの暴風雪は今日も一日荒れていました。

朝までの雪は12センチくらいでしたが、せっかく「福寿草」も咲きそろい、本格的春の訪れを心待ちにしていたところに大雪です。

沿岸が積雪が多いようですが、チリ沖地震があった後だけに、また被害のないことを願っています。


樹齢1000年以上、30mもある鶴岡八幡宮のご神木の大イチョウが雪まじりの強風で倒壊したそうです。昨年4月3日に撮影したことを思い出し、アップしました。

堂々とした大イチョウの存在は、静御前の舞殿や朱塗りの楼門以上に、心揺さぶられるものがありました。

本当にもったいない気持ちでいっぱいです。


 14日 (日)  深呼吸

寒い日が続いていましたが、久しぶりに朝から良い天気です。


岩手公園は、マンサクが満開で、梅園にはひと足早く、ウメがほころびだしました。

二の丸からは岩手山の山ひだが青くクッキリ見え、鷲の雪形が出来ていました。

冬の間は足元を見て、空を見ることがないのかもしれんませんが、春になると、飛行機雲がよく見られます。。

中津川畔を歩く人の顔にも、微笑みが見られ、白鳥や、サギが春の日差しに輝く、川面を気持ちよさそうにスイスイ泳いでいました。

「春はいいな〜」と背伸びして空気をいっぱい吸い込みました。でも明日は早くも天気が崩れるようです。

画像をクリックすると大きくなります


 17日 (水)  ザゼンソウ

自宅から車で5分足らずの岩手牧場は、美しい「しだれ桜」の隠れた名所です。

しかも雪解けの今時分には、小川の周囲の湿地に、赤紫の衣をまとい座禅をする僧侶のような「ザゼンソウ」を見ることができます。

4月後半には、旧事務棟の周囲に樹齢100年ともいわれる「シダレザクラ」が咲き、小川の周囲には水仙が咲く風景を楽しむことができます。

陽が出ていましたが、時折小雪の降る中、ザゼンソウを見ながら、花の咲くころを想像して散策しました。

画像をクリックすると大きくなります


 19日 (金)  卒業式

画像をクリックすると大きくなります

風は冷たかったが、雲ひとつない良い天気でした。

孫の小学校の卒業式がありました。

子供たち3人も同じ小学校を卒業しましたが、卒業式に出席した記憶はありません。


115名の卒業生が体育館に入場して、校長先生から一人ひとり壇上で,卒業証書が授与されます。

卒業生のお別れの言葉、在校生の送る言葉の呼びかけ、卒業ソング、校歌を合唱しました。

「卒業証書授与式」と呼ばれ、イメージしていた卒業式とは全く様変わりしていました。


お昼に妻の「ちらしずし」で卒業をみんなでお祝いしました。


 20日 (土)  お彼岸

梅の蕾を食べるウソ お墓参り

朝から曇り空でしたが、日中は雨はなく、気温も高いようです。

高さの不揃いになっていた生垣を切り揃え、シダレウメの蕾のない長い枝を剪定して、久しぶりに庭仕事をしました。

剪定が済んだ梅に、2羽のウソが来て、蕾を食べ始め、思わず”ウッソー”と叫びたくなりました。

お彼岸過ぎからは、天気の良い日は庭仕事に忙しくなると思います。


終わってからお墓参りに行きました。

お墓にはお花が飾られ、お彼岸の墓参りの人々の姿が多く見られました。


 21日 (日)  黄砂

風雪の荒れた天気 黄砂の空

眼を覚ますと、外が黄色く見えます。

黄砂のようです。
雨や風は予報ほど今のところは強くないようです。

折角の連休、恨めしく思っている人も多いと思われます。


 24日 (水)  プリウス

プリウス

曇り空ですが久しぶりに暖かくなり、黄砂で汚れた車を洗いました。

6年になるプリウスは見違えるように綺麗になりました。

最近ブレーキなどで問題になっていますが、燃費が良く、最低でもリッター18q、条件が良いと27q走り、 今まで一度も故障なく満足しています。

6年も経つと、そろそろ買い替えを考える頃ですが、まだまだ大丈夫です。

車がだめになるか、こっちがダメになるか、競争です。


午後から四十四田ダム付近を散歩しましたが、釣りをする人がたくさんいました。老人と思ったら、最近は若者が釣りをするようです。

この暖かさも今日だけで、明日は雪なようです。しかも大雪の予報で嫌になってしまいます。


 25日 (木)  桃の花

桃の花

一日中雪降りで、最高気温も1℃位しかない寒い日でした。

真っすぐ伸びる若枝に、白や桃色や、紅がかった色合いの桃の花を、元気な子供の姿をイメージした絵を仕上げました。

延び延びになっていましたが、一か月遅れの桃の節句に間にあったようです。

いま一つ気に入りませんが、一つのことに取り組むこんな日もあってもいいのかもしれません。


だけど、今年初めてのゴルフを予定している土曜日はどうなるのでしょうか?


 28日 (日)  −9.2

雪

土曜日の朝は良い天気でしたが、午後から降り出した雪が、あっという間に積もって、ゴルフをキャンセルして良かったと思いました。

日曜日は、最低気温-9.2℃で真冬並みの寒さでした。

春らしい天気はこの先まだ望めそうもありません。

東京は寒くて、お花見は1週間も長く楽しめる?ようです。


盛岡の桜の開花は4月18日頃なようですが、福島や山形などはいつごろになるのか、花見に出かける日に悩まされています。


 31日 (水)  クロッカス

梅のつぼみ クロッカス

真冬のような寒さに、恨めしく空をながめている毎日です。

最近太陽発電パネルを付いたお宅を多く見ますが、不順な天候で発電は大丈夫か心配しています。

庭の河津桜はいまだ固い蕾で、生きているのかと心配です。

太陽の恵みの少なさを恨んでいる人間様と違い、庭の花々は春を謳歌するように咲いています。

福寿草はそろそろ終わりですが、代わってクロッカスが咲きだしました。

日だまりにはクリスマスローズも咲いていました。

梅のつぼみも色づきふっくらしてまもなく咲きだしそうです。

明日からは4月、春の陽気も間もなくです。