さんさ

子供さんさ

8月になっても暑い夏が戻ってきませんが、今日は久しぶりに真夏の太陽でした。

孫と「さんさ」に出かけました。

ようやく見つけた駐車場から、沢山の夜店が立ち並ぶ人の波で混雑した通りから会場にでました。
孫は目を輝かせ、一件、一件覗き込みなかなか離れようとはしません。悪いところを通ったようです。

今年のさんさは、「平泉の世界遺産登録を震災の復興へ」のテーマに盛り上がっていました。
特に伝統さんさの一糸乱れぬ踊りには、復興への勇気を与えられる思いでした。

孫は一昨年以来で、初めての時ほど興味がないようで、早く夜店に行って何かを買ってもらいたくて、そっちの方が気になる様子です。

2時間足らずのさんさ見物でしたが盛岡の夏祭りの大イベントは何はさておき必ず見たいと思っています。


武者修行

暑い日のゴルフ

朝から強い日差しで暑くなりそうです。

友人に誘われ久しぶりのホームコース以外でのプレーです。

数年ぶりでほとんどコースレイアウトは忘れていましたが、珍しいことにスタートホールでパー、8番ホールではピンそば50cmにオンしてバーディー、終わってみれば30台でした。
後半は暑さでばて気味でしたがそれでも80台でホールアウト、ここ10年内にない快挙です。

俺も捨てたものではないと自信を取り戻しました。

たまにはほかのコースへ武者修行も良いと思いました。


たなばた

たなばたさま

孫はさんさ踊りの翌日から39度台の熱、ジジに熱をうつすといって抱きついてきました。
翌日には平熱近くに下がり、風邪をうつしたと喜んでいましたが、病院の坐薬が利いたようです。
しばらくは、家で静かにと思いますが、飛び回っています。

隣家の境のモッコウバラがヒバより高く伸びているのが気になって、昨日から炎天の中剪定しました。
やりだすとやめられない性分で、2日がかりでごみ袋17袋も出ました。
暑い2日間でスッカリ体力を消耗し、ダイエットには最高でした。

午後は風邪がすっかり良くなった孫と七夕を見に行きました。
千羽鶴の飾りが多いせいか、華美な飾りが少なくなったのか、落ち着いた感じで例年以上にきれいに見えました。
孫は通りのあちこちに飾られている氷の彫刻に興味があるようで、冷たい感触に気持ちよさそうに目を細めていました。

蔵造りの喫茶店の「赤パフェ」に大感激、美味しいイチゴパフェをおすそ分けになって涼しくなって帰りました。


チョト一息

先月23日から帰省していた孫が9日、10日とお父さんの実家にお泊りに行き、ホッとしたような、さびしいような気分でした。
忙しさに気が付かなうちにゴーヤが生っていました。沖縄でもゴーヤーチャンプルーなどで食べましたが、苦味がいまいち好きになれませんが、ゴツゴツした緑色の素朴なかたちが好きです。

近くのりんご園のリンゴが少し色づいていました。
8日が立秋でしたから不思議もないのですが、暑い毎日が続き秋はまだまだ先のことと思っていました。

親子テニス教室がありました。
ボールを打つ感覚を基礎から学び、ボレーまで約2時間びっしり練習しました。もともと動くことが好きな孫は元気に全コースを完了しシールをもらって満足げです。しかも大きな袋に入った花火と、柔らかなテニスボールをお土産にもらいました。

今日は午前中から御所湖のファミリーランドに行きました。事前の下見で、連れて来たいところの一つでした。
子供のひざ下くらいの池でジャブジャブ水遊びをしたり、ロープを引張って移動するいかだ、アスレチックや滑り台のある海賊船など楽しい遊具もあります。年長のお姉ちゃんに遊んでもらってとても楽しく別れがたく泣き出し帰ろうとしませんでした。

明日からはお休みになったお父さんへバトンタッチをして少しゆっくりしようと思います。


ヒマワリ

ヒマワリ 覆馬場

東北農業研究センターにヒマワリが朝日を浴びて咲いていました。
ヒマワリに放射性物質を吸収させ、細菌で少量化する話を聞きましたが、震災復興の象徴のように力強く生き生きとした美しさでした。

敷地内のはずれに、何か曰くありげな古色蒼然とした木造の建物を見つけました。
岩手種場所があった明治41年に建てられ、内部は柱がない覆馬場で、種馬や子馬を運動させる全天候型運動場でした。
100年以上もの長い間風雪に耐え現在も農機具倉庫として使われているそうです。

娘は友人とランチに孫と出かけました。その間お墓参りをしました。

孫が一人増え12名みんな揃って、バーベキューで飲んで食べて楽しくお盆を迎えました。


孫の夏休み

鉈屋町の迎え火 お墓参り 水泳

孫の夏休みをあれこれ計画していましたが、熱を出したこともあって近所や家で遊ぶことが多い3週間でした。

4か月のいとこの赤ちゃんに念願のミルクを授乳、お墓参りや、お盆の迎え火をしたり、
市の温水プールでは浮き袋をつけ自由自在に波に乗って泳ぐことができるようになり楽しくて2日も通いました。

3才にしては活発で、口が達者で、ジィジ、バァバが振り回されていました。
帰り際何が楽しかったかと聞くと“お家に帰れるのが一番”といって嬉々として帰えりました。


孫の子育て

無心に遊ぶ孫

横浜の孫が帰った翌日から、次男夫婦の赤ちゃんの子守りを2泊3日の予定で頼まれました。

あまり手がかからないと聞いていましたが、何せまだ4か月、
妻も心配だったようですが、ミルクを催促して泣くぐらいでした。

抱っこして歩るくと機嫌がよく、そのうち寝てしまいます。
お風呂も大好きで、ミルクを飲んで、朝まで続けて眠りますが、
添い寝をする妻が何度も目を覚ましたようです。

本当に良い子ですが、妻は気が休まる時がなかったようです。

何もしない私も、子育ての大変さを今さら知りました。

お盆過ぎから、雨模様になり気温も急に下がり、秋が一気にやってきたような感じがします。

横浜は今日も猛暑日で暑さが続いていますが、孫はやっぱりお家が良いようで、元気にご飯をモリモリ食べていました。


イモほり

イモほり 県人絵画展

孫とイモほりができずに、妻と二人でほりました。
何か一つ盛り上がらない気分で、天気も小雨模様です。

猫の額のような畑で、丸々とした見事な男爵を収穫しました。
そのほかネギ、トマトやピーマンなどを需給自足しています。

今日で最終日の「東京岩手美術展」は岩手ゆかりの画家が作品を発表し、岩手の文化向上を図る目的なそうです。

40数名の作家による、郷土岩手を回想する風景や、美しい三陸の風景は震災から立ち上がる力を与えてくれるようです。


ゴウヤ

ゴウヤ ゴウヤチャンプル

お盆明けから雨が降り続き、急に秋めいてきましたが、久しぶりに夕焼けでした。

窓の日よけのゴウヤが夕焼けに照らされ20pくらいになり、ちょうど食べごろになりました
食べる前に絵をかいて料理をしてもらいました。

新鮮なシャキシャキとした歯触りで、味も品の良い苦味ですが?やはり苦手で、味を消すために豚肉にくるんで食べました。

年に一度くらいは味わうのも良いと思いますが、それ以上は・・・好きになろうと思います。


チップインバーディ

チップインバーディ

スカイブルーの空に秋を思わせるすじ雲が白い線を引き、実りの秋にさきがけ水田には案山子を見ました。

今月初めには30台が出てゴルフにはチョット気分を良くしていました。
175ヤード、4番アイアン、アプローチからパター・・・ナナント10数mもある距離をチップインバーディ。
まぐれとは言え何とも気分のいいこと・・・またまた快挙です。

午後は前夜友人との酒が過ぎたのか、ぶり返した暑さのためか、思うようにいきませんでした。
幸いハンディに恵まれ、準優勝…これがあるからゴルフは止められません。


郷土芸能

肴町のアーケードで「もりおか郷土芸能フェス」がありました。
盛岡は「さんさ踊り」に代表されますが、他にもこんなに素晴らしい郷土芸能があるのを発見しました。

平泉高舘を踊の装束で陥落した舞が簗川に伝承された簗川高舘剣舞。

太鼓や笛の音に合わせ獅子がユーモラスに舞う姿が楽しい澤目獅子踊。

野山を駆け回る若駒の様子を小学生が舞う外山駒踊り。

釜石を代表する郷土芸能・虎舞が特別出演をして観衆の大喝采を受けました。


ページの先頭へ↑