孫の運動会

大きな森の中にある幼稚園で、裏山からお尻で滑り下り、竹林の中を駆けっこをし、毎日ドロンコになって帰ってくると聞いていました。

園舎の前の花壇にはお米が重そうに穂を垂れ、野菜、栗ひろい、タケノコ狩りもするようです。

今日は心配していた天気にも恵まれ、運動会日和です。

孫は初めての運動会で緊張していたようですが、年少の障害物競走も元気に頑張りました。
お母さんとダンス、お父さんが引っ張る段ボールのそりの競争など楽しそうでした。

年長の組体操がとても立派でした。2年後の組体操を応援に来る楽しみができました。


海ほたる

飛行機からは何度か見ていましたが、東京湾に作られた人口の島「海ほたる」に来るのは初めてで、薄曇りで海風は少し冷たい感じでした。

1996年から2年間かけて9.5mの2本の海底トンネルを8基のシールドマシン(掘削機)で掘削し、その本物の超合金のカッターが付いた巨大なモニュメントが木更津側の5階建て巨大な軍艦のようなPA「海ほたる」で見ました。

全長15kmの東京湾アクアラインを利用すると川崎から木更津間は30分、この夏、佐原まで半日もかかったのがウソのようです。

千葉のドライブインで魚料理の昼食を食べて、南房の砂浜で貝殻拾いをして遊び帰りましたが、あっという間に日が暮れ「みなとみらい21」のイルミネーションは震災前の明るさはなかったようです。


ヒガンバナ

10月に入ってヒガンバナは咲いていないと期待もしていませんでしたがちょうど見ごろでした。

今年は彼岸のころ暖かく、涼しくなった今頃咲きだしたようです。

多い少ないはありますが、ほとんどのお寺さんで咲いていました。
良く目にするのは朱赤ですが、お寺さんには白や黄色なども厳粛で似つかわしいようです。

5年前から意識的に始めた鎌倉の寺巡りはほぼ一巡したようです。
これからは何かテーマを設けて巡りたいと思います。


フォトD作品展

フォトD作品展が始まりました。

会員25人、65作品が展示され好評です。

お近くにおいでの節は是非お立ち寄りください。


お薬師さんのイチョウ

フォトDの作品展は例年にないご来場をいただき感謝しています。

つぶらな瞳の少女の絵に魅かれ、盛久ギャラリーの絵画展を見に行きました。
油彩でも、水彩でもない不思議な作品です。
お聞きすると「凹版メディウム剥がし刷り」という版画の一種なそうです。
国内で広く活躍している盛岡出身の女性作家の個展でした。



今日は体育の日で晴れの特異日ですが、時折空が真っ黒になって雨が降り出すような不安定な日でした。
それでも午前中は庭の草取りができ、きれいになった庭を見て気持ちは晴れ晴れです。

お薬師さんにギンナン拾いに行きましたが、まだ早かったようですが2つかみほど拾いました。

近くを流れる簗川で遡上する鮭をたくさん見られました。

冷たい雨上がりの朝、地面が黄色いイチョウとギンナンに敷き詰められると秋も一層深まります。


柿食うカラス

岩手大学の植物園には大きな甘柿と渋柿があります。
甘柿は早くも熟して,周囲に沢山落ちていました。

木の陰に隠れるように、柿を無心に食べている数羽のカラスがいました。
雑食のカラスは柿も好物のようです。

賢治センター前には豆がきが沢山実をつけていましたが、まだ熟していません。
子供のころよく食べた記憶がありますが、味を忘れてしまいましたがキット美味しかったのでしょうネ?


秋深し

先週の土曜日,雨でゴルフが
延びて以来、久しぶりに晴れ、肌に冷たい3.9℃の寒い朝
でした。

朝ご飯もそこそこに庭に出ると、白とピンクの咲き分けの
ハギが青空に爽やかな香りを漂わせ咲いていました。

普段気にもしなかったダイモンジソウや、昨年妻が深大寺から大事に持ち帰った白とブルーのシャジンも咲いています。

午後、水彩画教室のあと「盛岡水彩画会展」を見て、水彩画の手法を学び、感心し興奮をして、岩手公園の秋を見に立ち寄りました。

トチノ木の落葉の上をカシャカシャ音をたてて子供たちが遊んでいました。

サトウカエデは間もなく散りそうで、ハウチワカエデは真っ赤に色づいていました。

風呂あがりハクチョウの鳴き声を聞きました。
冴え冴えとした月明かりの中飛来する一団を残念ながら見ることはできませんでした。

秋は思っている以上に深まっているようでした。


ロスト

ゴルフ

先週の土曜日延期されたゴルフは今週も大雨の予報で心配されましたが、幸い雨にあわず10月の例会ができました。

昨夜の雨で葉がフェアウエーに落ち、濡れた木々がシットリと落ち着いた色合いです。

ハーフはプレーに専念したつもりですが、なかなかスコアにあらわれません。

残りハーフは開き直って、紅葉の景色を撮りながらプレーしました。

リズムが合うのか、スコアがよくなって、最終ホール160ヤードを6番アイアンで2オンを狙いましたが、右に押し出し、しかも
ロストと悲しい結末になりました。


美術館とジャンボ市

「アートのチカラ、いわてのタカラ」県立美術館の復興支援の事業です。

震災後の7月から開幕された第2弾、県内ゆかりの作家の現代までのアートで力づける展示会でした。

グランド・ギャラリーではチエロとピアノのコンサート、
耳慣れたクラッシクや現代音楽を楽しみました。






すき焼きの白菜を買いに行った土日ジャンボ市は10数年ぶりです。

食品から日用品まで何でもそろう、まさにマーケットです。

商品の特徴など巧みに描かれた楽しいイラストが売り場の
各所にありました。

買い手は売り手と会話を楽しんで買い物をしています。

忌まわしい震災を忘れさせる描きと活気と、楽しさです。


紅葉

岩手山に雪が3度、そろそろ里にも初雪がありそうですが、11月は暖かく12月にずれこむようです。

久しぶりに晴れ、紅葉も見ごろと、早起きして運動公園に行きました。

トチの葉、イチョウは真っ黄色に紅葉して朝の光に輝き、白い息を吐いてウオーキングをする人、グランドゴルフをする人でいっぱいです。

でも、日本庭園のモミジは茶褐色に縮れて例年の美しさはありません。

午後に行った岩手公園の紅葉もきれいではありません。
公園管理の人に聞くと紅葉の時期が雨続きで天気が良くなかったことが原因なそうです。

中央公民館も同じで、ここも美しい紅葉に恵まれなかったようですが、お庭に飾られ現代アートが不思議な調和で寂しさを和らげてくれました。


ハクチョウ

冷えた水面から朝霧がわき、辺りに立ち込めています。

数十羽のハクチョウが長旅の疲れをいやすように高松の池にゆったりと浮かんでいます。

羽を伸ばして大あくび?をするハクチョウにびっくりしてカモが眺めています。

震災の日一斉に飛び去ったハクチョウがまた来てくれたといういつもとは違う思いで眺めました。


70億人の誕生日

リンゴがスッパイ!

昨日久しぶりに次男の孫が遊びに来ました。

間もなく7か月で離乳食も始まり、歯が2本はえました。
リンゴをなめてスッパかったのか?顔をクシャクシャにさせ震え上がったのにビックリしたり、可笑しいやら。

横浜の孫は今日で4才の誕生日で、

世界の人口70億人目の赤ちゃんが誕生した記念日です。

世界中の子供たちが皆平等に幸福に成長してほしいと願っています。

明日からは11月、ニューヨークは季節外れの大雪なようですが、急に寒くならないように願っています。


ページの先頭へ↑