秋日和

11月になっても暖かい日が続いて、高い青空には飛行機雲が幾筋も引かれている穏やかな秋日和です。

山の紅葉もそろそろ終わったころ?と思いつつも陽気に誘われ滝沢の県立森林公園に出かけました。

オオウチワカエデが黄色や朱色に紅葉し秋の柔らかな日差しにキラキラ輝き、まだまだきれいです。
イロハモミジは葉緑、黄、朱、紅と紅葉の移ろいを楽しませてくれます。

ガマズミの真っ赤な実、紅葉し丸まった葉の虫食いの?無数の穴・・・自然の造形の美しさにしばらく見とれていました。

秋の山の木々の紅葉を満喫し、帰るころにはいつしか日が陰り、県立大学の図書館の丸い大屋根が残照を受けてにぶく光っていました。


文化の日は

収穫の終わったトマトや朝顔のつる、切り捨てたまま放置していた枝を束ねて、清掃車の回収に間に合せました。

朝飯前に大仕事をして汗を流して、その後は続きの絵をちょっと描いて午前中はお終い。

午後は、公民館の紅葉や中津川の秋の景色を楽しみながら、絵の先生の個展を見に会場に行きました。

この一か月余りに描かれたという30点余りの作品は震災の思いを癒すようにやさしい色合いと形に表現されていました。

赤や黄色に染まった山、穏やかに流れる中津川を眺めながら行きとは反対側の遊歩道を帰りました。

何とはなく一日を終わった文化の日でした。


見頃

週末に天気が崩れるパターンで昨日も雨、今日は良い天気に恵まれました。

岩手公園の紅葉は先月末より今がちょうど見ごろ、雨あがりに秋の日がふりそそぎ一層美しく輝き、紅葉見物の人で賑わっていました。

盛岡歴史文化館では盛岡の昔懐かしい写真展が開催され、定点対比で昔と今を懐かしく見ました。

デパートのギャラリーでは盛岡出身でパリ在住の作家の絵画展があり、実際に作品を見てその素晴らしさに感激しました。

風邪をひいている妻のお土産に地下でケーキを買って、外に出るとすでに真っ暗、クリスマスセールのバナーが風に揺れていました。


立冬

立冬の朝は思ったほど寒くなく、裾から色とりどりの紅葉に飾られた岩手山がクッキリ見える空気の澄んだ良い天気です。

少し風邪気味でしたが、妻の制止を振り切るようにして出かけました。

岩手牧場の入り口から見える岩手山は大空にスキットそびえ凛々しく見えます。
中に入ると沢山の人がススキの刈り払いをしていました。

春一番に水芭蕉やザゼンソウの咲く湿地に生い茂るススキを盛岡農業高校の生徒さんなど多くの人で刈り取っていました。
希少動植物の生息する湿地がこのようにして保護されていることを初めて知りました。

運動公園の大きな池の水を抜いて、落ち葉やゴミなどを掃除し、網で鯉を引き上げて冬眠させる深い場所に移しています。
この時期クロマツなど木の剪定はよく見ますが、池の底ざらいを見るのは初めてです。

あちこちで秋じまいが始まると、我が家も急がなければと落ち着かない気分です。


初霜・初氷

例年に比べて暖かい日が続いていましたが、今朝は氷点下0.2℃で初霜・初氷を記録した今秋一番の寒さでした。

愛車のフロントガラスの霜が真っ白に凍って、庭の落ち葉や土も凍っていました。

ハボタンだけは、寒さをもものともせずに元気に笑いかけているようです。

内丸通りはトチの木の落ち葉で覆われ、木枯らしに舞い踊っています。

裁判所の石割桜の葉もすっかり落ち、黒い枝だけが目につきます。

間もなく冬囲いがされ、初雪が降るのもまじかです。


最終戦

数メートル先も見えない濃霧もスタートのころは上がって、風もなく、暑くも寒くもない絶好のゴルフ日和です。

黒い枝に残り少なくなった紅葉が秋の柔らかな日差しに透け一層あざやかです。

最終戦に優勝!とひそかに思ってプレーをしました。

自分なりに良いスコアと思っていましたが、みんな健闘して、結果は3位でした。

年間8回の熱戦も終わり、夜は懇親会で楽しく締めくくりをしました。

この分ではまだまだ出来そうなので、あと2,3回はしたいと思っています。


雨上がり

昨日とは変わって朝から雨、絵をかいたり、写真の整理をしていましたが、昼過ぎから雨が上がったようです。

蜘蛛の糸に引っかり風にくるくる回る落ち葉、晩秋に咲くバラに雨の雫、黄色になったギボウシの葉に真っ赤なニシキギ、
雨上がりの庭には美しい光景がいっぱいありました。

運動公園の紅葉は雨に濡れてシットリと美しさを取り戻し、イロハモミジは?真っ赤に紅葉して今時分一番綺麗なようでした。


初雪・初積雪

初雪

昨晩寝る前に外に出ると雪の臭いをのせた北風が吹き、初雪を思わせました。

今朝7時頃目を覚ますと、屋根も車も真っ白、初雪と初積雪が同時にやってきました。

先週の土曜日の天気から思うとまだまだ先のことと思っていましたが、季節は正直です。

今週の土曜日もゴルフの予定をしていましたが、残念ながら出来ないかもしれません。


天気を選んで

晴れて天気が良くても風は冷たく、街路樹の葉も落ち、防寒コート姿がめっきり多くなりました。

18日は今秋一番の寒さの
-2.4℃、内丸通りのトチの落ち葉が風に舞っていました。

朝から雨ふりでしたが、ゴルフに出かけました。
雨は時折降る程度でしたが、晩秋の雨はとても冷たく、手がかじかむほどでした。
なえる気持ちを奮い立たせ頑張りました。
次は天気を選んでプレーをすることにします。


本格的な冬

事故でもあったのか?自衛隊の演習か?2機のヘリが幾度も上空を旋回している。
銀色に輝く飛行機も何基も飛んでいる。

下に目を移すと、梅の木にカマキリの巣がある。
高いところに巣を作ると雪が多いといわれるが、この分では今冬は大雪が予想される。
何時になく息子たちも早々にタイヤ交換をした。

夏タイヤを整理し、ついでに小屋の掃除をしたら半日かかった。

夕方からしぐれて急に寒くなった。
ニシキギの葉もほとんど落ちて、数枚残った赤い葉がかわいく、いとおしく見える。

11月も残すところ10日、本格的な冬の訪れです。


勤労感謝の日

大根

雪が降る前に家族4台の駐車場のアスファルト補修をし、
ついでに奥に少し深くしようと考えました。

広げる部分にあるスイセン、シャクヤク、ムスカリなどなどの
球根を午前中から堀上げました。

日も照りだし、気分も乗って、いつの間にかベニカナメの生垣の下にあるサツキも掘り起こしました。

10数年もたっていますので大きな株になっていて妻を相手に
8株を掘り起こすのに休憩なし、昼抜きで3時までかかりました。

腰が痛くなって、妻は歩くこともできないほど疲れたようです。

生垣の根元のサツキがなくなり、サッパリして風通しがよくなり、丸々太った大根も雪が積もるまでモット太って収穫できると思います。

それにしても思わぬ大変な勤労感謝の日になりました。


プリンター

新しいプリンタ

'09/1/12買ったプリンターが故障し、プリントできなくなりました。

紙や異物が詰まっているか(調べてましたが見つけられませんでした。)、インクの廃液吸収帯が一杯になったなどが原因なようですが、修理に出さなければならないようです。

修理するくらいなら、買った方が安いと思いあきらめました。

前々から買おうと思っていたA3プリンターの新製品がエプソンが出ましたので通販で注文しました。
翌日届いて早速使ってみましたが、故障したプリンターに比較して起動時間も早く、印刷時間も格段早くなったようです。

写真のトリミングも出来、A3は絵のスキャニングや下書きのコピーに威力を発揮しそうです。

ファックスの設定をし、機能チェックして、モジュラージャックに接続しましたが、送信も受信もまったく通信不能でした。

何度も試みましたがダメで、インターネットで調べると、ADSL回線では「ラインセパレータ内蔵 スプリッタ」を付けなければならないことが分かって早速買って取り付けると、見事に?開通しました。
悩みに悩んで一気に解決し胸のつかえが取れました。

故障したはずのプリンターを使ってみると何事もなかったように動きだしました。
捨てられては大変?と思って動き出したのでしょうか? スペアも必要なのでよかったと喜んでいます。

また気分を良くして、私の部屋のTVのBSケーブルから分配器を介して、寝室へBSケーブルを引いてBSが見ることが出来るようにしました。

スリッタや分配器など普段あまり用のないものに振り回された数日でした。


分配器つづき

分配器 箱の説明図濃霧にスッポリ覆われた暖かい朝です。

昼過ぎから、ベニカナメの剪定をしましたが、ゴルフシャツ一枚でも寒くなく最高気温が13度あったようです。

妻は一年点検でタイヤ交換をしてもらい、交換していないのは私の車だけになりましたが、この暖かさではその気分にはなりません。


ところで、工具箱に入っていた分配器でBS電波を2分配して2台のTVに接続しましたが、上手くいきませんでした。

私の知恵袋のインターネットで調べてみると、「全端子電流通過型分配器」を取付けなければならないようで、ホームセンターで¥1.580で買って取付けました。

しかし、これでも安定的に電波を送ってくれません。

TVのマニュアルを読むと、何やらTV側を「コンバータ電源の連動」に設定しなければならないようです。
しかし、私のTVを見ていないときは時は、寝室のTVのBSは見られません。

悩んだすえ、寝室がわのTVも「コンバータ電源の連動」に設定して無事解決、素人にはなかなか理解しにくいことでした。


明日は師走

ヴィオラ ヤブコウジ

時折小雨の降る寒い日です。

絵画教室に行こうと車に乗ると、ウインドウに濡れ落ち葉が貼りついていて、さびしい感じです。

孫の誕生日祝いとクリスマスプレゼントに描いていた絵を先生に見てもらいました。
孫がさらにかわいらしく描けて、うれしく、楽しい気持ちになりました。
これを参考に完成品を描いて送ろうと思っています。

ウメモドキ、南天の実が寂しくなった庭を飾っています。
ヒッソリと庭石に隠れた赤い実のヤブコウジが存在を訴え、ヴィオラは可憐な美しさを誇示していました。

明日からもう12月、月並みですが月日のたつのは本当に早やいものです。


ページの先頭へ↑