タイヤ交換

雪の前のタイヤ交換

天気予報ではまだ雪が降りそうもないが、12月に入った今日、タイヤ交換することにした。

雪の中でする作業より当然楽だった。チョト余裕があって妻と自分のタイヤに空気入れた。
あと一本で終わるときコンプレッサーの音が小さくなって止まってしまった。

ウッカリ、エンジンをかけずに車の電源からコンプレッサーを使ったためにバッテリーがあがってしまったようだ。
プリウスはバッテリーがどこにあるかわからず、困ってトヨペットに電話すると、早速営業の方が充電器を持って駆け付けてくれ本当に助かった。

お互い忙しい師走にウッカリ失敗には気を付けたい。


忘年会

ランチで忘年会

ノロウイルスに感染した?孫を家に連れてきたが、意外に元気で心配がないようだ。
妻曰く「3人の子供と、4人の孫のうち7番目で初めて本気に子育てをしている」と言っている。

孫が気がかりだったがフォトDの忘年会へ昼前に出かけた。
ビールで乾杯し、21人の仲間と中華ランチで楽しい会話の忘年会だった。
お酒が飲みたい人は自前で注文、女性が多いだけにこれもいいと思った。

帰りはあまり寒くもなかったので北上川沿いの遊歩道を雪化粧をした岩手山を眺め、北上川のせせらぎを聞きながら久しぶりに歩いた。

玄関に入ると待ちかねていたように元気な声で「オカエリ〜」と迎えてくれた。
この分では明日は保育園に行けそうだ。


大雪タイセツの日の地震

ウインドウが凍りつく寒い大雪の日

昨晩は暴風雪警報、幸い大雪タイセツの今朝は数センチの積雪だった。
日中は気温が上がらず1℃を切る寒い日、夕方まで車のウインドウがガーンと氷っていた。

孫のお母さんが忘年会で今晩は遅くなるので、替わって保育園に迎えに行った。
保育園はイルミネーションやクリスマスの飾り付けがされ綺麗だった。

帰宅の車で渋滞した道を急いで帰ってきた。交差点を曲がると間もなく家だというところで、
ハンドルが取られ、思うように右折できない。
電柱が右に左にぐらぐら揺れ,あの日のことが脳裏をよぎった。幸い長くなかったが震度は強いことは分かった。家の中はサホドのこともなかったが、5弱で津波警報も出て恐ろしい思いをした。


大雪

庭園灯の雪の傘

昨日は暦に一日遅れて本格的な雪降り、一日中降って23cm、朝と夕方2回雪かきをした。
降りはじめは特に良く雪かきをしないとアイスバーンになって歩るくにも、車もスリップして一冬危ない思いをする。
今日も朝から降っていたが,昼ごろ止んで雪かき。
まだ今頃は運動のつもりでハリキッテしているが毎日降ると、捨て場所にも困りウンザリする。
庭の雪景色を面白がって撮っているが総てがモノトーンの世界でだんだん飽きてくる。

お婆ちゃんの年賀状を作って印刷した。
自分のはヘビに星座をあしらったイラストを描いたが今一満足できない。
自分の干支でヘビというのが気乗りしない原因かも知れない。

明日も降りつずくようだが、英語クラスの忘年会があるので余り荒れないでほしいと思う。


最後の忘年会

夕暮れ迫る中津川畔

今日も大雪の予報だったが、朝から良い天気で木の枝に積もった新雪が陽に輝いて美しい。
2時頃お歳暮を買う妻と出かけ、久しぶりに岩手公園や中津川畔の雪のある風景を楽しんだ。
ウンザリするほど長い冬だがこの時期の雪景色は違う。
汚れのない美しい新雪の道が長く続き、屋根を覆う雪も純白でけがれなく美しい。

ザクザクの道に足が取られないように気を付けながら歩いた。
薄暗くなって妻に電話すると、混んでいてまだ終わらないという。

5時から英語の忘年会で、私たちの先生だったベッキーも仕事を終わって駆けつけてくれた。 今年も、来年も元気に活躍できるように乾杯、楽しく美味しくお酒をいただいた。
これで忘年会はすべて終わって、残念なような気もする。


-8℃

早くも湖面一面に氷った高松の池

今朝の最低気温は氷点下8℃で平年より6度も低いそうだ。
庭のサツキの葉が真っ白に氷って美しい氷の模様を描いている。

英語の帰り立ち寄った高松の池のハクチョウたちは真冬並みの寒波を喜んでいるように元気に羽ばたきここだけは寒さは関係ないようだ。

北極の偏西風が日本まで張りだし寒波はしばらく居座っているようだ。


クリスマス寒波?

熱い硫黄泉に癒された網張温泉館

クリスマスローズの大きなつぼみ

先週末の大雪も数日の暖かさで大分融けた。
長靴が埋まるほどだった庭の雪もほとんど消え、クリスマスローズの青々とした大きな蕾を見つけた。
4月ごろ咲く蕾がこんなに大きくなっているのが不思議だ。
沈丁花の花芽も今にも咲きそうなほど大きかった。

午後、久しぶりに網張温泉に行ったが道路には雪がなく、
スキー場も全く人影が感じられない。
熱い硫黄泉は身体によく効くようで気持ちいい。痛めた足の筋にもキット良いと思う。

この暖かさも長く続かずクリスマス寒波が襲来する予報に、暖かくなった気持ちも冷める思いだ。


お稽古おさめ

夜の街のイルミネーション

今年最後の絵画教室の作品

今日の英語教室で今年のお稽古事?は終わった。

昨日は絵画教室で、御所車とさくらに見事な筆で「迎春」、
新春らしい絵を仕上げた仲間もいた。
赤々と燃えるような冬の花シクラメンを私は描いた。

夜はゴルフの友達の誘いで飲んだ。これで飲みおさめ?
キリット冷えた漆黒の冬空にイルミネーションが美しかった。


今年もあとわずか

運動公園

運動公園フォトコンテストの作品

北郵便局

大雪の中の年賀状の投函ョン

孫のクリスマスプレゼント

師走の気分にならないうちに今年も余すところ1週間、
昨日、孫はお父さん、お母さんがお買い物の間、家でお留守番。 あとを追う風もなく手を振って「バィバィ」。
クレヨンセットと動物、乗り物の絵本を買って来てもらい、
ジィジとバァバからのプレゼントと言ってもまだ分かりません。
お父さんお母さんに甘えるのが一番うれしいようです。
遅くなったので一緒に夕食をしてクリスマスを祝いました。

クリスマスの今日は朝から雪が降って白一色になりました。
郵便局へ年賀状を出しに行き、運動公園に立寄り「運動公園フォトコンテスト」の入選発表作品を見ました。
私の作品は入選はしていませんでしたが20枚のうちに展示されていました。

雪は一日中降って20pくらい積もったでしょうか?明日の雪かきが大変です。


ああ無情

北郵便局

映画は楽しいですね

子供のころ、わら半紙に、墨の挿絵の粗末な文学全集に胸とどろかして読んでいました。

ジャン・バルジャンがパリの下水道を通ってジャベェールの執拗な追跡を逃れるシーンを想像していました。

「ああ無情」のミュージカルの映画版を見て、それぞれの愛に感動して、少年の頃の記憶に浸たった楽しい時でした。

氷点下4℃の真冬日、小雪の舞う寒い師走の現実に戻りました。


時折小雪降る大晦日

思った通りの花瓶

夕顔瀬橋付近

30日は雨降りの一日

昨日は、雨で雪が大分とけ、2日に来る横浜の孫は庭で雪遊びを楽しみにしているが?

妻の母に年末のご挨拶と、父を拝みに行った。
92才の母は少し風邪気味と言っていたが、新春の生花をしていた。
花を数本挿し、スケッチするとき、口が細く、重心の低い、どっしりした花瓶がほしかった。
思った通りの花瓶をさがしてしてくれ、さすが頭も冴えていると感心。
すす払い、障子貼り、御幣を作って神棚の掃除、いつになく念を入れて掃除をした。
新しい年は自分の干支で特に力が入った。

薄曇りで、時折雪が舞う静かな大晦日、紅白歌合戦の途中に書いています。
本当に今年はお世話になりました。来年も皆さまには良い年になりますようお祈りいたします。


ページの先頭へ↑