記録的な大雨

水たまりの出来た庭

雨で落ちたノウゼンカツラ

昨日からの雨は、夜9時過ぎなっても降り続いて、7月の降水量として記録的な大雨なそうです。

6時から始まった「盛岡さんさ踊り」も雨で大変だろうと気をもんでいますが、昨年はミシガン州にいて40℃の暑さと、ガンガン効かせた冷房に参っていたことを思い出しました。
同じ日本で猛暑や水不足で困っているところもあり、なかなかうまくいかないものです。

明日、横浜の孫が夏休みで来ます。次男の孫は年長組がさんさ踊りにに出るために、早くむかえに行って、みんなで「さんさ踊り」を見物をしたいと思っていますが、天気が心配です。


さんさ踊り

夜店

夜店のおもちゃに夢中

さんさ踊り

子供たちも元気にさんさ

久しぶりに目にした岩手山

蜜を吸うアゲハ

朝の日差しを受け、アゲハ蝶は庭を舞い、花の蜜を吸っていました。くっきり青い稜線の岩手山を見るのも久しぶりです。
見るものすべてが生き生きしている感じです。

保育園に孫をむかえ、駅で横浜の孫を迎え、お昼ご飯のあと昼寝をしました。

横浜の孫は浴衣で踊るのを楽しみにして、踊りのふりを真似ていました。下の孫は踊る鉄神ガンライザー(大好きなご当地ヒーロー)に目を輝かせていました。
夜店の並ぶ通りは歩けないほど混んで、ようやくお目当てのお店でおもちゃを手に気に入ったものを探していました。

下の子は横浜のお姉ちゃんの真似をして二人で楽しく夜遅くまで遊びました。


梅雨明け

大喜びの花火

大工さんごっこ

ようやく梅雨が明けました。平年より6日、昨年より8日遅かったそうです。やれやれです。

お婆ちゃんの丹精込めたトマト、ピーマン、キュウリ、ナスなどの野菜を収穫し、おじいちゃんの金づちで釘を打ち大工さんごっこ、庭でまだ冷たい水で遊び、真夏日にちょっと手前の夏の日差しを十分楽しみました。

お昼寝をして、夜は花火をしました。2才の孫は初めてのことばっかりで少し興奮気味でした。


夏開幕

完成した孫の踏み台

原敬の生家

原敬の生家とカツラの木

梅雨が明けて夏らしくなった日曜の運動公園は、親子連れ、スポーツを楽しむ人で賑わい、噴水に入って水遊びをする子供たちもいた。

月曜日はテニスのあと急いで朝食をとって、ゴルフへ行った。
暑さはサホドでもなかったが湿度は結構あったと思う。
疲れのためか?午後の一番ホールで大叩きをして調子が戻らなかったが、パーを3ホール続け何とか大負けしないで済んだ。

今日は絵画教室で、先週から続いて原敬の生家のカツラの木を先生のアドバイスで手直しをした。下絵から彩色まではスムーズだったが、最終仕上げに結構かかったが、納得できる作品になった気がする。

孫の踏み台も合間合間に作りこちらも最後の塗装をして完成した。きっと喜んでもらえるものと思う。延び延びになっていた車の給油、洗車、オイル交換も、今夏最高の32℃の中 一度に片づけた。夏は夏らしくなって、気持ちも前向きになるようだ。


記録的大雨

朝から激しい雨

ゴルフ

慎重にラインを読んで

昨日はゴルフで天気も良くまずまずでしたが、今日は朝から激しい雨です。

予定を変えてデパートに行くことにしました。孫はお買い物が嫌いで、お母さんがショッピングする間、ゲームコーナーなどで面倒見なければなりません。
3人をデパートに置いてから、先日描いた作品を原敬記念館に搬入しました。展示させていただき有難い気持ちですが、多くの方々にご覧いただければうれしいと思っています。

この雨で北上川や雫石川は濁流になって堤防を決壊するほどの勢いでした。夏が戻ってホットしたのもつかの間、記録的な大雨に驚きです。


いわて子供の森

4時過ぎに帰りました

〒バイクに乗って

いわて子供の森

滝のカーテンで

いわて子供の森

ひざ丈の水位で水遊び、金髪の子も

横浜の孫の3年前の思い出の奥中山「いわて子供の森」に行った。昨日の豪雨がウソのように真夏の太陽がさんさんと輝き、お昼ご飯もそこそこに「水の広場」へ降りた。三沢基地から来たと思われる外国人の家族?も数組いて国際色豊か。
初めて来た2歳の孫の膝下の水位で、保育園のビニールプールしか知らない孫には「ジィジィ!プール遊びは楽しいね!」と耳打ちしたようにジャブジャブプールは広くて心底楽しかったと思う。
3時近くになってようやく館内に入ったが、こちらも魅力いっぱい、あこがれの赤いゆうびんバイクに乗って、電車の車掌さんごっこなど、お姉ちゃんのあとを追う様に4時頃まで遊んだが、二人ともまだ帰ろうとしなかった。
こんなに素晴らしい施設が無料で利用できるのは親にとっても、子供にも幸せなことと思った。

今年で11年目の夏を迎え、来館者200万人を達成したそうだ。また来年も連れてこようと思う


最高気温更新

滝沢

ナナカマドと積乱雲

岩手公園

イロハモミジのトンネル

各地で猛暑日が続いているが、四万十市が41℃の最高気温を記録したそうだ。32℃でもフーフーしているのに更に10℃近くも高かったらどんなだろう・・・。

孫は、遅れて帰省したお父さんの実家に行った。淋しいようなホッとしたような気持ちだが、14日には皆で戻ってくるとまた賑やかになる。駅に送った後、絵のモチーフ捜しに久しぶりに岩手公園を散歩した。暑さのせいかあまり人影はなかった。
夕方は自転車で近所を廻ったが、日が短くなったのを感じ、夏も終わりか?淋しい気持ちだ。街路樹のナナカマドも赤く色づき暦の上だけでなく、秋の気配が見られた。


ハチに刺されて

もりおか手作り村

繭玉に目を入れて達

もりおか手作り村

工作を楽しむ子供

青山児童公園

走破したマップ

青山児童公園

自転車旅行のマップ

いつの間にか5:30に起きるのが習慣になってしまった。
お盆中はテニスがないので、県立体育館がある青山児童公園へ行くことにした。ユリノキ、キササゲ、プラタナスの大木がある練兵場の跡地。

プラタナスの木の影から食事をしている人を見て話かけると、今回は日本橋から青森までの内陸を自転車旅行して、冬期間に残った九州の海岸線を走破するという。まだまだお若いので必ず達成できると思うが、エールを送り旅の安全を祈った。

孫のリクエストで「もりおか手作り村」に行くことにした。観光客や帰省中の人で各工房は賑わっていた。繭だまの工作は南部曲り屋で行われていて、カエルさんに目を付け、ふきの傘をつけた。写真を撮っていると突然足の裏に激痛が走った、工作用のピンを踏んだのかと足裏を見ると、ハチのようなものが飛び出た。急いで近くの病院に行ったが、顔が真っ赤になり、血圧が上がり、冷や汗が流れだした。治療の間もズキンズキン傷む。休憩室で休み、その間孫は、お父さん、お母さんと工房内をまわり、せんべいを焼いたり、ピエロから風船をもらって楽しんだようだ。


楽しかった夏休み

明治橋河川敷

きれいな花火に歓声を上げて

明治橋河川敷

赤い炎に燃える舟っこ

16日・・・盛岡の舟っこ流しは送り盆の伝統的な行事で、赤く燃え上がる舟っこが静かに北上川を流れ、ご先祖の霊をお送りし、ゆく夏の物悲しさを感ずる時です。

この行事を小さな孫たちにもぜひ見せ、故郷を思う気持ちを持ち続けてほしいと願うが不思議そうに眺め、花火の競演に拍手を送り楽しんだ夏の夜のひと時でした。

わんこそば屋さん

わんこそばの老舗で

お寺さん

義父の法要

17日・・・ジリジリ熱い日に義父の法要をしました。92才の大婆ちゃんからひ孫の2才までみんな元気で、大爺ちゃんのご加護を感謝して拝みました。二人の小さな孫が桶を引きずるように持って大爺ちゃんのお墓に冷たい水をかけて拝みました。

お昼はわんこ屋さんに行きました。5才の孫は初めてで麺も、タレも美味しかったと、22杯も食べて満足げでした。

盛岡駅

また来てね!

盛岡駅

秋田新幹線「スーパーこまち」

18日・・・横浜の孫は2週間以上の夏休みを終えて帰りました。一番楽しかったのは「手作り村」の繭玉の工作やせんべい焼きの体験だったそうです。ハチに刺された私の足はまだ痛みがあり、腫れが引けないので、土曜日のテニスは出来ないようですが、孫が楽しかったので少し我慢します。

次男の子も送りに来て新幹線に目を輝かせ,乗りたいようですが、「また来てね!」とお別れしました。


いわさきちひろ

いわさきちひろ展

特設ショップの賑わい

いわさきちひろ展

花火を楽しむむ子供

孫が帰った翌朝はテニスができたが、その後激しい雨になり夜半には雷も鳴り、翌日も降り続いた。30℃を切り秋を思わせる涼しさだったが、昨日、今日は再び真夏日になりホット?した。

午後から「いわさき ちひろ展」に出かけた。前回のプライスさんの伊藤若冲などの素晴らしい江戸絵画に続いて、今回も多くのファンで賑わったようだ。

「にじみ」「ぼかし」「白抜き」などの巧みな水彩技法と、「余白」も大事な絵の一部であること、"両目とあごの先を結ぶ正三角形"が誰でも可愛いと感じる子供の顔の黄金比率であることも知った。

自分の絵とあまりにも違うため、見るのをためらっていたが、行って良かったと思った。


運動公園

コートに映った長い影

中央公民館庭園

風格のあるモミジ

中央公民館庭園

中央公民館の原敬の茶室のヤブラン

一ヶ月ぶりに、中央公民館の英会話教室があった。
楽しみながらの勉強なのでこのペースで丁度いいのかもしれない。終わってからお庭を散歩した。一ヶ月前は睡蓮が咲きだし、紫陽花が咲いていたような気がする。今日は原敬の茶室の隅にひっそりとヤブランが咲くだけの秋の風情、季節の移ろいの早いことに驚く。 紅葉には間があるが、深紅に燃える楓の紅葉を見るのが楽しみだ。

今朝、外を見ると朝焼けが美しい。身支度をして急いで出ると、太陽が輝き真夏のような青空に変わっていた。
風はチョット肌寒かったが、テニスには丁度良い。太陽が低くなったせいか、プレーしている長い影がコートに写し出されていた。秋だナー!


ベッキーありがとう

夕焼け

ベッキーありがとう

5,6年前にベッキーから英会話を習い、その後、本人は専門学校で日本語を学び、就職しました。折に触れ、私たちは一緒に食事をしていました。
残念なことに京都に行くことになりました。これからも彼女が輝かしい日々であることを願って、また京都で会える日を楽しみに6名で送別会をしました。

昨日は綺麗な夕焼けでしたが今日はハッキリしない天気です。まだ綺麗に咲き続ける百日草を描いて、ゆく夏を惜しんでいます。


ページの先頭へ↑