夏と秋の間

ナナカマドの街路樹と夏の雲

夕焼けの家路

この夏は、各地で豪雨、少雨、猛暑、竜巻の異常気象だったようです。昨日、今日も雨降りですがさほど激しくない秋雨ですが、豪雨、竜巻の被害の所もあるようです。

滝沢ふるさと交流館から真っ直ぐ盛岡方面に下る一本道は度々写真の題材にしていました。国土交通省のフォトコンテストでこの道の写真が入賞したことがありました。
久しぶりに何度か自転車で出かけ描いた「夏と秋の間」です。街路樹のナナカマドが早くも赤い実をつけ、青空には白い夏雲がある盛岡市との界の風景です。


朝の光

運動公園

咲きだした萩の花

運動公園

鴨の毛づくろい

運動公園

木漏れ日

秋のやさしい朝の光が木々の間から漏れ、大地に光の帯を描いていました。
池のほとりでは鴨が毛づくろいをし、萩の花が秋の訪れをつたえています。
運動公園・日本庭園の朝7時過ぎの様子でした。

その後雨降りになって、時折激しく降り夜半には雷が鳴るとは思いもしませんでした。


絵の題材

岩大植物園

目時のヒバ

百日草の絵

自宅

赤とんぼ

この秋初めて赤とんぼを庭で見た。昔からある百日草は初夏から咲き続け精一杯アピールする好きな花だ。
花びらにオペラという赤系統の蛍光色を使ったが、先生の評価が低かった。周囲との調和を崩すということだ。
題材を探すのも難しいが色の選択も難しいことを知った。

雨の晴れ間に岩大の植物園に行った。400年の大きな目時のヒバが4本並んで存在感がある。重要文化財の守衛所が枝の下から見られる。中々いい感じだが、まだ描くかどうか決めかねている。


中途半端な季節

森林公園

ヤマボウシの実

森林公園

カンボクの実

リンゴ園

赤くなっていない100年リンゴ

一週間ぶりに朝から良い天気だった。

午前中は、松園公民館の全6回、参加費1000円の「海外旅行に役立つ英会話」の講座に出かけた。講師は、真矢みき似のバイリンガルの先生、語彙のニュアンスを分かりやすく説明してもらって勉強になった。

午後は昨日に続いて題材探しに行った。100年のリンゴの木はまだ青く、10月半ばにならないと赤くならないそうだ。
森林公園はカンボク、ヤマボウシやナナカマドの実は赤くなっていたが、森の風情は夏が終わって、秋はこれからという中途半端な季節だった。


東京オリンピック

横浜・桜木町駅じょうく上空の写真

'64の桜木町駅上空から見た写真

目を覚ましてすぐTVのスイッチを入れ、イスタンブールと東京の決戦を知った。
固唾をのんでしばらく待つと、東京の決定が報じられた。他人事のような感じもしていたが決まれば嬉しい。

前回のオリンピックは49年前で社会人になった年だ。
本社が横浜にあり、寮に住んでいた。当時の桜木町駅上空からの絵葉書には多くの空き地が残っていたが、東海道新幹線、羽田から都心への高速道路の開通などで目を見張るような発展を遂げた。

今の若い人は、将来に希望が持てずにいるが、オリンピックを目標に夢を持ってもらいたいものだ。


剪定と誕生日

剪定が終わって

蝶々が庭を舞う

雨が上がってチョウチョが舞い庭が華やかだ。今年は殊の外チョウチョが多い気がする。

晴れの日は月曜日から今日までのようで、5月から始めた庭の剪定をこの間ですべて終わらせることにした。

今日午前中は絵画教室で、午後から始め、明るいうちに終えることができた。全て終わって飲むビールの味は格別だ。
「ジィジィおめでとう」と横浜の孫から電話があった。
「ハッピーバースデー」と歌で2才の孫からもあった。何よりの誕生祝だ!


水彩画展と博物館

県立博物館

ハクモクレンの実と花芽

県立博物館

大きな桐の葉

県立博物館

盛岡街角スケッチ展

松園公民館の英会話講座のあと博物館へ「盛岡街角スケッチ」展を見に立ち寄った。
盛岡の古い町並みや建物の水彩画が38点展示されていた。普段何気なく通り過ぎていたところに懐かしい街の歴史が潜んでいたことをあらためて知り楽しく鑑賞した。

館内を一通り見たが、素人目には展示品にあまり変化が見られない感じだった。
いつものように民家展示場や植物園で木々や花の四季の移ろいを見た。
地面に落ちていた大きな葉っぱを発見。管理人に聞くと、桐の葉っぱなそうだが傘ほどの大きさにビックリし、葉の形も初めて知った。また植物園にはハクモクレンがあった。先日森林公園でグロテスクな実を見たが、来春の花芽が出来ていることも知った。自然観察にはその都度新しい発見があって楽しい。


台風一過

蜜を求めて群れ舞う蝶

16日の6時ごろの夕焼け空

16日の土砂降り

予報通り15,16日は台風で大荒れ、連休の行楽も秋祭りも散々だった。「今までに経験したことのない大雨」の被害に遭われた地域の皆様には深くお見舞い申し上げます。

今朝は何事もなかったような秋晴れ、庭の花々は雨に洗われ爽やかに日に輝き、蝶が蜜を吸い群れて舞っていた。


秋を探しに

焼け走り溶岩流

トンボもバッタもいました

焼け走り溶岩流

溶岩の隙間に苔が繁殖

焼け走り溶岩流

秋が見られない岩手山

朝は肌寒かった。

ゆく夏を惜しみ、秋の訪れを心待ちにして、東八幡平の県民の森に行きました。思っているほど季節は進んでいないようでした。岩手山の裾野にも秋の気配は見られません。溶岩流の道に足を取られながら必死に歩きましたが、焼け走り溶岩流にはアカマツなどが細々と生え、苔は広く生育し、トンボやバッタが飛び全く不毛の地ではないようです。


芸術の秋

水彩教室展

2013漂流水彩教室展の会場風景

水彩教室展案内ハガキ

2013漂流水彩教室展のご案内

昨晩、妻に促され中秋の名月を見た。子供のころは宇宙の神秘に心躍らせていたが、ほとんど見ることのない夜空に星が輝き、流れ星を見た。

午前中は英語講座、お昼は大好きな牛丼を食べた。
友人の作品展で見た青森産のネズコ(ヒノキ科)で作った額縁は木目が美しく品があった。いつかはこんな額に作品を入れたいと思った。
その足で漂流水彩教室展に作品を搬入した。いつも見ている作品も額装して展示すると一層素晴らしくなる。終わってからお茶を飲んで4時頃別れ、明日のテニス大会に備えマッサージをし、一日の予定が終わった。
なお、漂流水彩教室展に私の作品は2点展示しましたので是非ご覧いただきたいと思います。


朝起きテニス大会

朝起きテニス大会

持ち寄った景品で表彰

朝起きテニス大会

優勝をかけて真剣勝負

県営テニスコートは人口芝の張替えで来月から使えなくなるため、繰り上げて朝起きテニスの大会がありました。

持ち寄った景品で14名7組で総あたり6試合で和気あいあい試合を楽しみました。健闘むなしく5位でしたが、今年から後衛になってまずまずと納得しています。今冬はアキレス腱を鍛えて来春からは痛みに悩まされずにプレーを楽しみたいと思っています。

夜は「ラケットおさめ」がありました。あまり早い納会ですが酒はいつ飲んでもおいしモノです。


最低気温8℃

四十四田湖

ハセガケされた稲

四十四田湖

地底が見えた四十四田湖

何が忙しい訳ではないが、ウダウダしていると11時過ぎになる。幸いキューパタンだが、翌朝5:30の目覚ましより早く起きてしまう。

今朝は8℃でこの秋一番の最低気温。英語講座のあと、秋日和の四十四田ダム湖畔に行ったが、貯水量が極端に少ない。あんなに大雨が降ったのに、放流しているわけでもないのに不思議だ。
絵のモチーフになるものを探したがこれといったものはなかったが、早いのかどうかわからないが金色になった稲がハセガケされていた。

明日も良い天気なようで何をするか考えてから寝ることにする。


最低気温更新

一日中青空の良い天気

運動公園・テニスコート

7:00ようやく明るくなった

運動公園・テニスコート

朝日は6:25でした

ウインドーブレーカーを通して冷気が伝わった。最低気温は更らに下がって6℃ダイだ。

家並の間に見えた低い太陽は、6時30分ごろようやくテニスコートを照らしだし、明るくなったのは7時頃だった。

来月1日からコートの改修工事で長い休みに入る。終わりになってアキレス腱を切らないように入念にストレッチをした。
今日で終わりの人と「来年もよろしくと」と互いに挨拶をしたが、なんとなくピンと来なかった。

雲一つない青空で孫と遊んだ。チャンバラや、ボール遊びをしたが背中が痛くなり疲れた。テニスの方がもっと楽だ。 


覆馬場プラザ

覆馬場プラザ

アトラクションは大ヶ生の剣舞

覆馬場プラザ

大船渡高校美術部の作品

覆馬場プラザ

内部も明るく彫刻や絵が映える

覆馬場プラザ

レンガの外観はシックな雰囲気

屋内の兵馬の訓練場が解体をまぬがれ市民交流の場として残された。外観も内部もレンガやアーチの窓でクラッシクな雰囲気に改修され覆馬場プラザに変わっていた。 内部は明るく、床は小砂利が敷かれ、テニスやゲートボールなどのスポーツにも利用できるようだ。

39回目になった盛岡彫刻シンポジュウム展と、 被災地域の文化活動の支援で大船渡高校美術部の作品も展示され、高校生らしい生き生きとした絵が印象的だった。

アトラクションに大ヶ生(オオガユ)の剣舞を子供たちが力強く舞って、来場者から大きな拍手があった。


今日で終わり

運動公園・日本庭園

テニスが終わって暖かい日差し

運動公園・テニスコート

半袖で丁度よかった

裏ツキのウインドーブレーカーで外に出たが、ホワットした空気。2,3日前の最低気温から10度も高く、半袖でテニスをしてちょうど良かった。

今月も今日でお終い、朝起きテニスも今日でお終い。朝早く起きる必要もなくなり目覚まし時計から解放されたが淋しい。

日本庭園に寄った。木漏れ日が暖かい。鴨も池から出て日向ぼっこをしていた。 


ページの先頭へ↑