風薫る5月

岩山

ぼんやり霞む岩手山と市街

盛岡中央公民館

新緑のモミジに咲く花

盛岡中央公民館

ツツジが咲く

5月になったばかりというのに真夏のような毎日ですが、中央公民館の庭には赤や、青のツツジ、淡いピンク色のシダレザクラ、新芽のモミジの花がさわやかな風に揺れていました。

昨秋見た岩手山の稜線や街並みはキリット透明に冴えわたっていましたが、今日はぼんやり霞んでいました。大気に含まれる粉じんのせいなら一雨降って洗い流してほしいのですが、ゲリラ豪雨は勘弁です。


ゴールデンウイーク

岩山

家に着いたときの走行距離

盛岡芸術祭

光の表現が参考になった「生きる}

盛岡芸術祭

「次の世代につなぐ」私の作品

連休中はあまり出歩かないで、家の仕事をした。
アオキ、ツゲやベニカナメの垣根をトリマーで剪定するのは痛快で楽しいが、切った枝や葉を片付けるのはたいへん厄介で嫌だ。昨秋剪定したモッコウバラは枝が交差しないで綺麗に咲いた。

3日から6日までのゴールデンウイーク中が盛岡芸術祭・洋画部門の会期中だが、搬入し搬出までは何もないがなんとなく落ち着かない。4日も見に行ったし、今日は2時からの合評会に行った。木の生命力をモチーフにした作品が多いと審査員の感想で、「描き過ぎを整理する必要がある」との私の作品の評。優れた作品を見て勉強になった。

家に着いたとき、車の走行距離が88889qだった。77777qから約2年最近はあまり運転していないようだ。


余震?

電動ドリル

電動インパクトドライバと作品

テニスコートの揺れ

激しい揺れの照明塔

今朝の空

5時の空は雲の動きが激しい

台風6号で雨の予報が、黒雲や朝日に輝く帯状の雲がせわしく流れ雨は止み、テニスはできた。フェンスの周囲のトウカエデの小さな花を見ていたとき、一瞬観覧席の土手が沈み、大きな音がした感じがした。コートを振りかえると、照明塔や時計台が激しく揺れだした。三陸大地震の時のような激しい揺れだったが長く続かなく、テニスはそのまま続けていた。この程度の揺れでホットした。

インパクトドライバのバッテリーがダメになって新しく電動インパクトドライバを買った。DIYには使い勝手が良く、妻に頼まれた蘭の鉢棚を作り始めたが、風が強かったり、雨が降ってなかなか進まない。
今日も台風の余波で風が強く、時折雨が降ったが何とか仕上げホッとしました。


運動会

ブラバン

運動会のブラバンの練習

スイレン

咲き出した運動公園のスイレン

差し込みからはずれた樋

屋根をたたくような激しい雨?と思ったら2階のタテ樋が外れているのを見つけた。
梅雨に入る前に直そうと竹竿で四苦八苦してようやく差し込んだ。これで雨が降っても安心。

今朝はようやく晴れた。足の調子が大分良くなり走れるようになってテニスが面白い。あまり無理をしないで長続きできるようプレーしたい。運動公園のスイレンが咲きだした明日の朝はもっと沢山咲いていると思う。 小学校の運動会が今度の土曜日あるようで、ブラバンが練習していた。横浜の孫は30日が運動会と聞いた。運悪くゴルフの予定でどうしたらいいのか悩んでいる。


絵の勉強

ハクウンボク

下向きの白い花

石神の丘美術館

水彩画展で勉強

マリオス展望台

遠近法に従ってデッサン

朝、窓を開けると久しぶりに眩い朝日が差し込み心躍るような気分になった。

先日の絵画教室で先生に構造物、新幹線、自動車などは正しくデッサンするように指摘され、絶好の日和にマリオスの展望台へ行ってジックリ観察した。確かにありえないような描写をしていた。

午後から岩手町の石神の丘美術館の盛岡出身の水彩画家の展示会に行った。幼少期過ごした岩手町やイギリスなどの田園風景をシンプルに淡彩に描く手法が素晴らしかった。屋外を散策してハクウンボク、ミズキが枝いっぱいに花をつけているのを見て、昨年はアジサイのころ来たのを思い出した。季節ごとに野山の自然を楽しめる美術館は素晴らしい。


夏のような!

洗車

ホースの先に虹

コープ祭り

滝沢さんさ踊りも参加

 運動会

砂煙をあげて騎馬戦

ここ数日は、27℃を超える夏のような暑い日が続いている。

23日は小学校の運動会を孫に見せようと連れて行った。
一年生の遊戯は熱心に見ていたが、騎馬戦などには興味がなっかったようだ。あと2つお兄さんになるとここで勉強すると教えたがピーンと来ないようで、自分から帰ろうと言い出した。昨日の遠足で疲れていたようだ。

24日はコープ祭りに行った。被災地復興応援で被災地の名産品が大テントで沢山販売されていた。チャグチャグ馬コ、さんさ踊り、ゆるキャラも応援で参加し賑やかだったが一人では面白くないので早々に帰ってきた。

今日も暑く水浴びしたい気分、しばらくぶりで洗車し涼しくなった。クレマチスやバラはぎらぎら照るお日様にも元気に咲いていた。


高総体開会式

高総体

救護隊も大忙し

高総体

郷土芸能などの応援合戦

高総体

選手整列

高総体

バトントワラーの行進

県高校総体の開会式が運動公園であった。バトントワラーの先導で各校の選手団が堂々の行進。6月前半にかけて全力でプレーすることを誓った。開会式の後はフィールドでチェアガールの元気なダンスや鹿踊、さんさ踊りなどの郷土芸能で応援合戦が繰り広げられた。今年一番の29.5年の暑さで、救護係が熱中症などの手当に忙しく駆け回っていた。


ページの先頭へ↑