モミジ

植物園

宝石のように輝くモミジ

植物園

築山で遊ぶ子供たち

植物園

イチョウの木と北水の池

今朝は放射冷却現象で車のウインドウが凍ってしばらく出かけられなかった。朝起きテニスも今日を含めてあと3回だ。冬の間は何をしようかと考えている。

午後、岩手大学の植物園に立ち寄った。イチョウの木が真っ黄色に紅葉して青空に光っていた。

モミジは宝石をチリばめたようにキラキラ輝き、幼稚園の子供たちは築山に登って楽しそうに遊んでいた。一年に一度あるかどうかの良い天気に今年最後の美しい紅葉を楽しんだ 。


雨模様

ゴルフ

雨の中のゴルフ

高松の池

白鳥が今年も飛来した

中央公民館

朝から紅葉見物で賑わう

しばらく良い天気が続いていましたが、ぐずつき気味の天気です。

6日は中央公民館の久しぶりの英語教室で早めに出かけましたが、すでに駐車場は車でいっぱいでした。ここのヤマモミジは特に赤が美しく多くの人が訪れますが、こんなに朝早くから紅葉見物の人で混んでいるのに驚きました。毎年見ていますが今年の赤もとてもきれいでした。

7日は博物館の曲がり屋の柿の実を見に行きましたが、すでに軒下に吊るされていました。これも秋の風物詩で写真に収めました。高松の池には白鳥が飛来して、周囲の桜の葉も落ちて秋が深まった感じがしました。

8日はゴルフです。昨晩から土砂降りで気が進みませんでしたが、ゴルフ場に近づくに連れて小雨になって、まずまずでした。座りっぱなしでPCに向かって居ましたので、気分転換にも、体調にも最高に良かったです。


氷点下

夕焼け

5時前に夕焼け

ハチ

蜜を吸う蜂

スズメ

雀の群れが飛来

ドウタンツツジ

白く凍ったドウタンツツジ

今朝はだいぶ冷えました。屋根、車のウインドウや生垣のドウタンツツジが真っ白でした。

日中はおだやかに晴れ、雀の群れが遊びに来て、蜂はキクの蜜を吸って活発に動き回っていました。

伸び放題のボケの枝を切り、立ち枯れのシュウメイギクの草花を整理して秋仕舞いをしました。

澄み切った空にはオレンジ色の飛行機雲と黒い機影がはっきり見え、5時前に夕焼けでした。今朝の最低気温は今冬初の氷点下の-0.6℃で、明日はさらに冷え込むようです。


初冬の庭

お茶の花

木の下でヒッソリ咲くお茶の花

バラ

可憐なバラ「バレリーナ」

キク

白いキク

ここ数日は雨ですが、この時期にしては暖かです。しばらくは雪の心配もないようです。

白咲きのキク、華麗な小花のバラ、お茶の木はヒバの下に隠れるよう白い花を咲かせていました。
アジサイは枯れても美しく、南天は赤い実をつけ、真ん丸なかわいらしいバラの実、庭を見る楽しみがまだまだあります。

長期予報では暖冬のようですが、しばれないで雪が多い冬もあるので安心できません。


雪囲い

石割桜

冬の風物詩の石割桜の雪囲い

大イチョウ

中津川畔の大イチョウの落葉

ヴィクトリアロード

黄金色に輝くヴィクトリアロード

キリット締まった北風に初めてダウンコートを着て、絵画展を見ながら街歩きをしました。

中津川畔のヴィクトリアロードはイチョウの落ち葉に覆われ一段と明るく輝いています。
盛岡の生んだ偉人・新渡戸稲造の像は紅葉したドウタンツツジをまとい、さらにその先の道は大イチョウの落ち葉が踏まれないように片側通行、川岸の石垣にはイチョウの落ち葉が刺繍された緞帳が下がっているように見えました。
官庁街の内丸通りのトチの木はほとんど落葉し黒い梢が空に伸びていました。裁判所の石割桜の幹には雪囲いのコモが巻かれ、枝には雪吊りがされる冬の風物詩の作業を見ました。
勤労感謝の23日以降は寒気が入り込み初積雪もあるようです。


日に輝くリンゴ

県立美術館

陸前高田出身の松田松雄展

リンゴ園

赤いリンゴと白い早池峰山

高松の池

朝焼け雲が水に映る

初雪のあった23日以降もあまり天気に恵まれなかった。
27日は暴風雪の予報で、風は強かったが幸い雪は降らなかった。

今朝は早や起きして、久しぶりに遠慮がちに顔を出した太陽を拝んだ。

高松の池の水に映る朝焼け雲は綺麗だった。白鳥はどこに行ってしまったのか姿はあまり見られなかった。

朝食後リンゴを買いに出かけた。昨年より1週遅れで、ほとんど摘み取られていたが、残った赤いリンゴが日に輝き、雪をかぶって輝く早池峰山の白の対比が美しい。

今日で終了の絵画展を県立美術館で見た。抽象画に戸惑ったが、白と黒で繊細に描かれたカタチ、簡潔な色で遠近を表現した手法が勉強になった。

天気が悪いとなかなか出歩かないが、晴れると忙しくなる。やっぱり今年は暖冬かな?と思ったりもした。


ページの先頭へ↑