ふかふかサクサクと

滝沢森林公園

気位の高いメタセコイア

滝沢森林公園

黒い梢の山の木

滝沢森林公園

杭のような木の影

師走の入りは穏やかな暖かい日だった。

滝沢森林公園へ午後久しぶりに出かけた。
そよともしない静かな森の小道に冬の低い陽が杭のような長い影を作っていた。
ふかふかした落ち葉の道をサクサク歩いた気持ち良さは近頃覚えがない。
黒い山の木の梢を力ない弱い冬の光がアリッタケの力を出して通り抜ける。メタセコイアは気高い繊細な容姿を誇っている平地の木だった。


初積雪

市立中央公民館

喉を膨らませて飲み込む

市立中央公民館

水に顔を入れて魚を捕る

市立中央公民館

脚、首が長い美しいサギ

今年初めての雪で道が混んで10時ぎりぎりについた。
英会話サークルが終わって市立中央公民館の庭園の雪景色を見た。
松のかげに白いものが動いた気配がした。
逃げさる風もなく長い脚と首の美しい真っ白なサギがジッと何かを見つめるかのように立っていた。その時、水に頭を入れたと思ったら、口に魚をくわえ、喉を膨らませ飲み込んでしまった。ホンの一瞬のできごとだった。

夢から覚めて現実の世界へ引き戻されたようだった。


冬晴れ

岩手山

抜けるような青空に凛々しい岩手山

高松の池

真っ赤に染まる岩手山

高松の池

サクラの古木越しに見る高松の池

今朝は6時に起き出かける予定だったが、車のウインドウが凍ってなかなか出発できなかった。いま描いている「ケアラシ」を見る最後のチャンスで日が昇る前に高松の池に着いていなければならなかった。
「気嵐」は池の水温が、冷え込んだ大気よりも温かいとき 水蒸気が立ち昇る現象。しかし今冬最低気温の-5.5℃で池に氷が張って見ることができなかった。

朝焼けの空が山並みを赤く照らし、静かな水面にはカモが浮かんでいた。朽ちたサクラの古木に凍った霜で白くトレースしたようなラインが美しかった。

日中は9℃を超える温かさの抜けるような青空に白い稜線を描いた岩手山が一層大きく、凛々しく見えた。

この「冬晴れ」も週末から崩れるようで残念だ。


体操教室

体操教室

鉄棒も上手に出来た

市立中央公民館

朝から風が強く土砂降り

12月に暴風雪は珍しいことではないがこの時期暴風雨は記憶にない。

こんな日に孫の初の体操教室で可愛そうだが、保育園にむかえに行って、4時15分から1時間の体操教室。
先週はパパと3人で体験教室行ったが、ジジだけでは心配でグズッタようだ?が始まったら元気になってホットした。
幼稚園の年少・年長クラスは10人ぐらいで、年少の孫も柔軟体操やトランポリン、鉄棒など十分ついて行けるようだった。

コンビニで約束のアイスクリーム、他にオモチャもレジに持って行ったので買ってやったが、ババに「今日だけヨ!」と釘を刺された。


忘年会と宝くじ

官庁街

県庁付近の宝くじ売り場

忘年会

絵画教室の忘年会場

自宅

庭に咲いたビオラ

殺風景な庭にこぼれ種のビオラが咲きだし、この時期にしては暖かい一週間だった。

16日は忘年会で昨年は大雪だったがその心配はなかった。女性3人、男性4人でササヤカだが、お料理はボリュームがあって食べきれないほど、お酒を飲むのは私と2人だけでちょっと寂しかったが、その分話で盛り上がり楽しいひと時を過ごした。

18日は英語教室。「クリスマスの思い出」を短いとは言え準備もなく人前でスピーチするのはなかなか難しかった。英語のクリスマスソングを歌い先生からお菓子のプレゼントを頂いて、今年の教室は終わった。
天気の良い日に宝くじを買おうと、県庁そばの宝くじ売り場に行った。 続き番号と連番を買って神棚に備えてお祈りした。


サンタクロース

ポインセチア

クリスマス前に描いたポインセチア

除雪車

手持無沙汰な除雪車

サンタクロース

近所のお宅のサンタクロース

近所のお宅に飾られているサンタクロースを見て、雪が降る前に窓ふきや掃除をしなければと気が焦るが、生協の駐車場の片隅に待機している除雪車は、ホワイトクリスマスになりそうにない空模様に手持無沙汰なようだ。

ポインセチアをようやく描きあげたが、一週間くらいPCのWi−Fiが時々切れて修復に四苦八苦している。

ジムに通って一か月の体力測定で早速効果が出てうれしかった。早々のサンタさんからのプレゼントかもしれない。


冬至

残照の空

16:27 残照の空はヘッドライトを点灯

ショーウインドウ

16:12 明るいショーウィンド

夕焼雲

15:53 明るい青空に夕焼雲が美しい

今日は一年で一番夜が長い「冬至」。

14:55 まだ明るいのに騒がしくネグラに帰るカラスの群れ。
15:53 西の空はオレンジ色に染まった夕焼雲。
16:12 際立ってあかるい外車ディラーのショーウインドウを見てスモールライトを点灯した。
16:27 赤茶色の残照、あっという間に夕闇になって、慌ててヘッドライトを点灯した。

冬の夕暮れは早めにヘッドライトを点灯!


クリスマス

四季ザクラ

今も咲いている四季ザクラ

フィットネスシューズ

軽くクッションの良いシューズ

水仙

水仙の芽

抜けるような青空にいつもより実の付きの良い赤い南天が陽を浴び寂しい庭を華やかにしていた。
ヒバの木の下の水仙がまさかと思ったが芽を出していた。

午後、フィットネスシューズを買ってジムで早速試した。軽くクッションが良い感触を暖かい戸外で試してみたい気分だった。
例年クリスマスには大雪が降って-10℃もの寒さは良くあるが、+0.9℃/12.2℃の暖かさは最近記憶にない。

25日は妻の母に年末のご挨拶をして黒ずんだ蛍光灯の交換をした。庭の四季桜がまだキレイに咲いていて心が和んだ。

このままで年末年始を迎えたいが寒波が来て大雪になる予報だ。


極端から極端

ウメの雪

朝の日のウメの雪

大雪

ライトを点けて大雪で渋滞する車

大雪の予報だが盛岡といっても山沿いの話とあまり気にもしなかったが、2時ごろから降り出しウッスラ白くなった。
4時ごろスポーツジムから出ると雪が車に10センチ以上積もっていた。水っぽい雪でコートが濡れるのでフロントとサイドの雪を払って早々に出たが、道は渋滞していた。

15pも積もった4台分の駐車場の雪を払って、汗をかき、疲れ、ジムに行く必要がないようだった。

今朝は‐5.9℃、アイスバーンになった道を恐る恐る気をつけてゴミ捨てに行った。最近は極端から極端な異常気象で気が許せない。

昼過ぎ横浜の孫が来た。雪に大喜びしていたが、歓迎の雪かもしれない。


寒さも楽し

ソリ遊び

楽しいソリ遊び

スケート

リンクを3周した

ツララ

一層寒さを感じるツララ

先週の暖かさが嘘のように今日もときおり地吹雪の寒い日で軒のツララが輝いていた。

横浜の孫はお母さんとスケートするというので一緒に出かけた。昨年とは違ってスケートを履いてすぐスクッと立った。
しばらく足慣らしをして、400mのリンクへ移動した。3周して2,3分で一周できるようになって楽しそうだった。

午後お昼寝をして、目を覚ますと庭に小さなスロープを作ってソり遊び、日暮れが早く遊び足りないようだった。

ジィジのクリスマスプレゼントを買いに本屋へ行った。決めかねていたが「動物たちはセラピスト」というノンフィクション短編集を買った。「犬をほしがっている」とお母さんから聞いていたが動物に興味を持っているようだ。


ページの先頭へ↑