孫の運動会

金メダル

ママ!金メダルだョ!

縄跳び競争

足を高く上げて、引っかけないように

徒競走

転ばないないように!

聖火点灯

聖火が見事点灯

孫の保育園の運動会は、元気な入場行進のあと、年長組が聖火を点灯し始まりました。
障害物競走、徒競走があり、パパやママの縄跳び競争は先生組に勝ちました。 全員金メダルをもらって楽しい運動会でした。

今日は岩手国体の開会式が天皇皇后両陛下をお迎えして北上で開会されます。前回の国体は1970年で、みたけの県営運動公園の閉会式で、お若かった両陛下に間近にお目にかかった記憶が今でも残っています。会期中が天気に恵まれることを祈っています。


秋の牧場

秋雲の岩手山

秋の雲は美しい

牧草の刈込

牧草を刈ってロールにして貯蔵

一本桜と岩手山

誰もいない一本桜

小岩井農場

賑わう小岩井農場・まきば園

日曜日の小岩井農場のまきば園は秋を楽しむ人で駐車場はいっぱいだった。県外車も多く、遠くは岡山ナンバーもあった。
国体関係の人かもしれない。
一本桜は季節外れで、誰もいなかった。トラクターで刈り取られた牧草が、ビニールの帯でロール状に巻かれ、卵を産み落とすように転げだす。空の雲はウロコ状に、山肌は五色に塗り込まれ、一雨ごとに秋が深くなる。しかし、最近の台風は考えられないような雨や風で大被害をもたらす。どうかほどほどにして過ぎ去ってほしい。


いわて国体と芸術祭

芸術祭参加

芸術祭参加作品「ヤマブキの咲く道」

テニス大会

雨のため延期されたテニス大会

リード会場

ロープを体に結び人工壁を登る競技

岩手山

頂上付近に白い筋

7日は台風一過、朝から穏やかに晴れ、岩手山を見ると頂上付近が何かしら白く、カメラを持って、よく見える場所に行った。間違いなく初冠雪、調べると昨年は9月30日で一週間遅れ、急に寒さを感じた。

午後、県営運動公園に国体の山岳競技を見に行った。「リード」と「ボルダリング」の2種目が行われていた。テントの仮設会場に突起のあるホールドが付いた2基の大きな壁面があった。ルールがわかると見る楽しみもあると思うが、眺めた程度だった。リード競技は既存の壁より長く、傾斜がキツイように感じた。鹿児島県の応援の中に防寒コートを着た人を見かけたが、私たちには心地よい気温でも寒く感じるのかもしれません。

8日は朝から強い雨降り。クラブのテニスの試合の予定で、コートに行ったがなかなか止む気配がない。来週に延期になったが、2週間近くもプレーしていないので、かえって良かったと思った。
岩手芸術祭へ行きました。自分の作品と、入賞した作品の傾向とレベルを見比べて、まだまだ、自分のレベルが低いことを痛感しました。


八幡平の紅葉

ふけの湯

ふけの湯は紅葉が綺麗だった

八幡平

高くなると紅葉は終わっていた?

八幡平

1,000m付近の紅葉は綺麗いだった

八幡平の紅葉が見頃とニュースがあった。天気も良いし、何はさておき出かけた。
スキー場のあった1,000m付近の駐車場に張られたテントは、食事をする人で行列だった。おにぎりはなくなって、キノコ汁を食べたが美味しかった。紅葉はちょうど見ごろで、スキー場跡の山やゲレンデが赤や、黄色に彩られていた。しかし、登るほどに紅葉が見られない。早いのか?遅いのか?はよくわからない。

秋田側の「ふけの湯」は紅葉が美しかった。外国の人や、香川、柏、習志野など遠くから来た車の人が目立った。香川の人はここまで10日かけて温泉巡りをしているという。私より若い感じだが、元気なものだと感心。お湯はちょっとヌルメだが、ユックリ楽しむには丁度良い熱さのようだ。


スポーツと紅葉

テニス大会

慎重に試合の得点を集計

盛岡中央公民館

公民館はまだ一部だけの紅葉

ゴルフ

紅葉していないゴルフ場

13日はゴルフ日和、165ヤードを5番アイアンでワンオン、バーディは逃したが、この日のベスショットだった。近くの農家は稲刈りで、稲わらの煙がコースの中に流れてきた。紅葉はまだだが、これも秋の風物詩。

14日、盛岡中央公民館のヤマモミジの紅葉は色づいた程度で、例年どおり11月に入ってからのようだ。青紫のアゲハチョウがまだ咲き残るアジサイを飛びまわっていた。

岩手国体は総合2位の素晴らしい成績だった。雨で一週間遅れの15日、クラブ内テニス大会は健闘したと自己満足。それぞれ持ち寄った賞品を成績順に選んで楽しく終わった。雪が降るまで続くが、日増しに寒くなり、日の出が遅くなり、何回もできないと思う。納会ですべて終わるが、長いようで短い一年だった。


仙台

上段の間

天皇御成の上々段の間

菊の間

菊の間の極彩色の障壁画

瑞巌寺本堂

伊達政宗の菩提寺・瑞巌寺

今年96歳になる妻の母が仙台の娘の家に行きたいといっている、体調と天気の良い日を考え、16日出かけることにした。11時30分頃出発し、途中PAで休憩と食事をとり、仙台には2時ごろ到着した。まったく疲れた風もなく、願いがかなってとてもご機嫌だった。

私たちは塩釜で寿司で夕食をとることにした。駅前の寿司屋さんは震災前の場所にあったが、近所の古い建物がなくなったり、新築されたりして大分変わっていた。この付近で210センチの水をかぶったと貼張り紙があった。お寿司の味は震災前と変わらずとてもおいしかった。

翌日は松島に行った。秋の行楽シーズンで大変にぎわって、震災の影は見られなかった。しかし、瑞巌寺の塩害で枯れた大杉は伐採され、参道の拡幅工事が行われていた。震災とは別に平成30年までの10年間で国宝瑞巌寺の平成の大修理が行われていたが、本堂の修復は終わり見学出来て幸いだった。以前も何度か拝観しているが、こんなに立派な障壁画や、透かし欄間を見た記憶が全くなかった。

折角来たのだから、温泉に泊まりたいとの母の希望で、17日は秋保温泉に泊まった。ホテルは普段の日にもかかわらず結構混んでいた。温泉に浸かって旅の疲れを癒し、さらに元気になって、またたどこかに行きたいと、新車もお気に召したようだ。


抱き返り渓谷

回顧の滝

落差30メートルの回顧の滝

抱き返り渓谷

エメラルドグリーンの渓流

抱き返り渓谷

吊り橋やトンネルのある遊歩道

抱き返り渓谷

渓谷の入り口・神の岩橋

角館近くの 抱き返り渓谷へ妻の友人の案内で出かけた。谷間の赤い吊り橋が目に入った。大人数で渡ると体を支えられないほど揺れて恐ろしい。そそり立つ岩壁沿いに吊り橋や、くりぬいたトンネルが続く遊歩道の眼下には、エメラルドグリーンの美しい渓流が見える。次第に空気の冷たさを感じ、さらに、30分ほど進むと、轟音とともに、滝の流れが見えた。回顧みかえりの滝、女性が着物を着換えるような姿を、振り返って何度を見たくなる、男心を誘う一番のビュースポット。紅葉には少し早いような気がしたが、岩場に張り付く野生の花などを観察して戻った。


七五三

七五三

無事終わってパパと神様にお礼

七五三

ママが見守る「碁盤の儀」

七五三

巫女さんに習って拝殿に参拝

天気が心配でしたが、めったにない秋日和のウィークディに恵まれユックリ七五三の神事をしてもらいました。
巫女さんの舞があって、神主さんの祝詞で、「健康で勉強に励み、お父さん、お母さんの言うことを聞く」よい子になるようにのおコトバに一言一言うなずいて聞いていました。巫女さんに習って手を合わせお礼の挨拶を立派にしました。
「碁盤の儀」を最後に、すべての神事は終わりました。七五三のお祝いが一生忘れられない思いでになることと思います。


今月も残り5日

もりおか歴史文化館

岩手山のイメージの屋根と紅葉

レンガ館

ヒメリンゴとレンガ館

盛岡水彩画展

魅かれる一枚の絵

運動公園

リスと紅葉の池

10月27日、今月も残り5日で今年のカレンダーも間もなく1枚になります。運動公園の紅葉は今が見頃、リスは冬眠の準備に右に左に忙しく走り回っています。
盛岡水彩画展は今日が最終日。素晴らしい作品が展示され、700名の来場を頂き好評でした。レンガ館の前のヒメリンゴも熟し、もりおか歴史文化館の周囲の木々も赤や、黄色に紅葉してきれいでした。



盛岡中央公民館

害虫駆除の薬剤

盛岡中央公民館

枯れている枝が見られます

盛岡水彩画展

ヤマモミジの美しい紅葉?

能面展

中央公民館の能面展

10月28日、盛岡中央公民館で能面展が開催され、気品のある面、恐ろしい面、老婆の面などいろいろの作品がありました。ヒノキが良いそうですが、希少価値でなかなか手に入らず、いろいろの樹種を使っているようです。

お庭のヤマモミジが真っ赤に紅葉、しかし、根元に害虫駆除の薬剤を注入していました。よく見ると葉が枯れている枝が目立ちます。今年はモミジのライトアップは中止になるそうです。



結の蔵

結の蔵2階に展示

漂流水彩教室

展示会の結の蔵

運動公園

落ち葉のテニスコート

運動公園

6時半過ぎ雨が上がりました

10月29日、出かけるときは雨だったが、待機していると6時半過ぎに上がった。風と落ち葉に悩まされたが、まずまずプレーができた。

午後、漂流水彩教室の展示会の「結の蔵」へ作品を搬入。来月の12日まで開催される。喫茶店のお汁粉にはおしんこ、山菜、煮物などがついて400円、手作りでとてもおいしく、行くたびに頂いている。



運動公園

ハウチワカエデ

運動公園

園路のトチノキとケヤキの紅葉

運動公園

7時過ぎのイチョウと街灯

氷点下の朝

車の窓ガラスが凍った

10月31日、今朝は今秋一の寒さで-0.3℃、初氷もはったそうで、車のウインドウを溶かすのが大変だった。
コートの人工芝の氷が照明でキラキラ光っていた。今シーズンのテニスは来週いっぱいで終了。
午後から雨になって、ハロウインを楽しみにしていた人には気の毒だ。横浜の孫は今日で9才、来月のピアノの発表会の時お祝いをしようと思う。