生活発表会

生活発表会

フィナーレは全員の合唱

生活発表会

先生方も司会や裏方に活躍

生活発表会

素晴らしい演技でした

イオンモール

フードコートでステーキ

カーテンを買いにショッピングモールに久しぶりに行った。昼過ぎで、新規開店のステーキ店は、客が少なくなっていたので、話の種に食べることにした。 アツアツに焼かれた鉄板にのせられた200グラムのアメリカンビーフにタレをかけ、好みの焼き加減で食べる。香ばしい臭い、柔らかな肉質でうまかった。年末ジャンボ宝くじを買って出ると,冷たい師走の風が吹いていた。

孫の生活発表会に行った。年中、年長が混ざった3グループで、年長がリードしてそれぞれの役を上手に演じていた。
6年間の保育園生活では、お父さん、お母さんの都合で長い日は12時間も居たこともある。私たちが迎えに行ったこともあった。しかし、この間病気や事故もなく元気に通園できたことが本当に良かった。来春からは小学生になって元気に通学することを楽しみにしている。


早い冬

展覧会

展覧会の案内ポスター

岩手牧場

9日、牧場は雪もなく青々

近所

7日、屋根は霜で白く

自宅

6日、ツタにうっすらと小雪

最低気温は氷点下、最高気温も6日は真冬日と思われる寒さで冬の到来が早いようです。 ツタや、バラの葉に小雪がウッスラ積り、屋根は白くなり、岩手牧場の牧草は寒さに負けず青々してスクッと立っています。

9日から、水彩画教室の絵画展が結の蔵で始まりました。期日、休日はポスターの通りですが、なお今回から、アクリル画へ挑戦しました。ご批評いただければ幸いです。

暦の上では7日が「大雪」でしたが、降らないで幸いでした。安心しているとドカッと来るかもしれませんが、大雪は勘弁です。


雨、雪のち晴れ

14日(木)陽射しが低い

自宅

13日(火)積雪は

近所

11日(月)雨の日の通学

先人記念館

10日(日)盛岡駅かいわい

10日(日)は朝から小雪が舞い寒い日だった。先人記念館の「盛岡駅かいわい」企画展は子供のころ、この界隈に住んでいたので興味があった。盛岡駅は2代目、3代目は1959年(昭和34年)に完成したので両方とも記憶にあり、特に2代目の駅舎が懐かしかった。日曜日にしては入館者が少なくて淋しかった。

11日(月)あまり気にしていなかったが、子供たちの靴、洋服がカラフルでカッコいい、傘は前が見えるように透明になっていて雨の日も安全に登校できるだろう。気温は高く、一日中雨降りだった。

昨日の雨は夜半雪になって2,3センチ、その後も降り続いて7〜8センチになった。車の雪を落とし、肘に電気をかけに病院に出かけた。帰るころ強くなり、明日の雪かきが思いやられる。

14日(木)目を覚ましたころ小雪が降っていた。9時ごろは気温は低くかったが、青空になって、陽が部屋の奥まで差し込み、気持ちもスカッとした。


早いもので

ギャラリー演奏会

マンドリンのギャラリ演奏会

運動公園

餌の在りかを探すリス

運動公園

ドロンコの中の練習

氷点下の朝、車のフロントガラスが凍りついて、とっさに出かけられないことがある、解氷スプレーを買ってから、運動公園に行った。ぬかるんだグランドでサッカーの練習をしていた。日本庭園ではコロコロ太ったリスが少し鈍い動きで餌の隠し場所を探しているようだ。16日(土)の午後の冷たい風の中、5.700歩の散歩は体が暖まって軽くなった。

17日(日)クリスマスメドレーのギャラリコンサートを楽しんだ。マンドリンの楽器は一種類と思っていたが、小,中、大があることを初めて知った。普通見る小さなマンドリンの奏者は県立美術館のスタッフなそうだ。
4時過ぎにはグランド・ギャラリーの石の床が冷たくなってきた。早いものでクリスマスもあと7日。


大雪

自宅

ウメに雪の花

街灯に写るモサモサ雪

18日(月)展覧会の作品を搬出するころから小雪が降り出した。水彩画教室の忘年会は大雪になるジンクス通り5時ころからモサモサ激しくなった。先生を含め男性5名、女性4名の忘年会。お酒を飲むのは私ともう1人、あとの人は車なのでノンアルコールの飲み物、食事の内容がいいので十分満足できた。絵をかくときも、筆を動かしながら話題に花が咲く。今夜も酒もあまり飲まずに話が弾んだ。共通する趣味の仲間同士だからかもしれない。良い仲間と巡り合え長く絵を描き続けたいと思っている。

翌朝は20センチの大雪で、3回雪かきをした。幸い肘は痛まなかった。治療の効果が出てきたようだ。


冬晴れ

自宅

樋の鎖の氷

吐く息が白い通勤時間

自宅

冬晴れの空に昇る煙

ピンクの朝焼け

20日の朝焼けは雲をピンク色に染め、雪やツララにも映っていた。空高く2羽の白鳥が飛ぶのを見た。

今朝は雲一つない快晴で今冬最低気温の-8.1℃、青空に煙がまっすぐ昇り冷気を感じ,通勤する人の息が白かった。陽がだいぶ高くなっても樋の鎖の氷がとけなかった。冬晴れの日はなかなか気温が上がらない。


展覧会

展示会場

作詞・作曲 の楽譜

展示会場

自作の曲を弾き語り

展示会場

中の橋に近いギャラリー

まだ先ですが、中央公民館が新年度からリノベーションに入るため英語教室は別会場になります。
公民館が市民に呼びかけ今年最後の3回の教室を公開講座としました。お蔭で16名の受講者があり、新会員も入っていただき、運営の心配もなく継続できそうでホットしています。

この日は二人の絵の先生の展示会もありました。今、習っている先生は水彩の抽象画、5点ほど売約の赤いピンが付いていました。
初めて絵を描きだしたころ習った先生は,自作の曲をギターで弾き語り、曲もよいが声もよい。絵のほかにこんな才能もあったのかと驚きました。


ホワイト・クリスマス

近所

猛吹雪で歩くのも大変

自宅

陽射しは穏やかで

近所の道

車が混雑する近所の道

クリスマスイブは朝から霧雨が降って、雪は汚れホワイトクリスマスの雰囲気ではありませんが、クリスマスツリーやジングルベルでお店は華やいでいました。

25日は、悪天候で飛行機や新幹線のダイヤが乱れているようですが、穏やかな陽射しが、夕方になるにつれて猛吹雪、いつの間にかホワイトクリスマスになりました。


真冬日

真冬日から脱出

低い太陽

近所の道

ピラカンサとチャーチ

近所の道

新設の中学校

昨晩は風が強く心配したが、26日の朝はうっすらと雪が積もった程度で、一日中小雪が舞っていた。郵便局まで散歩がてら、中央高校の4月開学する中高一貫校の新校舎を見て、盛岡大付属高校の雪のピラカンサと教会を見た。6200歩雪道を早足で歩いたのであまり寒いとは思わなかったが、今冬初めての真冬日で最高気温が-1.3℃だったようだ。

27日は8時になっても薄暗い。電柱の街灯の高さに陽がボンヤリ見えた。冬至が過ぎたばかりで、寒さはこれからで昨日より寒い-2.7℃だった。
28日は青空が広がり、明るい日差しで、真冬日脱出。


大晦日

手巻き寿司でお年越

梅と松と月明り

二人で早速ソリ遊び

買った掃除機で掃除

30日は珍しいほどの穏やかな青空だった。先日買った一万円もしない掃除機はパワーもあって短時間に洗車が出来て良かった。

31日、横浜の孫家族が11時前に着いて、盛岡のイトコと早速ソリ遊びをした。夕焼けに染まった岩手山を近くの高台で見て、孫たちは大きな岩手山に感激し拝んだ。お月様は冬空に寒々と輝いていた。お年越しは孫のリクエストで手巻きずし。今年も大過なく終わり、来年も良い年でありますように願っています。