まだ梅雨

トマトもまもなく赤く熟す

キヌサヤは若いうちに収穫

ウメが熟すのもまもなく

雨に濡れて鮮やかなアジサイ

横浜では暑さに身体が慣れないのか、熱帯夜なのか寝苦しく、日中は毎日が猛暑日だった。

その後暑さは盛岡でも続いたが、4日は前夜の雨で気温も下がったが湿度が高くテニスで汗グッショリになった。
帰る頃また降り出し、生気を得たように再びツユクサが咲き、アジサイは一層色鮮やかになった。
関東は早々に梅雨が明けたが、これからが本格的な梅雨の季節で、梅の実ももがなければならないし、草木も伸びて手が掛かる。妻が丹精を込めた菜園の野菜も鈴なりになって採るのも、食べるのも大変だ。


初めての経験

解体工事と繁華街が垣間見られた

先生は鮎釣りの名人で鮎の水彩画

入院、手術の案内

個室にはシンクや冷蔵庫もあった

9日10時に病院に入った。予約していた個室はバルコニー付きで申し分ない。血圧、検温、視力検査と先生の診察があり、入院・手術の説明があった。5時に夕食、退屈なときのために沼田真佑の「影裏」等を持ってきたが読んでも長続きしない。ビルの解体工事の騒音だけで、繁華街の賑わいも街の灯りも見えない、ビルに囲まれた裏通りだ。人生初めての入院をどう過ごしたら良いか分からないまま、手術の不安もあり落ち着かない気持ちで何度もトイレに行って、ようやく12時頃に寝ついた。

10日の朝は霧雨だったが昼過ぎには晴れた。6:30の血圧は129で正常だった。10時以降は口にする物は水も禁止。注射、点眼、内服など何度もあった。昼食を抜いて1時頃手術室に入った。白内障の手術は部分麻酔で黒目の上を切開して濁った水晶体を超音波で砕いて吸引して、眼内レンズを入れて終わるまで20分ぐらいだった。そんなに痛くはないと言っても気持ちが悪い。手術前から始めた点滴は部屋へ戻って2時間位で終わった。
手術しない右目で6人の同士と相撲をみたが、土俵が凹レンズのように見え、夕食後も3人で「こんなところに日本人」のTVをぼやけて、ゆがむ目で、看護師さんに注意されて9時過ぎまで見た。やはり疲れていてすぐに寝れた。

11日、7時頃左の眼帯を取る。ウソみたいに明るくクリヤーによく見える。右目も手術したらどうなるかと期待いっぱい。

12日は同じように右目を手術をした。13日の朝右目の眼帯を外した。眼鏡なしで今までより少し遠くすると新聞が読める。ラテ欄はちょっと厳しかった。眼鏡をすれば缶コーヒーの一番小さな字もよく見える。TVは裸眼の方がハッキリと鮮明に美しいカラーで見えた。若い頃の目に近くなったようでうれしかった。「おらおらでひとりいぐもん」「百年泥」を読破して4泊5日の入院・手術は無事終わった。手術をしてほんとに良かったと心から思った。


まだあけない梅雨

ノウゼンカツラ

屋根をたたきつける激しい雨

大きな梅の実を収穫

今年のウメはゴルフボールより大きい52gの実もあった。昨年枝を思いっきり整理したのであまり期待しなかったが14.4キロも採れた。お礼肥、寒肥が効いたのかもしれない。

相変わらず暑い日が続くが、17日は大雨で、25℃を切った。術後の目には潤いの雨で、ノウゼンカツラも咲き出した。
今日は40℃を超える殺人的な暑さのところもあったようだ。大雨の災害の地域も心配だ。一方日増しに日没が早くなって7時頃には薄暗くなってきた。


梅雨明け

空にはうろこ雲

キキョウが咲いた

お堀に咲くアジサイ

20日はサングラス無しでは運転できないピーカンのジリジリ照りでした。術後の経過は良好と先生に言われ一安心して岩手公園を久しぶりに散歩。午前中からうだるような暑さの中、お堀のアジサイは涼しげな色合いで咲いていた。
土用の丑の日でうな丼を食べていると「梅雨明け」のニュース、さらにこの先一週間は30℃以上の暑さが続くようだ。

21日、庭にはキキョウが咲き、空のうろこ雲に秋の気配を感じた。