大型台風再来

赤い木の実と岩手山

ススキと紅葉したウルシ

吹き返しに揺れる秋明菊

台風一過、時折小雨

TVは一日中24号台風に注意を呼びかけていた。明け方激しい雨音がしたようだった。

1日の朝起きると青空だったが、時折日が陰り小雨が降り、吹き返しで秀明菊が激しく揺れ台風一過とは言い難かった。

ようやく3日に良い天気になり岩山に出かけたが、紅葉には早くウルシやオオカメノキが色づき始めた程度だった。

リニューアルされた展望台からの景色は空気が澄んで岩手山や木々が爽やかに、街が隅々まで良く見えた。


25号

午後には雲間から日差

黒雲から次第に青空へ

バレリーナの水玉

紅カナメの垣根の蜘蛛の巣の水玉

週末になると決まって台風が来る。先週末の台風の被害が復旧出来ないうちに25号、被災地にはほんとうに気の毒だ。

今回の台風は足早に日本海に抜けて温帯性低気圧になって、雨も風もさほどでもなく幸いだった。このところ秋の催しは中止が相次いでいるようだが、明日の『体育の日』は運動公園のイベントに参加したいと思う。


体育の日

賑わうフリーマーケット

いろいろのニュースポーツを体験

野田中学校の創作太鼓

マスコットキャラクター「未来」と「永遠」

こんな日は滅多に無いと思われるほど穏やかな体育の日だった。
運動公園は親子連れで賑わい陸上競技場では体力測定、サブグランドではニュースポーツの体験、舞台ではオリンピックマスコットキャラクターの「未来」と「永遠」がオリンピック音頭を踊り、被災地の野田中学校は復興の創作太鼓を披露した。
中央園路の両側にはフリーマーケットや食べ物の屋台が南入口から陸上競技場までびっしり並んで盛況だった。
孫はパパとビリヤードの初体験やニュースポーツで楽しい一日を過ごしたようです。


展覧会とマラソン大会

一年生男子のマラソンのスタート

啄木・賢治青春館の先生の展覧会

先生の奥さんと知人の展覧会

石井県令邸の洋館に這う蔦も所々色づいて美しい秋晴れの暖かい日、 12日は絵の先生の奥さんの展示会を見に出かけた。二人展で猫を描く喫茶店のマスターの作品はほっこりした暖かさがあった。真紀婦人の作品は何時ものユニークな建物をモチーフにした作品は語りかけるような優しさがあった。その道をまっすぐ中心部に向かうと啄木・賢治青春館の企画展で今まで見たことの無いような先生の大型の作品が展示がされ、先生の知らない一面を見たような、立派な先生に習っている身の引き締まる思いをした。

15日も良い天気で、孫の小学校のマラソン大会が運動公園であった。一年男子は3クラス、陸上競技場をスタートして、園路を走って、再び競技場がゴール。最終コーナーで全力を出して、タイムを記録した紙のメダルをバァバ、ママに見せててうれしそうだった。