師走

家路急ぐ

鮭遡上中

すでに日は暮れて

フルートとオカリナ発表会

師走に入って、フルートとオカリナの教室の発表会に行った。小6から高齢者までの演奏は変化があって楽しかったが、3時間はチョット長く、すでに街はドップリ日が暮れていた。

中の橋の袂には「鮭の遡上中!」を知らせる鮭のぼりがあった。師走というのに柳は青々と風に揺れ、川面は街の明かりでアオ、アカ色に流れ、家路を急ぐ人のシルエットがキゼワしく動いていた。 今年もあと30日、日のたつのは本当に早い。


治療

手持ち無沙汰の雪ベラ

中津川の雨の風情

ボーナスサンディーの町

ヒマラヤユキノシタ

腰のレントゲン、動脈硬化と骨密度の検査をした結果、神経痛と診断され、痛み止めの薬、湿布、磁気治療を続けるようにと言われた。「余計なことをしないで、静かにしているように」と言われ、良いような悪いような気分、お陰で数日の治療と薬で痛みは大分薄らいだ。

まだ雪かきをしなくて助かっているが、「散歩もだめ」と言われているので、普段は先生の言われるように静かに、花もない庭に何かを探して写真に収めている。日曜日はボーナスサンデーで混んでいるデパートでショッピングし久しぶりに気分転換をした。中津川河畔を少し散歩したが、雨の風情もまた良かった。治療は時間が掛るが、一日も早く直るように、せっせと病院通いをしている。


地球環境?

お母さん手作りのケーキ

カタツムリの冬眠

開場のニュースのないスキー場

降りそうで降らない今年の雪、このままではすまないと思うが、盛岡は20年度から小中学校の冬休みを10日減らし、夏休みを10日増やすそうです。子供達も温暖化を身をもって知ると思います。

玄関のヒバの下に2コのカタツムリを見つけ、冬眠することを知りました。来春まで無事過ごせるよう見守りたいと思います。

Xmasパーテーにお呼ばれされ、10ヶ月の孫がここ3週間で一人歩きが出来るようになり、部屋の中を楽しそうに歩き回っていてビックリしました。孫の時代まで地球環境が良くなることを願っています。


雪積もる

冬毛のグレーのリスが可愛い

軒のつらら

雪かきが大変

最低気温は予報より暖かく楽をしていたが、27日、雪が17p 降った。水っぽい重い雪だったが思ったより足の調子も良くなんとか片付け、年賀状を北局に出しに行った。最近は投函する車で近辺が渋滞することもなくなった。

翌日の最低気温は-3.9℃だったが軒につららが出来た。運動公園は園路を散歩する人がいたが、庭園は足跡だけで、リスの気配がした。モフモフしたグレーの冬毛のリスが餌に近寄る姿がなんとも可愛いかった。


年暮れる

粉雪が花

コインランドリーで靴洗い

晴れてつららが溶ける

ツララが見る間に溶けた快晴の29日、孫は近くのコインランドリーで、上履きやサッカーシューズなど手慣れたように洗濯機に入れ、乾燥していた。暮れは子供も忙しいようだ。

青空の31日、昨夜の小雪が梅の木に花を咲かせ、来る年は自然災害のないことを願い、静かに穏やかに暮れました。

来年もよろしくお願いいたします。