明けましておめでとうございます

妻のお給仕ですき焼き

サンタさんのプレゼントでゲーム

お年賀「Happy New Year!」

横浜の家族は孫の受験で欠席、長男家族は変りなく4人、次男家族は一人増の4人、10人の新年会は今までになくおせちがよく売れました。おせちの味が分かるようになったのかもしれません。
小2の孫はサンタさんのプレゼントのゲームに熱中していました。
横浜の孫から、受験が終わったら、すぐ遊びに行くよ!と年賀状が来ました。

昨夜用意していたすき焼は、翌日の昼、妻がお給仕して、みんなで美味しくいただきました。

青空の美しいお正月に、 「何となく、今年は良いことあるごとし。元日の朝、晴れて風なし」


大雪

鏡が大好きです

雪をこいで配達

緑道の雪片付け

車の運転も大変

松が開けると同時にドッカッと降った。降雪量は22p、積雪量は18p、気温が高くて降っては溶ける。
急いで車の雪を片付けて水彩画教室に出かけた。出席者一人で先生に2枚の作品をジックリ見てもらった。
昼食を急いで食べて「昭和歌謡講座」へ、表面はベトベト、下はアイスバーンを恐る恐る歩いて行った。今日は昭和38年のザ・ピーナツの「恋のバカンス」など6曲、講師のギターに合わせ歌い、その時代背景、歌手の人となりを聞く楽しい1.5時間。

11ヶ月の孫とママがいた。3連休にデズニーランドへ家族で出かけるので、大きなキャリーバックを借りに来たそうだ。歩行もしっかりし、何やらお話らしきものをする。来月は満1歳の誕生日ますます忙しくなる。


暖冬

羊の視線が気になる

クレソンの群れの小川

バァバァへおみやげ!

デズニーランドはビックサンダー・マウンテンが特に面白かった、妹はダッフィ−にビックリして泣いたと、お兄ちゃんは興奮気味に話してくれた。 天気にも恵まれスカイツリーも見た、初めての東京も楽しかったようだ。

今日も良く晴れて、岩手牧場に出かけた。春先のように牧草が雪の中から現れ、小川はクレソンの群れを這うようにサラサラ優しく流れていた。
農研センターに羊がいた。一斉に向く視線が恥ずかしかった。真っ白に見える雫石スキー場と秋田駒ヶ岳が一望できたが、スキーが出来るのか?チョット心配になった。

明日は大寒、この分では真冬日のない冬かもしれない。


暖冬U

マンサクの花

モクレンの花芽

木の枝のツララ

大寒の空

最低気温-1.3℃、大寒の日差しは暖かく、最高気温6.0℃、朝の雪は見る間に消えた。寒さはこれからで安心は出来ないが、心躍る気持だ。

今年はツララも出来ないが、運動公園の軒の木の枝に小さなツララが出来、モミジの根元の雪は丸く溶け、枝には淡い春色の芽吹が見られた。

森林公園も雪が少ない、踏み固められたカラ松の小道は滑りやすく、ユックリ気をつけて歩いた。白い銀色の花芽のモクレン、コブシは青空に大きく枝を伸ばし咲く春を待っているようだ。マンサクの森へ踏み込むのは危険なので下から眺めた、咲いているようだ、とすればこんな早い開花は初めてだ。

神経痛の足も、腰も痛みがなければ一応直ったと思っても良いと思う。3ヶ月も経ったのでそうであってほしい。


アラレと福寿草

雪の中の福寿草

アラレが降った

合格祈願へ

暖かい小雨

最低気温はプラスになり、朝から小雨が降り続き、ウメのつぼみも心なしか色が濃くなったように感じました。

30日、横浜の孫の中学校合格祈願のため天満宮に出かけました。普段の日ですが合格祈願の姿が多く見られました。啄木も愛したこの丘からの眺めは少し霞んでいるようでした。

1月最後のお昼近く、春の知らせでしょうか?アラレが激しく降り出し、ワイパーを強くしましたがほんのつかの間でした。
庭の日向に福寿草が芽を出していました。雪が少ない暖かい1月でしたが、このまま続くのでしょうか、嬉しいような心配な複雑な気持ちです。